中国の失業率は上昇、コロナ封鎖で消費は減少
2022年4月12日(火)、中国・上海のコロナによる封鎖中のほぼ空っぽの道路。中国は、国内最悪の流行の最中でも、ウイルスとの共存に反対する姿勢を崩していないが、その指導者は現在、コロナを手なずける苦しい戦いの中で、より容易な封じ込め戦略を追求している。Photogorapher: Qilai Shen/Bloomberg

中国の失業率は上昇、コロナ封鎖で消費は減少

中国の3月の個人消費は、コロナ対策の封鎖により数百万人が自宅に閉じこもり、失業率がパンデミック初期以来の高水準に上昇したことから急落した。

ブルームバーグ

中国の3月の個人消費は、コロナ対策の封鎖により数百万人が自宅に閉じこもり、失業率がパンデミック初期以来の高水準に上昇したことから急落した。

公式データでは、第1四半期の国内総生産(GDP)成長率は4.8%と、エコノミストの予測を上回るペースで加速したが、先月の活動データでは消費の低迷が顕著だった。

小売売上高は前年同期比3.5%減となり、2020年7月以来の減少で、エコノミストの予測よりも悪化した。工業生産高は5%増加し、予想の中央値4%を上回ったが、1-2月期の7.5%の拡大より鈍化した。投資の伸びは、1-2月期の12.2%から第1四半期は9.3%に緩やかになった。

成長率は加速|しかし、3月の中国小売売上高は減少
成長率は加速|しかし、3月の中国小売売上高は減少

このデータは、金融と貿易の中心地である人口2,500万人の上海が3月末に段階的な封鎖を開始したことで強化された封鎖が経済に与えたダメージの全容を把握していない可能性が高い。その後、蘇州や鄭州の一部など他の数カ所でも感染症対策として厳しい管理が行われ、iPhone組立メーカーのペガトロンなどのメーカーが生産停止を余儀なくされた。

前四半期比では、経済成長のペースが1.3%と鈍化し、成長の勢いが弱まっていることを示唆している。調査対象の失業率は3月に5.8%に上昇し、2020年5月以来の高水準となった。

ナットウエスト・グループの中国エコノミスト、Liu Peiqianは「雇用は政府の主要目標の1つなので、心配だ」と述べた。「雇用は生産から消費までの活動を支えるため、失業率の急上昇は長期的に経済に影響を与えるだろう」と述べた。

中国のベンチマークであるCSI300指数は、データ発表前に1.6%もあった損失を縮小し、日中の休憩時間には0.9%安で取引された。債券も下落し、10年物ソブリン債の先物は0.4%下落した。

ブルームバーグ・エコノミクスの見解

「第1四半期のGDPが成長率の上昇を示したことは忘れてください。中国経済は、パンデミックによって最初に成長が鈍化した2020年初頭以来、最悪の状態に陥っているのだ。3月の生産は急減速し、小売売上高は、上海を含む主要都市でのコロナの閉鎖による最初の被害を強調している。4月のデータでは、おそらくさらなる弱点が明らかになるだろう」— Chang Shu、Eric Zhu


国家統計局の傅玲輝報道官は18日、北京で記者団に対し、旧正月休みの間に上昇した失業率は通常3月に低下する、と語った。しかし、先月はコロナウイルス感染症の発生により雇用圧力が高まり、サービス業に大きな打撃を与え、一部の地域で工業生産が制限されたという。

マッコーリーグループの中国経済部長、ラリー・フーは「4.8%というヘッドラインの成長率は悪くないが、失業率などの指標は3月にかなり悪化した」と述べた。「4月にはさらに弱まる可能性があり、中国経済はまだ厳しい状況にある」と述べた。

工業生産と投資の相対的な強さは、より弱い結果を示す高頻度の数値や他のデータに対して積み重なるものではありません。第1四半期の鉄鋼生産量は前年同期比10.5%減、セメント生産量は同12.1%減となった。3月の自動車生産台数は前年同月比4.9%減。

ゼロコロナ政策

何百万人もの消費者が家に閉じこもり、トラック運転手の不足やその他の物流問題で配達の遅れが生じたため、消費は打撃を受けた。ケータリングの売上は3月に前年同月比16.4%減となったが、これは昨年からの比較でベースが高いこともあるが、消費者が消費できない、あるいは消費意欲がないことの表れでもある。

経済危機が収束する兆しが見えず、習近平国家主席が厳格なゼロコロナ政策をさらに強化するなか、中国は今年、経済成長率を約5.5%とする野心的な目標の達成に苦労するだろうと、エコノミストは指摘している。現在のコンセンサスは、今年のGDP成長率が5%に減速することであり、経済は地政学的緊張、世界的なインフレ圧力の高まり、外需の鈍化とも戦わなければならないことである。

「経済発展は大きな困難と挑戦に直面している」とフーは言う。それでも、通年の安定した成長を達成するための好条件が揃っており、中国はコビドによる経済への影響を徐々に軽減することができる、と同氏は述べた。

成長見通しの急速な悪化は、北京を油断させた。トップリーダーはこの1週間、経済成長について頻繁に警告を発し、経済を補強するために金融と財政の刺激策を強化すると公約した。金曜日に中央銀行は、ほとんどの銀行の預金準備率を25ベーシスポイント引き下げると発表したが、金利の引き下げや経済への流動性注入は控えた。

著名な企業家、外国人外交官、企業の代表者などから不満の声が上がる中、生産再開や物流の停滞を解消するための努力もここ数日で加速している。上海市は週末、市内での仕事を再開する計画を発表し、企業には従業員を工場所在地に留め、定期的にテストを行う、いわゆるクローズドループ管理設計で認可を申請するよう求めた。

エコノミストによれば、中国がどれだけ早くコロナの発生を抑制し、閉鎖的な措置を緩和できるかにかかっているという。

ING Greop NVのグレーターチャイナ担当チーフエコノミストのIris Pangは、「こうした財政・金融政策の支援は、ロックダウンによるGDP損失のギャップを埋めるには十分ではないと思われます」と述べています。「ロックダウンの期間に応じて、GDPの損失は指数関数的に増加する。

--Fran Wang、Tom Hancockの協力を得ている。

China Joblessness Climbs, Spending Drops on Covid Lockdowns. © 2022 Bloomberg L.P.