卒業生の子弟を優遇する米エリート大学の毀誉褒貶の制度
イェール大学では、2025年のクラスの14%がイェール大学の卒業生の子弟であった。Credit...Andrew Sullivan for The New York Times

卒業生の子弟を優遇する米エリート大学の毀誉褒貶の制度

イェール大学やハーバード大学のような大学では、レガシー志願者を優遇している。しかし、アファーマティブ・アクションが攻撃されている今、この伝統を守ることは難しくなるかもしれない。

ニューヨーク・タイムズ

2025年の新入生について、イェール大学は、48の州、68の国、1,221の高校から来た学生であることを自慢している。さらに、同大学は昨年、クラスの51%が有色人種の学生であると発表した。

しかし、イェール大学が新入生の多様性を推進する一方で、同大学は、白人で裕福でコネのある学生に有利な入試の伝統、つまり「レガシー・プリファレンス(卒業生の子どもの優遇)」に固執してきたのである。新入生のうち14%はイェール大学卒業生の子弟であり、他のエリート大学でも採用されている入試方法である。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン