ウクライナの逆襲:今後数週間が正念場

ウクライナの逆襲:今後数週間が正念場
2023年5月21日(日)、広島で開催された主要国首脳会議(G7)後に平和記念公園を訪れたウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領(左)と日本の岸田文雄首相(右)。Photographer: Eugene Hoshiko/AP Photo/Bloomberg
“The

ウクライナ軍が神に「神聖な復讐」の祝福を求める、血沸き肉躍る映像が流れた10日前、ウクライナの反攻はすでに始まっていた。ウクライナの軍隊は数週間にわたり、1,000kmの前線に沿って探査と形成作業を行い、弱点を探してロシア軍を混乱させてきた。現在、ウクライナは、東部と南部の一連の陣地で占領軍を攻撃し、この数ヶ月間見られなかった強度で敵の防御を試している。6月6日のカホフカ・ダムの破壊は、西側軍事情報筋が考えるように、本当にロシアの妨害工作であったとすれば、彼らがすでに圧力を感じていることを示す明確な証拠となるであろう。

今後、さらに多くの情報がもたらされるだろう。主力部隊はまだ戦闘に投入されていない。作戦は夏まで続くだろう。しかし、この数週間で起こることは、ウクライナだけでなく、欧州の安全保障秩序全体の未来を形作ることになる。決断のときが来た。

ウクライナに求められていることは、端的に言えば、ウラジーミル・プーチンやその子分、同胞、そして状況をつぶさに見守る世界に対して、ロシアは勝てないこと、この侵略は当初から誤った認識に基づいていたこと、ロシアはウクライナやその西側の支援者より長生きできないこと、ロシアがさらなる損失と屈辱を受ける前に諦めることがクレムリンの最善の選択であることを示すことである。

それは容易なことではなく、失敗のリスクは現実的である。しかし、ウクライナの驚くべき決意と、西側諸国の強力かつ予想外の一致した支援のおかげで、成功は可能である。そのためには、今、最も強力な外交的・軍事的支援と、今後何年にもわたってウクライナの側に立つという西側諸国の明確なコミットメントが必要だ。プーチンは、自分が選んだ方向性の愚かさについて、もはや自分自身や国民に嘘をつくことはできないはずである。

だからこそ、この瞬間が非常に重要なのだ。ロシア軍は、数カ月にわたる活動によって、大砲の弾を補充し、十分に布陣を固めている。最悪のケースを想像してみよう。ウクライナの反攻が頓挫し、兵力が分散しすぎて、あるいは控えめすぎて、インパクトを与えることができなかったとしたら...。

もしそうなれば、決定的な失敗となる。東部バフムト市を奪取するための数カ月にわたる戦いで、ロシア軍は惨憺たる成績を収めたが、それでもウクライナ軍に対して分がいいと考えられるようになるだろう。停戦すればロシアはウクライナの20%近くを所有することになり、ロシアの平和の約束は無価値になるにもかかわらず、ウクライナに戦いをやめて話し合いを始めるよう促す声は大きくなる。

これはプーチンにとって、かつて夢見たような完全勝利ではなく、ウクライナをロシア帝国に戻せなければ廃絶させるという、予備的な目的の成功になるであろう。このような成功は、北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)内では、反感を買うことになるだろう。米国では、分裂の激しい大統領選挙に向け、共和党の批判者がすでに無駄遣いだと主張している支援を削減する圧力が高まるだろう。欧州では、後進国たちはさらに後退するだろう。

しかし、戦闘はまた別の形で進むかもしれない。昨年9月にハリコフから撤退したように、侵略者側が折れて、包囲を恐れて母なるロシアに逃げ帰ることを想像してほしい。そうなれば、プーチンにとって重大な後退となる。10万人以上の死傷者を出し、数百億ドル相当の軍備を費やし、欧米との経済関係を破壊してきたのに、それがすべて無駄になる。ロシアは深く危険な不安定状態に陥るかもしれないが、西側諸国の多くは、彼の敗走する姿を見るのを喜ぶだろう。

最も可能性の高い結末は、その中間である。夏が過ぎると、ウクライナは主に2つの領域でロシアを押し返し、領土を獲得するが、本格的な崩壊を引き起こすことはないだろうと思われる。1つ目は、今のところ新たな動きが最も多いドンバス地方である。ウクライナの明確な目的のひとつは、ドンバスでロシアが獲得したものを逆転させることだ。もしプーチンが2014年の最初の侵攻以来保持してきた領土と昨年2月以降に獲得した領土さえも失い始めたら、彼や彼の将軍、ロシア国民にとって、彼が犯した失策は明らかだろう。

もうひとつの目的は、間違いなく南下することだろう。ウクライナは、ロシアとクリミアを結ぶ「陸の橋」を断ち切ることを目指すだろう。それができれば、すべてが変わる。クリミアは孤立し、補給や保護が難しくなる。ダムの崩壊により、すでに水の供給が脅かされている。大量のロシア軍を切り離し、捕虜にすることもできる。ウクライナはアゾフ海の海岸の一部を取り戻せるだろう。海岸に到達できなくても、クリミアに供給する東西の道路や鉄道を銃の射程に入れるほど前進すれば、重要な一歩となる。

しかし、プーチンが「後でまた侵略できる」と思っているうちは、ウクライナも欧州も安全とはいえない。だから、西側諸国は、そのコミットメントを何年も続けなければならないことを理解すべきだ。ロシアが脅威であり続ける一方で、ウクライナはどこに拠点を置こうとも、戦線を維持するための十分な兵器が必要である。

この戦争がいつかうまくいくと夢見ることの愚かさをロシアに示すためである。ウクライナを加盟国にするかどうかについては、NATOの加盟国でも意見が分かれており、いずれにせよ戦争が続いている間は加盟できない。したがって、意欲的な西側諸国は、過去の空虚な言葉とは異なり、信頼性のあるウクライナの安全保障を直ちに作り上げる必要がある。

ウクライナをプーチン対策に、そしてトランプ対策にする

明確な条約がなければ、それは難しいが、不可能ではない。例えば、米国は、イスラエルや台湾に自衛に必要な武器を提供することを義務付ける法的約束をしている。保証の対象は、兵器システム、弾薬、訓練、ウクライナの防衛産業強化のための支援などであるべきだ。署名する国が多ければ多いほど説得力が増し、ドナルド・トランプのようなウクライナに懐疑的な人物が当選した場合、覆すのは難しくなる。戦闘が終わった後、欧米の部隊がウクライナ国内に駐留する可能性もある。

ウクライナが恐れているのは、そしてプーチンが望んでいるのも、欧米が集中力を欠くことである。反攻に成功し、信頼できる安全保障を約束することだけが、プーチンの戦争が無駄であること、つまり成功することはなく、失敗するか、没落するしかないことをロシア人に気づかせることができる。■

From "Ukraine strikes back", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/leaders/2023/06/08/ukraine-strikes-back

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史