マスクの中国との結びつきがTwitterに頭痛の種をもたらす可能性
中国・青島で、著名な作家であるムロン・シュエクン(2011年10月14日)。シュエクンは2019年に投稿したツイートをめぐり、警察から数時間にわたって尋問を受けた。(Shiho Fukada/The New York Times)

マスクの中国との結びつきがTwitterに頭痛の種をもたらす可能性

Twitterは共産党国家を怒らせれば、マスクの中国での大規模な投資は危険にさらされるかもしれない。Twitterは中国国内ではプラットフォームを禁止されているが、北京の外交政策を世界中に広めるために広く使われており、しばしば嘘や誤解を招く情報を提供している。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Steven Lee Myers, Paul Mozur] サンフランシスコ - イーロン・マスクが2019年に上海にテスラ工場を開設したとき、中国政府は数十億ドル相当の安い土地、ローン、減税、補助金で彼を歓迎した。「本当に中国は未来だと思う」と、マスクは歓声を上げた。

それからのテスラの道は、2021年の同社の収益の4分の1が中国からもたらされるという有利なものだったが、問題がなかったわけではない。同社は昨年、製造上の欠陥をめぐって中国で消費者と規制当局の反乱に直面した。

Twitterを買収することになったことで、マスクと中国との関係はさらに険悪なものになろうとしている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン