米国、中国抑止のため台湾防衛の再構築を加速
ジョー・バイデン大統領(左から2人目)と、左からオーストラリアのアンソニー・アルバネーゼ首相、インドのナレンドラ・モディ首相、日本の岸田文雄首相。2022年5月24日、火曜日、東京にて。(Doug Mills/The New York Times)

米国、中国抑止のため台湾防衛の再構築を加速

米国は台湾と協力して、世界最大の軍隊を持つ中国の海からの侵攻を撃退できるような強力な軍隊を作ろうとしている。そして、自国と同盟国の軍隊の存在を抑止力としてますます利用するようになっている。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Edward Wong, Eric Schmitt]ワシントン - バイデン政権は、中国軍による潜在的な攻撃を抑止しようと、この地域における米軍の存在感をより強固なものにしようと、台湾の防衛システムを再構築する取り組みを加速させていると、現・元米国政府関係者は述べている。

ロシアのウクライナ戦争は、米国と台湾の当局者に、独裁者がいつでも近隣の領土への侵攻を命じられることを痛感させた。しかし、小さな軍隊が一見強敵に見える相手に対していかに持ちこたえることができるかも示している。

米国は、ウクライナから学んだ教訓を生かして、台湾と協力して、世界最大の軍隊を持つ中国の海からの侵攻を撃退できるような強力な軍隊を作ろうとしている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン