金利の嵐に最も左右されるのはどの住宅市場か?
2022年3月31日(木)、米カリフォルニア州アンティオクの住宅開発地「シエロ アット サンドクリーク バイ センチュリーコミュニティーズ」で建設中の住宅の現場にある材木。Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

金利の嵐に最も左右されるのはどの住宅市場か?

多くのエコノミストは、2008年のような世界的な不動産暴落はあり得ないと考えている。金融危機以来、家計は強化され、融資基準も厳しくなっている。ただ、住宅ローン返済額上昇の痛手が大きい地域とそうでない地域がある。

エコノミスト(英国)

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン