中国の若手超富裕層らがシンガポールの最高級住宅を買う
ハイディラオの共同創業者、ショーン・シー氏。Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

中国の若手超富裕層らがシンガポールの最高級住宅を買う

シンガポールの最高級住宅の価格が記録的に高騰する中、中国生まれのレストラン王による最新の購入は、世界の超富裕層の購入者の間でいかに強い需要が残っているかを浮き彫りにしている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- シンガポールの最高級住宅の価格が記録的に高騰する中、中国生まれのレストラン王による最新の購入は、世界の超富裕層の購入者の間でいかに強い需要が残っているかを浮き彫りにしている。

中国最大の火鍋チェーン、ハイディラオ・インターナショナル・ホールディング・リミテッド(海底撈国際控股有限公司)の共同設立者4人のうちの1人、ショーン・シー氏は、9月に植物園近くの一等地にあるいわゆる良質のバンガローに5,000万シンガポールドル(約50.6億円)を支払ったと地元メディアのストレーツタイムズが報じている。このような高級住宅を共同設立者の1人(少なくとも3人は現在シンガポール国籍)またはその家族が購入するのは、少なくとも3件目だ。

テクノロジーと暗号通貨ブームで若い買い手が現れた後、島には2,500件しかないトロフィーハウスに、いかに富裕層がまだ関心を持っているかを示している。

「土地の少ないシンガポールでは、最も価値のある資産の1つは土地だ」と、仲介会社サヴィルズ・シンガポールの住宅サービス担当エグゼクティブディレクター、ジャクリーン・ウォン氏は言う。外国人や永住権保持者がバンガローを所有することを制限する規制も、「自然な需要」を生み出しているという。

ハイディラオの広報担当者は、バンガローやその価格について、個人的な問題であるとし、コメントしなかった。

良質なバンガローとは、植民地時代に遡ることができる邸宅や別荘のことである。敷地面積は少なくとも1万5,000平方フィート(1,400平方メートル)で、高級住宅地の緑豊かな敷地に建っている。敷地面積の35%以下でなければならない。バンガローといっても、地上2階建てまである。

購入者はシンガポール人でなければならないが、外国人が自ら市民権を得たり、シンガポール人の配偶者を介して購入することも可能だ。掃除機の億万長者ジェームズ・ダイソンやアリババグループホールディングの共同設立者ジェームズ・シェンなどがオーナーとして名を連ねている。

中国生まれの億万長者もシンガポールに移住し、市民権を得ている。Bloomberg Billionaires Indexによると、医療機器メーカーンセン・マインドレー・バイオメディカル・エレクトロニクス(深圳迈瑞生物医療電子)の創設者である李西廷氏は、153億ドルの資産を持つシンガポールで最も裕福な人物である。ゲームと電子商取引大手のシーの会長兼CEOであるフォレスト・リー氏は、昨年、一時的に富豪ランキングのトップに立ったことがある。

シンガポールで最も高価で格式の高い通り、ナッシム・ロード沿いにあるグッドクラスのバンガロー3棟が、過去最高の希望価格で売りに出されていると、地元メディアのビジネスタイムズが9月に報じた。都市国家の住宅価格は第3四半期も上昇を続け、家賃も急騰している。

不動産アドバイザリーのナイトフランク・シンガポールのプライベートオフィス代表のニコラス・キョン氏によると、良いクラスのバンガローの購入を制限されている外国人富裕層は、割高でも借りたいと考えているとのことだ。ナイト・フランクは、植物園の近くにある2軒の家の月々の家賃が15万シンガポールドルと12万8,000シンガポールドルであると、市の都市再開発局のデータを引用して述べている。

シー氏と妻のヘイリー・リー氏は、チャン・ヨン氏と妻のシュウ・ピン氏とともにハイディラオの共同設立者である。国営トラクター工場で溶接工をしていたチャン氏は、1994年に中国南西部の四川省にテーブル4つだけの第1号店をオープンさせた。現在、ハイディラオは中国国内に1,300店舗以上、シンガポール、韓国、米国など125カ国で展開している。

同社の会長であるチャン氏は、2016年に2,700万シンガポールドルで良質のバンガローを購入した。地元メディアの報道によると、彼の息子は2020年に4,200万シンガポールドルで隣を買収した。

ハイディラオの創業者兼会長のチャン・ヨン氏。フォトグラファー。Anthony Kwan/Bloomberg

北京を拠点とするこのレストランチェーンは、肉、魚介類、野菜、麺類を入れた煮汁を提供する。行列のできる店として知られ、マニキュアや靴磨きの無料サービスも行っている。

中国のコロナ・ロックダウンはハイディラオに打撃を与え、上半期に損失を計上し、店舗数を162店減らした。チャン氏は3月にCEOを退任した。Bloomberg Billionaires Indexによると、創業者4人の合計資産は1月以降、40億ドル縮小して93億ドルになった。

テックと暗号資産の起業家たちは近年、良質のバンガローを購入していた。6月に破綻した暗号通貨ヘッジファンド、スリー・アローズ・キャピタルのCEO兼共同創業者のスー・ツー氏は、少なくとも2棟を購入したが、その後、売却を試みている。Zhu氏は以前、これらをすべて取得し、公園や農地にしようと考えているとツイートしていた。

Savills Singaporeのウォン氏は、「良質なバンガローは通常、家族内で購入され、維持される」と述べた。「インフレに対する良いヘッジになる」。

Venus Feng. The $12 Billion Hotpot Fortune Cooked Up by a Chinese Foursome.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ