デジタル化の波が企業再編を引き起こす

エコノミスト(英国)
“The

テクノロジーとビジネスは、切っても切れない関係にある。起業家は技術の進歩を利用し、スキルと運を駆使して、それを収益性の高い製品に仕上げる。そして、テクノロジーは企業のあり方を変えていく。電気は、中央の蒸気源に依存する必要がなくなったため、より大規模で効率的な工場の設立を可能にし、電子メールはほとんどの手紙を不要にした。 しかし、新しいテクノロジーは、より繊細で深遠な方法でビジネスにも影響を及ぼす。それは、企業がどのように物事を行うかだけでなく、何を行うか、そして重要なことに、何を行わないかということも変えてしまう。

産業革命は、企業が原材料は入手するが、製造は自営業の職人に委託し、職人は自宅で仕事をし、生産量に応じて報酬を得るという「出稼ぎシステム」を終わらせた。工場は、直接雇用され、時間給で働く労働者と職場との結びつきを強めた。電信、電話、そして前世紀にはコンテナ輸送と優れた情報技術(IT)によって、多国籍企業はより多くの仕事をより多くの場所に下請けに出すことができるようになった。中国は世界の工場となり、インドはそのバックオフィスとなった。パンデミック発生から3年近くが経過し、テクノロジーが再び企業の境界線を大きく引き直しつつあることは明らかだ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン