中国テック企業は勢いを二度と取り戻せないか

中国テック企業は勢いを二度と取り戻せないか

かつては1兆ドルの規模を誇った中国のインターネット産業が、今や恐怖とパラノイアに覆われている。たとえ北京が譲歩したとしても、この業界はかつての面影を失ってしまうだろう。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ニューヨークや香港の取引所では、中国のテクノロジー企業に対する明るいムードが漂っているのは紛れもない事実だ。アリババやテンセント・ホールディングスのような銘柄が数年来の安値から急騰し、新たな強気市場の到来を告げる声が大きくなっているのだ。

しかし、中国のハイテク産業に深く関わる経営者、起業家、ベンチャーキャピタルの投資家に話を聞くと、もっと厳しい見方が浮かび上がってくる。十数人の業界関係者へのインタビューによると、共産党による大手ハイテク企業への弾圧が緩和されつつあるとはいえ、見通しはまだバラ色にはほど遠い。

これらの関係者は、パラノイアと麻痺が続いていること、そして過去20年間の高成長がもう戻ってこない可能性が高いという不安な現実を語っている。

アリババとテンセントは2022年に一桁台の売上成長率を達成すると予想されており、数年にわたる急成長の後に失望している。ある著名な新興企業の創業者は、注目を集めるという理由で、これらの企業からの資金を見送ると述べている。また、別の起業家は、当局が再び取り締まりを倍増させるのは時間の問題だという前提で、物事を進めていると述べている。

北京に住む3人目の起業家は、最近、テクノロジーユニコーンの株式を売却し、政府が何を許可するのかがもっと明確になるまで、新しいベンチャー企業を立ち上げるのを躊躇していると述べた。

「中国のハイテク企業の取り締まりは終わった。そこから立ち直ることはできない」と起業家は、報復を恐れて匿名を希望している。「中国のハイテク企業に対する規制圧力は、低迷する経済を考えると、今のところブレーキを踏んでいるのかもしれないが、国内の規制当局がプラットフォーム企業に対する支配力を再び緩めることは考えられない」

新しいパラダイム|中国の大企業は厳しい監視の目にさらされている

一見すると、中国の1兆ドル規模のインターネット産業は、ようやく残酷な清算から脱しつつあるように見える。経営難に陥っているジャック・マーのアントグループは、長らく頓挫していた新規株式公開(IPO)を復活させる構えだ。最近、多数の新しいビデオゲームがアプリストアの認可を受けた。そして、データセキュリティの徹底的な調査の結果、北京は配車企業のディディグローバル(滴滴出行)の処分を単なる罰金で済ませるかもしれない。

ここ数週間の電話会議では、経営トップが再び製品作りと利益提供に集中できる新時代を宣言している。例えば、オンライン教育を運営するコーラーン・テクノロジー・ホールディング(新東方在線科技控股有限公司)は、昨年夏、政府が営利目的の家庭教師会社を禁止したため、ほぼ全滅に近い状態に陥った。Eコマースへの参入がソーシャルメディアで話題になった後、同社の株価は6月13日の1日で2倍に上昇した。

アリババは3月の香港での安値から60%上昇したが、株価はまだ2020年のピーク時の評価額の半分程度で取引されており、投資家はまだ取り締まり前の好景気に戻るとは考えていないことを示している。米国株で構成されるナスダック・ゴールデン・ドラゴン・チャイナ・インデックスは今年の安値から52%上昇したが、ピーク時からは約60%も低い水準にとどまっている。

電子商取引大手JD.comの小売担当チーフ、シン・リージュンはブルームバーグ・テレビに対し、北京は「徐々に政策のシグナルを出し始めている」と述べた。しかし、「『手綱を握らずに馬に乗る』という過去の日々に戻る可能性はあまり高くない」。

電子商取引大手JD.comの小売担当チーフ、シン・リージュン。Gilles Sabrie/Bloomberg

それでも、新興企業のトップは投資家が安心しすぎないよう注意している。規制当局が2020年にアントのIPO計画を破棄し、世界の資本市場に衝撃を与えた後、その温度差は紛れもないものだった。新興企業は大口投資家からの資金を敬遠するようになった。業界のリーダーたちは、権力を強化することに神経を尖らせるようになった。ジャック・マーのような億万長者は身を隠すようになった。

北京には、重要なイベントの前に締め付けるという長い伝統がある。今年の党大会は、習近平国家主席が前人未到の3期目を勝ち取ることが予想される、まさに重要な大会である。コロナウイルス対策と世界的な高インフレで荒廃した経済を救うために、政府は一時的に手綱を緩めているだけではないか、と心配する人もいる。

厦門に拠点を置く人工知能教育の新興企業、Keeko Robot Technologyの創設者であるグォ・チャンチェンは、「私は、規制緩和の兆しが見え始めているように感じている。規制があり、その規制が明確である限り、我々はこのシステムの中で開発に取り組むことができる」と語った。

2021年に導入された迷路のような政府規制が彼らの生活を困難にしていると創業者たちは言う。この規制は、プラットフォーム経済からソーシャルメディア上で許されるエンターテイメントの種類に至るまで、あらゆることを規定するものだ。業界のほぼすべての側面に対する監視が、冷え込みにつながった。締め付けの間に消えた米国資金は、戻る気配がない。JPモルガンは、ウォール街の金融機関の中で、一時期、中国を「投資対象外」と呼んでいた。

案件不足|中国の新興企業への投資は過去1年で激減している

今年の株高はさておき、かつてシリコンバレーの主要なライバルとしてもてはやされたにもかかわらず、中国は依然としてベンチャーキャピタル投資の減少に見舞われている。調査会社Preqinのデータによると、2022年1~5月の同国での取引額は前年比約40%減の340億ドルだった。一方、ベンチャーキャピタルとプライベートエクイティファンドの資金調達額は62億ドルで、昨年の1~5月と比べると90%以上減少した。

中国の規制緩和の恩恵を受けているように見える企業も、厳しい状況に直面している。規制当局が4月から新しいゲームをリリースすることを許可したものの、この問題に詳しい人物によれば、同社はゲーム開発および出版部門を棚上げし、スタッフを縮小している。つまり、予定されていたゲームの1つ『進撃の巨人』は発売されない可能性が高いということだ。

ブルームバーグ・ニュースがレジストリ・トラッカー「Qichacha」で公開されている企業記録を分析したところ、4月以降に新たにライセンスを取得したゲーム会社105社のうち、少なくとも11社がもはや通常営業していないことが判明した。いくつかのスタジオは会社を解散した。また、ウェブサイトを閉鎖したり、求人・賃貸情報などに再利用しているところもある。

中国の規制当局は、昨年8月、未成年者のプレイ時間を週3時間に制限する規則を発表した。Andrea Verdelli/Getty Images

クリエイティブな選択肢はまだ厳しく取り締まられている。2月には、上海の企業であるLilith Gamesが、アニメ風のグラフィックでは規制当局を通過できないだろうと判断し、新しいモバイルゲームをキャンセルしたと、この問題に詳しい関係者は述べている。中国の検閲当局は、日本のアニメで人気のある、より性的で露骨な図像など、淫らなイメージとみなされるものに対して寛容ではない。

上海のコンサルタント会社Gamehunterのヘッドハンターであるジェシー・サンは、「ライセンスの中断は、ゲーム開発者全体のレイオフや合理化の引き金となった」と述べている。「多くの中小スタジオが行き詰まりを感じている」。

最良のシナリオであっても、かつて躍進した中国のハイテク企業は現在、実質的に一桁台の成長率を達成しているに過ぎない。多くの企業は、規制が強化される中、新事業の立ち上げを躊躇している。

アントが史上最大のIPOを再び実現することはないだろう。ディディは海外展開を縮小している。テンセントとアリババは、ソーシャルメディアやオンラインコマースのような安全で馴染みのある分野に注力し、フィンテックのようなまだ破壊されていない分野では徐々にリードを譲っていくだろう。

ある農業新興企業の創業者は、最近、投資家に自分の資金が「無秩序な資本拡大」に当たるかどうか尋ねたという。習氏は、その範囲を明確にすることなく、この言葉を使って、なぜハイテク企業の巨人に対する規制監視が必要なのかを説明している。

「その投資家は答えられなかった」と創業者は振り返る。「実際、誰もその答えを知らないんだ」。

-- 取材協力:John Liu, Sabrina Mao.

Coco Liu, Zheping Huang, Sarah Zheng. China’s Tech Giants Lost Their Swagger and May Never Get It Back.

© 2022 Bloomberg L.P.