孫正義の永遠の楽観主義 - ティム・カルパン
ソフトバンクグループの孫正義氏。Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg.

孫正義の永遠の楽観主義 - ティム・カルパン

ソフトバンクグループの創業者、孫正義は、株価の低迷や合併の失敗など、この1年でコングロマリットが直面したほとんどすべての問題に、明るい兆しを見出している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- ソフトバンクグループ創業者の孫正義が少し落ち込んでいるのには、600億ドル(約8.1兆円)の理由がある。同社は過去20年間のどの12カ月よりも、この1年間で市場価値を落とし、非公開および公開企業のポートフォリオは継続的な混乱に直面している。しかし、孫は常に楽観的だ。

「間違いない。どんな変化が起ころうとも、私は一度も疑ったことはない」と、孫は金曜日に株主に対して語り、自身の投資戦略の基本的なテーゼである情報革命に対する信念を語った。

株価の下落から合併の失敗まで、64歳の彼は過去1年間、彼のコングロマリットが直面したほとんどすべての問題に対して上昇要因を見いだした。そして、その必要がある。ソフトバンク・ビジョン・ファンドを筆頭とする彼の数多くの投資団体は、470社以上に出資している。その中でホームランを打った企業はほとんどないが、もしかしたらそのうち打てるようになるかもしれない。

凋落|世界的な株式市場の下落と非上場企業の評価低下で苦境に立たされるソフトバンクグループ

孫の信奉者たちは、日本の億万長者が情報革命(データを商業の中心に据える世界経済の転換)を永遠に信じており、いずれはそれが実を結ぶと考えている。孫は、さまざまなビジネスに資金を投入することで、潮の満ち引きがすべての船を持ち上げることに賭けているのだ。しかし、課題は、潮流が彼に有利になるよう、同社が十分に長く浮き足立つことだ。

3,000億ドル近い負債と円安を抱えながら、孫はいずれ訪れると確信している利益を実現するために、数年間は安定した生活を送る必要がある。

この負債を返済する上で大きな障害となったのが、ソフトバンクGが400億ドルでチップ企業のアームをエヌビディアに売却しようとした際の失敗である。世界中の規制当局が、あまりにも強力なビジネスとなることを懸念し、合併を拒否したのだ。しかし、孫はその失敗を肯定的に捉え、英国企業を長く保有できるのは良いことだと主張さえしている。

現在の市場環境におけるIPOの需要はまだわからないが、孫は、公募を希望する複数の取引所から「ラブコール」を受けていると述べ、ロンドンで株式の一部を上場する予定だと報じられた。すでにアームに強気な孫は、英国のチップ設計者がGoogle、Amazon、Facebook、Appleの「GAFA」カルテットに匹敵する価値、つまりエヌビディアへの売却額よりも一桁多い価値になる可能性があるという予測を説明した。

それは典型的な孫の言い過ぎかもしれないが、彼が窮地をどうにか切り抜けることへの懐疑心を掻き立てる理由がある。「銀行に100ドル借りたらあなたの問題だが、3,000億ドル借りたら銀行の問題だ」という格言の典型的な例である。日本ではお金はまだ基本的にタダであり、中央銀行が世界と同じように金利を上げる気配はない。このシナリオでは、ソフトバンクGは日本にとって最も問題の少ない存在になるだろう。そして、今のところ、銀行はソフトバンクGが資産を売却する前に、その負債を借り換えできるように列をなしている。それでも、ソフトバンクGの膨大なポートフォリオの中で、アリババ・グループ・ホールディング・リミテッドのような大当たりは3社もないだろうと孫は予想している。

株主総会では、孫の自信過剰ぶりがうかがえる場面もあった。質問する投資家の中には、孫が100歳まで会社のトップに留まり、「全人類の希望の光」となるよう促す人もいて、まるでチアリーダーのようであった。孫が役員会でもっと批判的な声を聞くようになることを期待しよう。少なくとも、長年の部下でありソフトバンクの携帯キャリア部門の会長である宮内謙は、金曜日に会社の株価について「疑問でいっぱい」な時期があったことを認めた。

警戒している投資家に対して、孫は次のようなメッセージを発している。スリルに耐えられないなら、降りてもいい。

「10年、20年という単位で見ると、株価は常に上昇しているが、短期的には上がったり下がったりしている。それを我慢できないのなら、やめた方が身のためだ」

気の弱い人にソフトバンクGへの投資を勧めるのは難しいだろう。しかし、ソフトバンクGらしい大げさなビデオが約束するように、「絶望は希望に変わることがある」のである。このメッセージは、気弱な投資家向けではなかったが、それでも慰めになるのかもしれない。たとえ誰もそう思わなくても、孫はまだ信じている。

Tim Culpan, Gearoid Reidy. The Eternal Optimism of Masayoshi Son: Tim Culpan.

© 2022 Bloomberg L.P.