クリプトを破壊しかねないステーブルコイン:テザー
暗号通貨が急落する中、潜在的な脆弱性であるテザーと呼ばれるいわゆるステーブルコインへの市場の依存に注目が集まっている。(Shira Inbar/The New York Times)

クリプトを破壊しかねないステーブルコイン:テザー

暗号通貨が急落する中、潜在的な脆弱性として注目されているのが、テザーと呼ばれるいわゆるステーブルコインへの依存だ。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:David Yaffe-Bellany]サンフランシスコ - クリプト(暗号通貨)の価格が急落している。いわゆるステイブルコインが数日でその価値をすべて失った。新奇な暗号銀行が引き出しを停止した。そして投資家は財政破綻に陥っている。

今、クリプト業界はさらに深刻な事態に直面している。最悪の事態はまだ続くかもしれない。

クリプト市場に潜在するもう一つの脆弱性について懸念が高まっている。Tether(テザー)は、その名を冠した通貨が世界中の暗号取引の要となっている。長い間、業界で最も精査された企業の1つだったテザーは、規制当局、投資家、経済学者、さらに大きな暴落につながる別のドミノ倒しになりかねないと主張する懐疑派の軍団からの強い圧力にさらされている。

アメリカン大学の金融専門家、ヒラリー・アレンは「テザーは暗号エコシステムの生命線だ」と語った。「もしそれが崩壊したら、全体のファサードが倒れる」

テザーは、米ドルのような安定した資産に固定された暗号通貨の一種であるステーブルコインの発行元として支配的な存在だ。貨幣価値が大きく変動するビットコインやイーサなどの従来の暗号通貨とは異なり、ステーブルコインは通常、1ドルの価格を一定に保つように設計されており、大量の資金準備やその他の金融工学によって裏付けられている。その一貫性により、暗号通貨トレーダーは銀行や他の金融ゲートキーパーに頼ることなく、安全で予測可能な取引を行うことができるのだ。

しかし、これらのコインの多くは、名ばかりで安定している。先月、暗号通貨が溶けたとき、暴落の一因となったのは、1ドルのペグを持つステーブルコインで、Luna(ルナ)という姉妹暗号通貨にアルゴリズムでリンクしていたTerraUSD(テラ)の失敗だった。ルナの価格が急落すると、TerraUSDも下落し、より広い市場を揺るがす「死のスパイラル」が発生した。

これに対し、テザーは、自社のステーブルコインは現金やその他の伝統的な資産に裏打ちされており、その準備金は暗号市場の健全性にとって不可欠なものだと主張している。理論的には、テザーを米ドルに交換したい人は誰でも、迅速かつ容易に交換することができる。

しかし、同社の財務諸表によると、準備金のかなりの部分がコマーシャル・ペーパーと呼ばれる無担保社債に縛られていることがわかる。このような金融商品はリスクが高く、特に金融の混乱期にはすぐに現金に換えることが困難である。2021年、ニューヨークの司法長官はテザーに1,850万ドルの罰金を科し、同社が準備金について嘘をついたと述べ、「安定性のないステーブルコイン」と呼んだ。

批評家たちは、テザーは本質的に規制の緩い銀行のような役割を果たしていると言う。トレーダーは数百万ドルを渡し、その見返りとして数百万枚のステーブルコインを受け取り、それを使ってビットコインやドッジコインなど、より不安定な暗号通貨に賭けるのである。テザーは現在、700億枚のコインを流通させており、暴落前のTerraUSDの3倍以上の規模になっている。

最悪の場合、暗号通貨は銀行倒産に匹敵するほどの落ち込みを見せる可能性があると、評論家は指摘する。トレーダーたちはこぞってテザーをドルに交換しようとするが、テザーがその注文に応じられないことが発覚する可能性がある。投資家は数十億ドルを失い、他の暗号保有物の売却を余儀なくされ、非暗号化市場にまで波及する壊滅的なパニックを引き起こす可能性がある。

テザーは先月、そのシナリオを体験した。暗号通貨が急落する中、テザーにドルへの交換を求める投資家が殺到し、同社は1週間半の間に準備金の約8分の1、100億ドルを支払わなければならなくなったのだ。暗号通貨取引所では、テザーは一時、1ドルのペッグから揺らいだ。

最終的に、同社は需要に応えたという。テザーは、この危機を「完璧に」乗り切ったと宣言し、勝利の階段を駆け上がった。

今月、アムステルダムで撮影されたテザー社の最高技術責任者、パオロ・アルドイノ氏。「我々はふざけているわけではなく、リスク管理を極めて真剣に受け止めている」と彼は言った。Jussi Puikkonen for The New York Times

同社の最高技術責任者(CTO)、パオロ・アルドイノはインタビューで、暴落は「テザーに起こりうる最高の話だった」と述べた。「我々はふざけているわけではなく、リスク管理を極めて真剣に取り組んでいる」

そして日曜日、暗号銀行セルシウス・ネットワークが引き出しを停止すると発表し、デジタル通貨価格が再び暴落することになった。ブルームバーグニュースによると、テザーは2020年にセルシウスに投資し、約10億ドルのテザーを貸し出していたが、同社は今週、少額の投資を除けば、現在セルシウスへのエクスポージャーは「ゼロ」であると述べた。それでも、市場が動揺する中、投資家はテザーから約16億ドルを引き揚げた。

より多くの懐疑論者が発言している。先月、米国の銀行幹部は、TerraUSDの暴落によって規制の緩いステーブルコインのリスクが浮き彫りになったとし、テザーとその競合他社を管理する新たなルールを設けるよう求めた。一部のトレーダーは、次の暴落でテザーが十分な準備金を持っているかどうかが試されるのではないかという懸念から、現在、資金を代替のステーブルコインに回している。

暗号通貨を研究するラトガース大学の経済学教授、ブルース・ミズラックは「今回の暴落を切り抜けるだけの担保はあったが、次の暴落を切り抜けるだけの担保があるとは限らない」と指摘する。

暗号通貨のしばしば超現実的な基準からしても、テザーは特異な歴史を持っている。同社は2014年、子役時代に映画『飛べないアヒル』に出演した暗号通貨の伝道師、ブロック・ピアースによって設立された。彼とパートナーのリーブ・コリンズはその後、会社の経営権をジャンカルロ・デヴァシーニという元整形外科医に譲り、彼はテザーの資産の一部を、アニメ『ガジェット警部』の作者の1人が経営するバハマ諸島の銀行に保管している。

テザーはこれまで、自社のステーブルコインは米ドルで完全に裏付けられていると主張してきた時期もあった。しかし昨年、ニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズは、そうした主張を"嘘"と呼んだ。

その数年前、テザーと提携していた暗号通貨取引所が、取引に失敗して8億5,000万ドルを失ったことがあった。ジェームズの調査によると、その損失を補填するために、取引所であるビットフィネックスはテザーの準備金から融資を受け、ステーブルコインの一部を裏付けないまま放置していたという。

テザーはニューヨーク州検事総長と和解し、不正行為を認めずに1,850万ドルの罰金を支払った。テザーの広報担当者は、同社の準備金の問題は「コミュニケーションの失敗」に尽きると述べた。

10月、商品先物取引委員会(CFTC)は、2016年から2018年の26カ月間の「サンプル期間」において、テザーが口座に十分な準備金を保有していたのは、その4分の1に過ぎなかったことを明らかにした。同社は同委員会に4,100万ドルの罰金を支払った。

ニューヨークでの和解以来、テザーは埋蔵金の構成を開示する声明を定期的に発表している。しかし、その発表は懐疑的な見方を鎮めるにはほとんど役に立っていない。

先月、テザーは準備金の約4分の1にあたる200億ドルをコマーシャルペーパーで構成していることを明らかにしたが、これは2月から40億ドル減少している。同時に、コマーシャルペーパーに投資する可能性のあるマネー・マーケット・ファンド(MMF)へのエクスポージャーを30億ドルから約70億ドルに増加させた。また、テザーは準備金のうち50億ドルをデジタル通貨を含む「その他の投資」に縛り付けていることを明らかにした。批評家たちは、この報告書は実質的に水物であり、多くの投資家が期待するような安定性がまだ欠けていると主張した。

(テザーの広報担当者は、同社のコマーシャルペーパー・ポートフォリオは「損失が発生することなく徐々にゼロになる」と述べている)。

テザーは依然として、圧倒的に人気の高いステーブルコインだ。しかし、過去1カ月間でテザーの流通枚数は7%以上減少している。現金と米国債で完全な裏付けがあるとされるステーブルコイン、USDCの流通量はおよそ4%増加している。

「テザーについては、USDCほど自信があるとは言えない」と、同じくステーブルコインのプロジェクトであるFraxを運営するサム・カゼミアンは述べた。

テザーに対する懸念はワシントンにも広がっている。ジャネット・イエレン財務長官は先月、議会で証言した際、テザーが1ドルペッグから揺らいでいることを指摘し、ステーブルコインの規制を強化するよう呼びかけた。

ステーブルしたコインの成長は、「何世紀も前から銀行の経営破綻に関連して知られているのと同じ種類のリスク」を提示すると彼女は言った。

アルドイノは、テザーは規制当局と協力して、ステーブルコインの発行者がその準備金について行わなければならない開示を管理するグローバルな枠組みを考案することを熱望していると述べた。しかし、テザーは、伝統的な銀行のような規制要件の対象となるような、より積極的な提案に抵抗してきた。

ピアースとともにテザーを設立し、現在はBLOCKvというクリプトベンチャーを経営するコリンズは、「誰もがパニックに陥っている。それは悲劇だが、誰かが『カジノに行って貯金を失った』と言うのも同じように悲劇だ。しかし、だからといってカジノを規制して廃れさせようということにはならない」

Original Article: The Coin That Could Wreck Crypto.

© 2022 The New York Times Company.