この10年で最もホットな債券市場の一つが中国で崩壊しつつある
2018年3月26日(月)、中国・香港での記者会見で話すエバーグランデ(恒大集団)の会長、許家印。Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

この10年で最もホットな債券市場の一つが中国で崩壊しつつある

かつて週に数件の取引があり、ピムコからUBSまで世界中のポートフォリオを潤していた2,030億ドル規模の中国の不動産ジャンク債市場は、いまやほぼ壊滅状態だ。そして、その損失のほとんどを海外の投資家が飲み込んでいる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) — 2018年当時、中国の不動産債務に対する投資家の需要がピークに近づいていたとき、バンカーは土曜日の香港の港を巡る船旅の間、数百万ドルの取引の材料をまとめ、彼女はその間ほとんど顔を上げることもなかったという。

かつて週に数件の取引があり、ピムコからUBSまで世界中のポートフォリオを潤していた2,030億ドル規模の市場は、いまやほぼ壊滅状態だ。そして、その損失のほとんどを海外の投資家が飲み込んでいる。

中国の不動産ジャンク債は、過去10年間で最も収益性が高く、人気のある債券取引であった。中国の経済成長エンジンを背景に構築され、香港経由で世界に紹介されたのである。1997年に最初の債券が発行されて以来、クレディ・スイス・グループやゴールドマン・サックス・グループなどの金融機関は、報酬が大きく、デフォルトが極めて稀な資産クラスに国際資金を流入させた。マイナス利回りの時代にあって、これらの債券は世界の多くの債券投資家にとってリターンを向上させる重要な手段となった。大手年金基金や保険会社でさえも、この債券を購入した。

「香港は、世界が中国のハイイールド債にアクセスし、黄金時代を目撃するための窓口だった」と、2018年の市場全盛期に大手グローバル金融機関のプライベートバンカーだったアンディ・チャンは言う。彼は現在、金融アドバイザリーのHermitage Capitalの最高戦略責任者に転身している。

昨年まで、大手民間デベロッパーで、負債の支払いを履行できなかったことがあるのは1社だけだった。

しかし、負債を抱えた不動産セクターに対する政府の締め付けにより、2020年後半以降、新たな資金調達へのアクセスが圧迫されるようになった。行き詰まった不動産プロジェクトは抗議活動を引き起こし、100以上の都市で不満を抱えた住宅購入者が、未完成のアパートに対する住宅ローンの支払いを拒否している。また、2025年債が世界で最も流動性が高く、広く取引されていたエバーグランデ(恒大集団)が12月に破たんし、国が不動産業界の巨頭を救済するという長年の前提が崩れ去った。かつて105セントの高値で取引されていた同債券は、現在ではわずか7セントで取引されている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン