中国の住宅価格は10ヶ月間下落、不動産危機が深刻化
上海の高層集合住宅。Qilai Shen/Bloomberg

中国の住宅価格は10ヶ月間下落、不動産危機が深刻化

中国の住宅価格、10ヶ月間下落、不動産危機が深刻化。住宅ローンのボイコットで市場は新たなストレスに直面。政府による救済措置も不動産セクターの復活には至っていない

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国の不動産価格は6月に10カ月連続で下落し、政府の救済策が同国の不動産危機の深刻化に歯止めをかけられない現状が浮き彫りになった。

国家統計局の発表によれば、70都市の新築住宅価格(国家補助を除く)は、0.17%下落した5月から0.1%下落した。

中国の2兆4,000億ドル規模の不動産市場は、ほとんど回復の兆しを見せていない。急速に増加する住宅購入者が、未完成のアパートの住宅ローンの支払いを拒否しているとの報道を受け、金融システムに伝染が広がってきている。このため、投資家は警戒を強め、不動産債券や中国の銀行株が沈んでいる。

中国政府は今週、銀行と緊急会合を開き、住宅ローンのボイコットによる影響を把握したと、この問題に詳しい関係者が語った。50以上の都市にある少なくとも100のプロジェクトの購入者が、建設の遅れと価格下落への懸念のために支払いを停止している。

ジェフリーズ・フィナンシャル・グループによると、返済を回避している住宅購入者の数は明らかではないが、遅延しているプロジェクトは中国の住宅ローン残高全体の約1%を占めているという。すべての購入者が債務不履行に陥った場合、3,880億元(約8兆円)の不良債権が増加することになるという。

低迷が続く|6月の中国新築住宅価格は10ヶ月連続の下落

中国の建設業者を巻き込む危機は新たな局面を迎えており、売上高で最大の建設業者であるカントリー・ガーデン・ホールディングス(碧桂園控股)など、かつては資金難から安全だと考えられていた企業にも債務の売却が拡大している。

また、コロナの感染拡大によってさらに都市封鎖されるリスクは、公式データによると11ヶ月連続で減少している住宅販売の回復の見通しに影を落としている。これは、中国が1990年代後半に民間の不動産市場を創設して以来、最も長い低迷である。

中国当局は、経済の約4分の1を占める不動産セクターを支援するため、住宅所有に関する規則を緩和し、銀行に融資を増やすよう促していると推定されている。

Simran Vaswani. China Home Prices Fall for 10th Month as Property Crisis Deepens.

© 2022 Bloomberg L.P.