シーインの1,000億ドル評価はファストファッションの流行継続を示す

ザラは、コンセプトデザインから小売店までのリードタイムを数ヶ月から数週間に短縮し、2000年代のファッションに革命をもたらした。シーインはさらに一歩進んで、製品サイクルをせいぜい数日に短縮した。

シーインの1,000億ドル評価はファストファッションの流行継続を示す
2021年5月21日(金)、中国・香港でタブレット上に配置されたSheInのウェブサイト。多くのオンライン上の現象と同様に、Z世代やミレニアル世代の若い買い物客が、Sheinの躍進を後押しした。

3年前の年次決算で、中国の新興ファストファッションブランドSHEIN(シーイン)について尋ねられた英国小売企業ブーフーグループの経営陣は、爆笑した。

「聞いたことがないと言えばそれまでだが、そうはいかない」とマフムド・カマニ会長はジョークを飛ばした。

「正直なところ、数年前までは知らなかった」と、共同創業者のキャロル・ケインが付け加えた。「意識はしているが、まったく心配していない」と締めくくった。

Z世代より上の世代であれば、つい最近まで同じような反応をしていたかもしれない。しかし、間違いではない。ブーフーのように(シーインの目を見張るような競争に直面し、この業績報告以来株価は60%以上下落している)、5ドルのドレスや10ドルのジーンズの影響をすぐに感じることになりそうなのである。

この巨大小売企業は、1,000億ドルの企業価値での資金調達を検討しており、General Atlanticを含む投資家と約10億ドルの調達について交渉中であると、この問題に詳しい関係者が今週Bloomberg Newsに語った。

この数字は特に突飛なものではない。モルガン・スタンレーによると、シーインは2022年に200億ドルの売上を計上し、ファーストリテイリングを抜いて世界第4位のアパレル小売企業となる可能性がある。売上高の5倍以上の評価は、ファストファッションブランドにとって多かれ少なかれ通過儀礼であり(Boohooは一時期、売上高の10倍もの評価を受けた)、シーインの2桁の成長率には十分見合うと思われる。

バングラデシュが世界のアパレル貿易をリードし、中国の覇権を奪還した。
バングラデシュが世界のアパレル貿易をリードし、中国の覇権を奪還した。

バングラデシュやベトナム、さらにはヨーロッパなどのライバルに押され気味だと思われていた中国のアパレル貿易が、まだ十分な余力を残していることの表れだろう。また、ファスト・ファッションが減速するどころか、加速している証拠でもある。最先端は、服の生産速度から、消費者がまだ知らないうちに消費者の好みを予測することへと移行しているのだ。

ある意味で、シーインのビジネスは徹底して従来型である。グローバルな工場ネットワークやハイテクによる自動化ではなく、サプライチェーンの核となる部分は19世紀でも違和感がない。昨年、地元のビジネスニュースサイト『Jiemian』に掲載された報道によると、同社は300以上のサプライヤーが結束して、天井扇の下で汗を流し、卓上ミシンで1日に数百枚の服を生産しているという。

インディテックスのザラは、コンセプトデザインから小売店までのリードタイムを数ヶ月から数週間に短縮し、2000年代のファッションに革命をもたらした。シーインはさらに一歩進んで、製品サイクルをせいぜい数日に短縮した。それも、小ロットでの発注や地元の衣料品店の利用など、昔ながらの効率化の賜物だ。ブルームバーグが昨年報じたところによると、広州の本社から車で5時間以内の距離にある店がほとんどだという。大半は郊外にある。

シェインのユニークな点は、そのサプライチェーンではなく、伝統的なビジネススタイルを、市場調査や顧客獲得のスピードと結びつけている点だ。創業者のクリス・シューは、検索エンジン最適化(Googleのランキングで上位に表示させるための暗躍)の経験があり、その才能はシーインの広大なソーシャルメディアでの存在感を示している。このブランドは、世界で最も訪問者数の多いファッションウェブサイトであり、最近Google検索でH&Mとインディテックスのザラの両方を追い越した。

Not So Fast|Googleでのシーインブランドへの検索関心がZaraをも追い抜き始めている
Not So Fast|Googleでのシーインブランドへの検索関心がZaraをも追い抜き始めている

シーインは、その急成長に伴い、人種差別的な携帯電話ケースの販売、デザイナーの買収、過剰消費の助長など、さまざまな非難を浴びてきた。また、中国とその末端市場において、トランプ時代の税制の変則性から、同社は競合他社を凌駕する利益を得ている。

しかし、現時点では、シーインにとって最大の脅威は、これらのどの角度からの反発でもない。インディテックスとH&Mはかつて、非倫理的で使い捨てのファッションの申し子であった。しかし、コア層が高齢化するにつれ、イメージを一新し、高級路線に移行した。税制上の優遇措置は、確かに同社に不当な優位性を与えているが、将来を見据えた輸出産業を支援したいという中国の意向や、最近価格が下がりつつある数少ない製品カテゴリーにコストをかけることに抵抗がある欧米諸国の政府を考えると、その優位性も意外と揺るぎないものになるかもしれない。

実際、シーインにとってより大きなリスクは、従来のファッション・ブランドに対して投げかけられているものと同じものだ。かつて、ザラとH&Mは、従来のボロ服を一掃した。しかし、エーソスとザランドは、より速く、より安い、オンラインだけのモデルで、これらの店舗型小売業者を守勢に追いやった。一夜にして新たな巨人殺しの座についたシーインは、このパターンがまだ終わっていないことを示唆している。季節の移り変わりが激しいビジネスでは、シーインにもいつか冬がやってくるのだろう。

David Fickling. Shein's $100 Billion Valuation Is a Win for Fast Fashion: David Fickling. © 2022 Bloomberg L.P.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)