シンガポールの不動産は余りに高すぎる、国民10人中6人が語る
2020年11月3日(火)、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズから見た中央ビジネス地区のスカイライン。

シンガポールの不動産は余りに高すぎる、国民10人中6人が語る

シンガポールは世界的な不動産不況に完全に逆行し、国民の不動産取得への焦燥感を煽っている。ある調査では、賃貸または購入を希望する人の10人に6人近くが、不動産は手が届かなくなってきていると回答しているという。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)  – シンガポールは世界的な不動産不況に完全に逆行し、国民の不動産取得への焦燥感を煽っている。

賃貸住宅ポータルサイトを運営する99グループが7月に実施した790人の回答者に対する世論調査によると、賃貸または購入を希望する人の10人に6人近くが、不動産は手が届かなくなってきていると回答している。

価格高騰の背景には、コロナ19の大流行で建設が中断されたことによる供給不足と、アップグレードを求める人々や裕福な外国人の流入による需要急増がある。オーストラリアやニュージーランドの不動産市場に影響を与えた金利上昇の懸念は、バイヤーによって払拭されつつある。

シンガポールの不動産会社OrangeTee & Tie Pteのリサーチ&アナリティクス担当シニアバイスプレジデントのChristine Sun氏は、「金利上昇は新築住宅の販売に大きな影響を与えないようだ」と述べた。不動産価格は「センチメントに左右されるというより、供給に左右される」のだと彼女は付け加えた。

当局も気づいている。政府は昨年、過去10年間で最も高騰した住宅価格を冷やすため、抑制策を導入した。また、今年の年間予算では、高級物件への増税を発表し、個人住宅の供給を増やす計画だ。

上昇速度が速い|第2四半期にシンガポールの住宅価格上昇が加速

一時的に減速したものの、住宅価格は回復し、第2四半期には3.5%上昇し、予想を上回るペースで成長した。

地元の富裕層と都市国家に移住する高所得者が価格を押し上げていると、Savills Plcのリサーチ部門エグゼクティブディレクター、Alan Cheong氏は述べている。シンガポールの家賃は、上半期に世界の30都市の中で最も高くなり、ニューヨークと並んだ。シンガポールは先月、新しいビザを導入して高給取りの外国人を呼び込もうと発表した。

高級物件が最も高騰しているのは、そのためでもある。99グループが運営するポータルサイトSRXが火曜日に発表した推計によると、コンドミニアム再販価格は8月の時点で25カ月連続の上昇となった。

この熱気は公共住宅にも波及しており、政府補助のマンションには100万シンガポールドル(約1億円)以上の値札が付けられているものもある。

ニューヨーク、シンガポール、上半期のプライム賃貸の伸びが最高値に並んだ。

価格高騰は与党人民行動党に難題を突きつけている。シンガポールでは、400万人の住民のうち80%以上が政府が建設した住宅に住んでおり、世界で最も高い公営住宅率を誇っていることが、その功績のひとつだ。

5月に行われた別の調査では、住宅価格に対する政府の対応について、住民の意見はほぼ二分された。Blackbox Researchが758人を対象に行った調査によると、約52%が「うまくいっている」と答え、残りは「うまくいっていない」と答えた。

-- Faris Mokhtar、Andrea Tan、Alex Millsonの協力を得ている。

Low De Wei. Singapore Property Is Unaffordable, Six Out of 10 People Say

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ