金利ショックの年:金融市場は金利上昇に適応しつつある
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

金利ショックの年:金融市場は金利上昇に適応しつつある

政策立案者と投資家は、最も重要な問題をめぐって依然として異なっている。インフレはどの程度粘着性があるのか? 金利はどの程度でピークに達するのか? そして、中央銀行が利下げに踏み切るのはいつなのか?

エコノミスト(英国)
“The

もう一度、後ろの安い席で見ていられれば…そうすれば、教訓が身にしみるかもしれない。10月中旬から好調に推移していた株式相場が、再び急落している。米連邦準備制度理事会(FRB)が金利を半ポイント引き上げ、パウエル議長が「インフレ率が2%に下がると確信できるまで利下げを始める計画はない」と発言した12月14日以降、米国株の指標であるS&P500は5%下落した。「時系列データは、時期尚早な政策緩和を強く戒めている」と宣言した。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン