金利上昇とインフレが投資を根底から覆す
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

金利上昇とインフレが投資を根底から覆す

エコノミスト(英国)
“The

1月3日にアメリカの株式市場がピークに達して以来、ほぼ1年にわたり、投資家は底値を探すために首をかしげてきた。10月半ばに訪れた直近の谷は、果たして底値だったのだろうか。そして何より、底値であろうとなかろうと、今後、どのようなトレンドがリターンを形成していくのだろうか。

MSCIの最も広範な世界株式インデックスは18%下落し、アメリカの大企業で構成されるS&P500インデックスも同様だ。被害を受けたのは株式だけではない。2021年に3兆ドル近くまで急騰した暗号通貨の市場価値は、8,400億ドルにまで落ち込んだ。安全なはずの資産も暴落を免れていない。データプロバイダーであるブルームバーグがまとめた世界、欧州、新興市場の債券の指数は、いずれも15%下落し、米国の指数は11%下落している。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン