ロシアは統治不能に陥り、カオスに陥る危険性がある
2020年1月15日(水)、ロシアのモスクワで行われた年次国勢演説で演説するウラジーミル・プーチン大統領(身振り手振り)。Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg.

ロシアは統治不能に陥り、カオスに陥る危険性がある

エコノミスト(英国)
“The

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、2022年2月24日にウクライナに侵攻した際、領土を奪い、主権を奪い、国家のアイデンティティという概念を一掃し、残ったものを破綻国家にすることを目指した。数ヶ月にわたるウクライナの激しい抵抗の後、その国家とアイデンティティはかつてないほど強固になり、プーチン氏がウクライナに与えようとしたすべてのことが、自国を苦しめている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン