新たなテクノロジー主体の世界観の誕生
Licensed under the Unsplash+ License

新たなテクノロジー主体の世界観の誕生

エコノミスト(英国)

サム・アルトマンは、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを望む自宅の書斎で、椅子に寄りかかり、足を上げている。洗濯したジーンズとTシャツ姿の37歳の起業家は、頭の回転が速い人ほどのんびりしているというふうに見える。200億ドル近い評価を受けている新興企業で、人工知能を世の中に役立てることを使命とするOpenaAIのCEOは、軽口をたたくような人物ではない。本棚に置かれた2足のピンク色のテーブルには、彼の好きな2つの技術、AIと核融合を表すロゴが描かれている。時折、オタク用語が飛び出す。ある時、AIは人々が思っているより早く進歩すると確信した彼は、どちらかというとロボットみたいな声でこう言った。「あなたが事前分布を更新したかどうか、興味があります」

40歳のジョー・ロンズデールは、アルトマンとは全く違う。彼はシリコンバレーの中心で、麻の服を着て、髪を後ろに流して座っている。この技術系投資家兼起業家は、4つのユニコーンの設立に加え、約150億ドルの価値を持ち、兵士やスパイを相手にするデータ分析会社パランティアの設立に貢献した人物で、早口で、頻繁に話を中断する。プールサイドには、「ゲーム・オブ・スローンズ」のセットで使われた巨大な玉座が置かれている。思想の自由と言論の自由という古典的価値観を大切にする西洋が、自己嫌悪に陥らないよう壮絶な内戦を繰り広げているというのは、彼の世界観の壮大さと合致する。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン