ゲーム業界で最も嫌われている経営者、ユニティCEOによるメタバースの大冒険

UnityのCEOであるジョン・リッチティエッロは、EAを去った後、モバイルゲームを広告まみれの荒れ地に変えた。そして今、彼は仮想世界の商業化に会社の未来を賭けている。

ゲーム業界で最も嫌われている経営者、ユニティCEOによるメタバースの大冒険
2018年9月5日(水)、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されたTechCrunch Disrupt 2018サミットで講演するUnity Technologies SFの最高経営責任者ジョン・リシテーロ。

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) -- ジョン・リッチティエッロはメタバースの頂点にいた。昨年11月、ユニティ・ソフトウェア(Unity Software)の最高経営責任者(CEO)は、Zoomのタウンホールで従業員にあるニュースについて話した。同社は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」やテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を手がける視覚効果専門店WetaFXの技術部門を買収しようとしていたのだ。16億ドルの取引により、没入型デジタルワールドや超リアルなアバターなど、あらゆる種類の拡張現実や仮想現実を征服するために必要な3D開発ツールがUnityに与えられるとリッチティエッロは信じていた。「この分野のプレイヤーから、文字通りあらゆるもののための主要なアーティスト・プラットフォームになる可能性があります」と彼は従業員に語った。

Unityは、大人気アプリ「Pokémon Go」の制作に使用したNiantic Inc.や、「Cities.Skylines」「Cuphead」などのヒット作を制作した小規模スタジオなどのサードパーティにライセンスされており、簡単に構築できるゲームエンジンとして開発者に愛用されている。しかし、同社の収益の多くは、最近多くのインターネット企業が行っているように、ターゲット広告によってもたらされている。iPhoneの無料カジノや脳トレアプリで10秒間のCMを見たことがある人は、Unityが配信している可能性が高い。最もホットな視覚効果ツールを取得することで、同社はメタバース(SFオタクやシリコンバレーの有力者が話題に絶やさない3D環境の総称)に深く分け入ることができる。

Zoomミーティングの後、リッチティエッロはUnityのサンフランシスコのオフィスの1つにあるコンピュータに駆け寄り、社員たちがこの爆弾発言にどう反応したかを確認した。「Slackチャンネルは大爆発していますよ!」と彼は言った。社員たちは、自分たちがJ・R・R・トールキンの『指輪物語』の登場キャラクラー「ゴラム」を所有するようになったというミームを投稿し、「ジョン・リッチティエッロ(通称JR)が自らをJ・R・R・トールキンの世界に招き入れた」となじっていた。このニュースが公になると、時間外取引でUnityの株価が9%下落しても、リッチティエッロの気分は落ち込まなかった。担当者が携帯電話で空売りの情報を見せると、ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌の記者の前で「うそつけ!」とキレた。しかし、しばらくして、彼は微笑んだ。「(空売り勢は)明日、殺されるぞ」と彼は言った。「殺されるんだ」

過去20年にわたり、ゲーム界で最も物議を醸した転換を主導してきたリッチティエッロは、必ずしも嫌われ者ではない。エレクトロニック・アーツの元最高幹部として、かつて名声を博したスタジオの大規模な買収を指揮し、後に閉鎖されたこともある。また、サッカーゲーム「FIFA」で5ドルでデジタルトレーディングカードを販売し、お金をかけたプレーヤーがより高い技術を持ったチームを作れるようにするなど、有料の「マイクロトランザクション」時代の到来を告げた。このモデルは、毎年行われるインターネット投票で、コムキャストやチケットマスター・エンターテインメントに次いで、EAが2度も「アメリカで最悪の会社」に選ばれる一因となった。ジョー・バイデン大統領でさえ、シリコンバレーのリーダーたちとの会議を思い出して、リッチティエッロを「人を殺す方法を教える」ゲームを開発する「小さな変人」と呼んだようだ(リッチティエッロの広報担当者は、バイデンはその場にいた複数の人を指していた可能性があると述べている)。

誰に尋ねるかにもよるが、2014年に指揮を執って以来、リッチティエッロはUnityを技術大国か、それ以上のものを装う中堅のマーケティング企業へと変貌させたのである。Unityは、独立系開発者が低コストでプログラミングツールを利用できるようにしたことで広く称賛されているが、その収益化サービスは多くのモバイルゲームにも組み込まれており、バナー広告やアプリ内課金を詰め込み、Unityはその中から分け前を受け取っている。昨年は、広告グループが同社の年間売上高11億ドルのほぼ3分の2を占めた。

リッチティエッロは、銀色の髪に、一発で正解したWordleプレイヤーのような満足げな笑みを浮かべているが、常に次の大きなものを追いかけるのが好きなようだ。今回はメタバースだ。WetaFXの発表の2週間前、マーク・ザッカーバーグはソーシャルメディアの仮想化に年間100億ドルの支出を約束し、Facebookの社名をMeta Platformsに変更した。ウォルト・ディズニーやRobloxといったコンテンツ界の巨頭、Apple、Google、Microsoftといった技術界の巨頭も、メタバースに投資を始めていた。この不定形のコンセプトは、Web3のように、あらゆるものを想起させるように思えたが、それは重要なことではなかったようである。リッチティエッロがタウンホール後にビジネスウィーク誌に「このメタバースノイズは、これまでで最高の出来事だ」と語った。

企業にとって、メタバースは、無限に新しいサイバースペースでブランドを再構築し、顧客に、いや、どこにでも到達できる機会だ。ザッカーバーグは、メタが個人生活や仕事におけるバーチャルリアリティのハブになることに賭けている(そして投資家にFacebookの人気低迷を忘れさせている)。Unityのような開発会社は、デジタルゲームや映画を人が住む環境に変えるために、自分たちのツールを使うことを想定している。小売業者がUnityのエンジンを使ってホログラフィックに服を試着させたり、自動車メーカーがAR/VRヘッドセットを使って車のデザインを試作したり、建設会社が3Dの設計図を扱ったりと、漠然としているが意欲的なバーチャル用途が無数にあるのだ。リッチティエッロの実績を考えると、彼がメタバースをデータマイニングのための新たなフロンティアと、逃れられない企業ブランディングに変える可能性も十分にある。

Unityは2020年末に上場した。同社の株価は昨年秋に史上最高値まで急騰したが、その後、メタバースに関するあらゆるハイプが衰えたため、89%も急落している。最近の報道によると、ザッカーバーグのVRヘッドセット「Oculus」用の主力アプリのユーザー数は約20万人にすぎず、彼の従業員でさえ飽きているようだ。一方、懐疑的な人々は、リッチティエッロのムーンショットのセールスマンシップは、ほとんどがウォール街に好かれるためのもので、誇張が多いと言っている。リッチティエッロはインタビューで、NASAのジェット推進研究所やカナダのMountain Equipment Co-operative(MEC)など、Unityのメタバース技術を使うさまざまな一流顧客について説明している。彼は、MECがUnityで構築したARアプリでテントを販売していることを詳しく説明し、それが「彼らにとって大きな恩恵」であると述べた。あるいは、そうではないかもしれない。MECの広報担当者は、「当社の小売と電子商取引の責任者は、残念ながらこの件について何も知りません」とメールで述べた。

Unityの広報担当者は、リッチティエッロの顧客説明は、たとえ時代遅れであったり、完全に正確でなかったとしても、何らかの真実に基づいていることを示唆している。リッチティエッロのファンは、彼は過小評価されている先見者だと言う。彼は未来を発明する男ではないかもしれないが、それを売る方法をいつも考え出す。「彼はマーケティングの天才だ」と、Oculus VRの共同創業者であるブレンダン・イリーブは言う。「ゲーム業界には、仮想現実(VR)に懐疑的な人がたくさんいて、いまもそうなのですが、ジョンはすぐに『いや、これはすごいことになるぞ』と言ったんです」

リッチティエッロが技術ツールを販売する数十年前、彼はアイスクリームの行商をしていた。1980年代、クロロックスで洗剤のマーケティング、ペプシコでソーダのマーケティングを担当した後、ハーゲンダッツの国際セールスを10年以上にわたって指揮した。そこで彼は店舗を「生きていることの経験を祝う」忘れられない試食イベントに変えた。1995年、ウィルソン・スポーティング・グッズの社長として、NASAのエンジニアを雇い、一般的な490ディンプル(凸凹の数)のゴルフボールではなく、500ディンプルのゴルフボールを作らせた。

1990年代後半、EAが加工食品・飲料,および衣料品メーカーであるサラ・リーから彼を最高執行責任者に引き抜いた時、社員は困惑した。サラ・リーでは、パウンドケーキの容量を16オンスから12オンスに減らしてコスト削減を図ったという話が伝わっていた。しかし、リッチティエッロはEAでコスト削減を要求する代わりに、開発に多大な投資をした。大ヒットした「Madden NFL」や「ニード・フォー・スピード」シリーズを商品化した功績は大きいと、EAのスポーツタイトルを数多く開発したジョン・シャパートは言う。リッチティエッロにとって、スポーツゲームは店頭で目立つパッケージ商品のひとつに過ぎなかった。「彼のチームは、ゲームが完成する1年半前に、そのゲームの箱を用意していた」とシャパートは振り返る。

リッチティエッロは、漂白剤と焼き菓子の会社員でありながら、ジョブズのような技術者を目指していることを、親しい人たちは感じていた。リッチティエッロは、ゲーム作りを理解するために、入社早々、EAのトップエンジニアからコーディングの特訓を受けたという。素人に高度なプログラミング言語を教えるのは難しいので、すぐにあきらめたそうだが、リッチティエッロの好奇心には感謝していたそうだ。しかし、リッチティエッロは、「私はプロダクトガイなんです」と言いながら、物理の本を読むのが好きだという。

その後、 U2のボノと共にプライベートエクイティ会社エレベーション・パートナーズを設立し、EAを設立時よりはるかに良い状態に戻した。そこで彼は、ある同僚に「信じられないほど人脈が広い」営業マンとして印象づけられ、アップルやシルバーレイクの技術に詳しい共同設立者の前でも、非常に自信に満ちた口調で話したという。エレベーションの最初の投資として、大手ゲームスタジオBioWareとPandemic Studios LLCの株式の過半数を3億ドルで取得し、その後2007年にCEOとしてEAに戻った後、8億6千万ドルという記録的な取引で再び買収するという驚くべき成果を収めた(リッチティエッロは、EAから独立し、ElevationのCEOとなりました。米国証券取引委員会に提出された書類によると、この売却で490万ドルもの利益を得たリッチティエッロは、交渉から身を引いていたとのことだ)。

2度目のEAでの仕事は、技術的な欠点を露呈することになった。当時、EAはディスク販売からデジタル販売やアプリへのシフトを進めており、大不況で株価が暴落した。「グランド・セフト・オート」のパブリッシャー買収の失敗や、流行に乗り遅れた新興モバイル企業2社に17億ドルを投じるなど、疑問の残る買収が相次ぎ、大きなリターンを得ることはできなかった。リッチティエッロは何千人もの従業員を解雇し、iPhone時代のライバルであるZynga Inc.などに人材を奪われ、EAの評判は地に堕ちた。「シムシティ」のリブート版はバグだらけの大失敗に終わった。リッチティエッロは、株主に対して、仮想弾薬のリロードに1ドルを請求するなど、ゲーム内のマイクロトランザクションによって失われた収益を補うことができると語り、Redditの群衆から彼に対する実際の殺害予告に火がついた。

リッチティエッロは2013年3月に辞任を発表した。従業員への手紙の中で、彼は「100%責任がある」としながらも、EAが「かつてないほど良い状態にある」と書いている(彼のCEOとしての6年間で、EAの株価は65%下落したが、その後の同じ期間に467%上昇した)。

その余波で、リッチティエッロは次の行動を探した。新興企業を指導し、役員にもなった。「シムシティ」のパイオニアであるウィル・ライトが共同設立したステルス・スタートアップ「シンタテインメント」に投資し、エピソード・コンテンツ・メーカーの「テルテル・ゲームズ」の会長になったが、同社は後に破産申請した。リッチティエッロと一緒に仕事をした(そして衝突した)ある起業家は、リッチティエッロの才能を、決して現実と一致しないビッグアイデアの「夢」に対して人々を「うならせる」ことだと賞賛している。この人は、「今でも頭の中で、『簡単なことだ、ただブーン、ブーン、ブーンとやれば、すべてがうまくいく』というジョンの言葉が聞こえる」と回想している。

この頃、リッチティエッロは、デンマークにある従業員300人ほどのゲームエンジンメーカー「Unity」にも出入りするようになる。

2013年11月にリッチティエッロが役員に就任し、12カ月後に共同創業者のデイヴィッド・ヘルガソンと交代したとき、Unityはすでに急成長していた。同社の起源は、2005年頃、ヘルガソンと2人の開発者の友人が「Gooball」というMac用ゲームをリリースしたことに遡る。このゲームのコードの一部が、Appleが開発したビデオゲーム制作用のエンジンや編集ツールのベースとなった。数年後、iPhoneのApp Storeが登場し、独立系開発者がこのプラットフォームに殺到したとき、3人は同様のツールを販売できることに気づいた。それは、1990年代後半から存在していたEpic Games Inc.のUnreal Engineに代わる、安価でより複雑でないツールだった。ゲーム開発者は、Unityのツールを使用して、シンプルなグラフィック、キャラクターやオブジェクトの物理処理、その他実行が困難な機能をわずか200ドルで作成することができた。リッチティエッロが就任した当時、Unityは60万人の開発者を抱え、PC、Android、iOS、Xboxなどのゲーム機向けにゲームを開発できるようになっていた。

Unityは、反体制的なところがあった。初期のオフィスはコペンハーゲンの安アパートで、創業者たちはそこでコードを書き、眠り、隣人が警察を呼ぶほどの大音量でRock Bandをプレイしていた。そのため、ヘルガソンは、Unityの次の成長段階を切り開くためにリッチティエッロを呼び寄せたとき、EAの幹部として有名であったことから、多少の混乱は予想していたようだ。「ゲーム業界で数千人を解雇するとなると、ゲーム業界で働く人は基本的に、ジョンに解雇された友人を持つことになる」と、彼は2014年のポッドキャストで語っている。

リッチティエッロのサンフランシスコでのブースター主義者は欧州では通じなかった。5人の元社員によると、彼がUnityのヨーロッパのオフィスを紹介するツアーは、ぎこちないものだったそうだ。リトアニアの支社を訪問したとき、ある社員が「EAの話にあるような悪人なのか」と突っかかった。コペンハーゲンの本社では、リッチティエッロが「UnityはいつかGoogle並みに儲かる」と自慢した後、エンジニアが「ゲーム開発の民主化が目的なら、なぜUnityは公益法人にならないんだ」と質問した。また、別のスタッフは、なぜリッチティエッロを信頼してUnityを率いさせる必要があるのかと質問した。リッチティエッロはそのスタッフに対し、自分は家族思いであり、毎年クリスマスの恒例行事であるラザニア料理の腕前を競うことを話した。

当時、Unityの収益性の高いエンジンライセンスは、月額75ドルからのプロフェッショナルサブスクリプションに移行しつつあった。しかし、開発者の数は限られていた。広告担当のジェネラルマネージャーという肩書きも持つリッチティエッロは、収益発生ツールを増やせば、Unityをロケットに変えられると知っていた。この頃、数人のコーダーが12週間でUnityのエンジンを使って作った「Crossy Road」という無料アプリが発売された。Unityの新しい広告サービスを導入したところ大流行した。当時Unityのオンラインサービス担当バイスプレジデントだったトッド・フーパーは、「この小さな会社で、何百万ドルものビジネスが成立していた」と語る。

リッチティエッロはUnityを、Createプラットフォーム(ゲーム開発エンジン)とOperateサービス(収益製品)にフォーカスした部門に分割した。2016年には広告ネットワークを拡大するため、EAで「FIFA」などのゲームに広告を組み込む役割を担っていたジュリー・シュメイカーを採用した。ゲーム内動画が増え、アップグレードを提供するポップアップや類似アプリのプロモなども登場した。シュメイカーは、ゲーマーが広告を「邪悪なもの」として見ていることは知っていたが、「アート」を生み出すクリエイターを維持するためには経済性が必要だった、と言う。

4人の元社員によると、ゲームのかなりの部分を「アート」と呼ぶのは無理があった。それらは、広告がぎっしり詰まったスパム的な無料ゲーム(数独アプリやキャンディクラッシュの模倣品)で、寿命は短いかもしれないが、カジュアルゲーマーが夢中になるような中毒性のあるゲームだったというのだ。モバイル企業でUnityのプラットフォームを利用したマーケティング担当者によると、このエンジンは簡単に構築できるため、月に数百のシンプルなゲームを制作し、数百万のビデオ広告やバナー広告で多額の利益を得る企業もあったそうだ。

このシステムでは、広告のターゲットを絞るために膨大なデータも必要だった。リッチティエッロは、ビッグ・テックがこの慣行をめぐる騒動に直面しているときでさえ、データ収集を正当化した。FacebookやGoogleは、ユーザーの人口統計データを含む多くの情報を収集しているのに対し、Unityはユーザーのゲームへの興味に関する情報を収集しているに過ぎないと彼は考えているのだ。「『Call of Duty』で何人の人を撃ったかというプライバシーは、誰も気にしないのです」と彼は言う。リッチティエッロは、年齢や性別で広告をパーソナライズするのは馬鹿げていると考え、年齢が上がるにつれて目にするようになる大人用おむつのコマーシャルに苛立ちを覚えていることを引き合いに出している。「なぜ、私のような人間のために、大人用おむつメーカーの広告出稿にピクセルを浪費するのか」と63歳の彼は言い、スポーツカーの方がより適切だと指摘した。

2019年までにOperateの売上はCreateを上回り、同年のUnityの売上5億4,200万ドルの54%を占めた。Unityエンジンを使って作られたゲームは、合わせて毎月30億ダウンロードを獲得していた。Unityが収集したゲームユーザーのデータはすべて、エンゲージメントと消費行動から顧客の価値を判断し、その顧客を対象に新しいゲームを提供する広告枠をオークションにかけることができた。元Operateのシニアマネージャーによれば、分析が非常にうまくいったため、価値の高いユーザー1人に、他のUnity搭載アプリの広告を通じてゲームをインストールしてもらうために、開発者に55ドルもの費用を請求することができた。その差額は、Unityが得る。このマネージャーは、「私たちの取り分は40ドル程度でしょう」と言う。

Unityが株式公開に向けて走り出した頃、従業員の中には、会社の倫理観が変わりつつあることを心配する者もいた。リッチティエッロは、Unityのソフトウェアでベストセラーとなった「Among Us」や「Firewatch」など、受賞歴のあるゲームを制作したアーティストに力を与えていると話している。しかし、その成功は、内部の緊張の高まりを見えにくくしていた。最近退職したあるエンジニアのリーダーは、「我々は、スタジオのための技術を作るゲームエンジンの会社なのか? それとも、ただの広告会社なのか……」と話した。

Unityは本社をコペンハーゲンからサンフランシスコに移し、従業員も5倍の2,500人以上になっていた。社内のSlackでは、社員が会社の決定を非難し、幹部が火消しに走るという光景が頻繁に見られ、フラストレーションが表面化していた。男女の賃金格差、中絶の権利、米軍との3Dシミュレーションソフトの契約などについて、Slackのチャンネルで激しい論争が繰り広げられた。ビジネスウィーク誌が取り上げた昨年の記事では、メキシコ人マネージャーが白人バイスプレジデントを人種差別で非難し、同社が「白人と男性へのシンパシー」と「有色人種への懐疑」を助長していると書かれ、多くのスタッフの間で企業文化への反発が起こった(この件に関して、Unityはコメントを控えている)。

リッチティエッロの性格の延長線上に、この摩擦があると考える社員もいた。「ジョンに会うと、1分も話を聞いてもらえない」と、ある元幹部は言う。相手が間違ったことを話し始めると認識すると、彼は「我々はここで何をしているんだ!」というふうになるという。 リッチティエッロは、自分のマネジメントスタイルは、より賢明なものになったと言っている。「私が不愉快なのは、今のところ20%くらいだろう」

一方、リッチティエッロの私生活によって、企業文化の雲行きが怪しくなり始めた。2018年、彼はサンフランシスコのオフィスのアトリウムにスタッフを招き、異例の発表を行った。彼はUnityの人事部長、エリザベス・ブラウンと交際していたのだ。出席者は唖然とした。リッチティエッロは、2人の交際を取締役会が承認したと述べたが、彼とブラウンに近い情報筋によると、2人は2016年から付き合っており、取締役会への通知と全社員への開示の間に2年もの空白がある可能性があり、その間、2人は友人に話したがUnityの他の社員には話さなかったという。Unityの取締役会はこの遅れについてコメントを避けたが、交際は適切に開示されていると述べた。

その後、2019年6月、元人材獲得担当バイスプレジデントのアン・エバンスは、Unityの企業環境が「高度に性的なもの」であり、報復を受け不当に解雇されたと主張し、Unityに対して提訴を行った。エバンスは特に、3年前のパリ出張の際、リッチティエッロが1対1のディナーの後、ホテルの部屋で彼女にセックスを要求したと主張し、後でキャリアのために黙っているように警告した(別の裁判記録によると、26年連れ添った妻は、フランス訪問と同月に離婚を申し出ている)。リッチティエッロが上司と交際していることを知っていたエバンスは、「職場の不祥事を訴える手段がなかった」と訴状で述べている(リッチティエッロは、ブラウンとの交際に関連する軋轢については、何もなかったと訴訟では虚偽の供述をしている)。

Unityは反訴で、彼女の告発を否定し、自分の不祥事で解雇されたと主張した。そして、この問題を民間仲裁に持ち込んだ。この裁判の是非はともかく、リッチティエッロとブラウンに近い5人の関係者は、「CEOが人事部長と親密になることは、少なくとも倫理的に問題があり、多くの社員が不快に感じた」と語っている。その年の11月、ブラウンはUnityを去った。退職を発表する集まりで、彼女は同僚がリッチティエッロとのロマンスを真剣に受け止めてくれなかったと嘲笑したと、複数の関係者は言う。彼女はキラキラした婚約指輪を見せながら、「その『真剣』なカラット数を調べてみて」と冗談を言った(ブラウンはコメントの要請に応じなかった)。

エバンスの訴訟で主張されているセクハラについて、リッチティエッロは大まかに「そんなことはなかった」と言う。Unityの取締役会は、ビジネスウィーク誌の声明で、この問題を調査し、彼を支持すると述べ、エバンスが和解に向かっており彼女の主張を追求していないことを指摘した。リッチティエッロは、「被害者は彼女ではない」と言う。「この会社のせいであり、私のせいなのです」。

リッチティエッロは、従業員とは無縁の人間なのだ、と一部の従業員は思っていた。リッチティエッロは、パンデミック(世界的大流行)の時期に、カリフォルニア州モンテシート市に少なくとも12個のバスルームを備えた3,200万ドルの豪邸を購入した。ある元Unityのスタッフによると、ある時、会社の財政が逼迫していたために社員が昇給を拒否されて間もなく、リッチティエッロがビデオ通話に現れ、彼の後ろでメイドが掃除をしていたそうです(Unityの広報担当者によると、後ろに映っていた女性はブラウンさん[現在のリッチティエッロの妻]かもしれないとのことだ)。

社内でのドラマは、Unityのビジネスに影響を与えなかった。2020年9月のIPOで株価は急騰し、約1年後にリッチティエッロがWetaFXとの契約を発表した直後には4倍にもなった。Unityは2020年から2021年にかけて8億1,400万ドルの累積純損失を計上したにもかかわらず、投資家はOperate部門の暴走する広告ビジネスに飽き足らなかったのだ。また、リッチティエッロの新しい「すべてはメタバースで起きている(Everything Is Happening in the Metaverse)」のピッチにますます魅了されたのだ。


この夏、建設中の超高層ビル「ブルックリン・タワー」の28階で、帽子をかぶった建築家がiPadを手にしている。構造はまだ未完成だが、タブレットの画面には、空調設備や下水管などのモデルがバーチャル・オーバーレイで表示されている。

Unityのエンジンを使ったこの拡張現実(AR)アプリは、このタワーの設計者であるShop Architectsにとって不可欠なものとなっている。これらの3Dスケマティックにより、設計と承認のプロセスが数ヶ月短縮され、何十万ドルも節約できたと、Shopの共同設立者である グレッグ・パスカレッリは述べている。「これらの技術は、今は基本的に1953年から停滞する業界の他の部分を前進させるために絶対に必要なものです」と彼は言います。リッチティエッロの目には、これこそメタバースと映るようだ。「レディ・プレイヤー・ワン」に登場する「オアシス」のような、すべてを包み込むようなデジタル宇宙ではない。MetaのOculusやマイクロソフトのHoloLensのようなヘッドセットを通してのみ、仮想プログラムに同期するわけでもない。むしろメタバースアプリは、Shopのように配管工事を支援するような平凡なものでもよい。

リッチティエッロは、あらゆるウェブサイトやアプリの3D版を、複合現実感ディスプレイやホログラム投影、あるいはスマートフォンで物理的な環境の上にデジタルレイヤーを表示するなど、さまざまな方法で体験できることを想定している。「それらの目的地は、世界規模のテーマパークに集約されます」と彼は言う。「乗り物の1つは、Robloxや(Epicの)Fortniteになるでしょう。また、NVIDIAが提供するOmniverseのような乗り物もあるでしょう。Amazonは、それらの船荷を持つことになるでしょうし、Appleは、独自のものを持つことになるでしょう」。

もちろん、リッチティエッロは、Unityのツールが、このデジタル遊園地の壮大な乗り物の多くを建てるために開発者を支援し、購読料を請求する新しい機会を望んでいる。Shopの従業員によると、プロフェッショナルユーザー1人あたり年間約2,000ドルをUnityに支払っているそうだ。また、メタバースによってUnityの利用範囲がゲーム以外にも広がるため、建築、小売、エンターテインメント、製造など、開発者層が拡大し、ソフトウェアライセンスの大量獲得につながる可能性がある。

これまでのところ、メタバースの提供には多くの想像力が必要とされている。ビジネスウィーク誌でUnityの能力を紹介した際、同社のマーケティング担当者2人は、BMWの3D自動車設定ツールを使って、顧客がオンラインで車を購入する際に様々な色やトリムを選択できるようにする方法を実演した。また、別のデモでは、社内の制作チームが作った「Gigaya」というバーチャルオープンワールドを紹介した。ところが、前日になって、このプロジェクトは中止に追い込まれたと、元チームメンバーが語っている。

本誌の定期的な事実確認で、さらに矛盾が生じた。リッチティエッロは、建築事務所GenslerがUnityの技術を利用して大規模なスポーツスタジアムの設計を受注したと述べているが、Genslerの広報担当者はこの主張を「でたらめ」だと言っている。リッチティエッロは、スイスの大型ハドロン衝突型加速器を運営する科学者たちがUnityを使っていると言っているが、この施設を支える研究機関であるCERNの広報担当者は、それは「誤解を招く」と言っている。その代わり、CERNのマルチメディア部門は、博物館的な科学展示のために、Unityソフトウェアのライセンスを3つだけ持っている。NASAのジェット推進研究所は、いくつかの教育用デモにUnityを使用している。この有名な宇宙センターで技術グループのスーパーバイザーを務めるマーク・ポメランツは「Unityは,JPLのミッションを運用面でサポートするために使用されたことはありません」と述べている。「私はUnityを使った夏期インターンレベルのプロジェクトを見たことがあるだけだ」(これに対し、Unityの広報担当者は、2016年から2018年にかけて行われたUnityの技術を使ったNASAとCERNのデモを挙げている)。

概念実証(PoC)の少なさは、Unityが技術革新者なのか、それとも単に足元を固めようと必死なマーケティングプラットフォームなのか、という疑問を再び呼び起こすことになる。それはUnityだけではない。Metaのザッカーバーグは最近、同社のOculus VRコミュニティ「Horizon Worlds」のアバターのスクリーンショットをFacebookに投稿し、そのグラフィックがNintendo 64ゲーム並みに洗練されているとして非難を浴びた。最終的なインタビューを見送った後、リッチティエッロは代わりに広報担当者を通じてビジネスウィーク誌に深夜にメールを送り、その一部は Unity の従業員にも長文の内部メモとして送り、薄っぺらいメタバース顧客の例など、この記事の主張について公開前に注意を促した。「あるプロジェクトは始まり、そして止まる。あるプロジェクトは始まり、そして終わり、あるプロジェクトは始まり、そして完了する。あるものは始まり、別の方向へ方向転換する。開始時にはわからない方向に進むものもある」と書き、「インターネットを通してではなく、私から聞いてほしい」と付け加えた。

Appleは、ユーザーがデータ追跡をオプトアウトすることを可能にする新しいプライバシー保護を導入した後、その将来を把握するためにUnityに圧力が高まっている。EA在職中のリッチティエッロの現実を歪めるような発言を受け、Unityは当初、よりスマートな解決策を用意していると喧伝していた。しかし5月、同社は修正に失敗し、推定1億1,000万ドルのコストがかかったことを明らかにした。Unityはこの夏、売上見通しを下方修正し、200人以上の従業員を解雇した。その後、株価は急落し、現在は公開価格から約58%低い水準で取引されている。調査会社DFC Intelligenceの創設者であるデビッド・コールは、同社が「コアビジネスモデルを見つけるのに苦労している」と述べている。

おそらくメタバースはいずれ軌道に乗り、Unityの中核的な使命は、芸術を創作するアーティストを支援することに戻るのだろう。しかし、リッチティエッロの思い通りになれば、そのような栄華を極めた仮想世界は広告で厚く覆われることになるだろう。7月、Unityがアプリ開発者の収益を支援するIronSourceの44億ドルでの買収を発表した後、リッチティエッロは業界ニュースサイトPocketGamer.bizの取材に応じ、こう語った。彼は、ビジネスモデルを二の次とするクリエイティブな純粋主義者への賞賛を述べた。そして、開発プロセスの早い段階で広告商品を自分の作品に統合しないソフトウェアエンジニアは、単に「最大のばか者」であると明言したののだ。

— セシリア・ダナスタシオ、ジョエル・ローゼンブラットとともに執筆した。

Austin Carr, Jason Schreier, Priya Anand. One of Gaming’s Most Hated Execs Is Jumping Into the Metaverse.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)