マクロン現大統領が優勢 テレビ討論でルペンを圧倒

エコノミスト(英国)
“The

7カ月前、エマニュエル・マクロンはマルセイユのパレ・デュ・ファロの庭園に立ち、旧港の陽光を背景に、こう宣言した。"マルセイユで成功できなければ、フランスを成功させることはできない "と。4月16日、現職大統領は再び同じ荘厳な舞台で、4月24日に行われるフランス大統領選挙の最終投票前の最初の集会に参加した。地中海に面したこの都市は、第1回投票でマクロンに投票せず、急進左派のジャン=リュック・メランションを支持した。そのため、大統領は敵地に乗り込んだことになる。しかし、反骨精神にあふれたこの街に戻ってきたことで、マクロンは「マルセイユで勝てば、フランスを制することができる」と言っているように思えた。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン