上海、感染拡大で再封鎖の恐れに怒りが渦巻く

上海でコロナ感染が再拡大し、新たな封鎖の恐れに怒りが渦巻いている。新たな亜種の発見で患者数が2桁に戻った。住民の日常必需品の大量購入が再開、企業は業績回復から遠ざかっている。

上海、感染拡大で再封鎖の恐れに怒りが渦巻く
Photo by Yiran Ding

(ブルームバーグ) -- 上海市では、コロナウイルス感染症の感染者数が増加し、2カ月にわたる苦難の試練から5週間足らずで再びロックダウンに陥るのではないかとの懸念が高まり、住民に緊張が広がっている。

月曜日には59人が新たに感染したと報告され、4日連続で50人以上の感染者が出ている。約1週間前の1桁台から急上昇したのは、オミクロン株亜種のうちより感染力の強い「BA.5」が検出されたためで、金融街の16地区のうち9地区と、その他の地域で今週火曜日から木曜日にかけて2回の集団検査が実施された。

中国では、他の地域で患者数の増加に拍車をかけている亜種の登場により、全国的に感染が拡大し、ゼロ・コロナの厳格な取り組みが再び試されている。すでに全国で3,000万人近くが感染を食い止めるために何らかの移動制限を受けているが、当局はこれまでのところ、主要経済圏での厳しい締め付けを避けている。

全国では月曜日の患者数は347人と報告されている。河南省に集団感染が発生し、73人の感染者を記録した。製鉄地帯の都市で舞陽鋼鉄の本拠地である武漢は1件の感染で、3日間閉鎖された。香港とマカオに接する広東省では、42人が感染した。

中国のベンチマークであるCSI300指数は、上海で再びロックダウンの恐れがあるため、月曜日に1.7%下落した後、火曜日の取引開始時に約0.2%上昇した。

上海の住民にとっては、先月ウイルスに勝利したと宣言したばかりだが、何度も繰り返された検査と個々の住居の閉鎖は、つらい記憶をよみがえらせている。4月から5月にかけて、人々は家に閉じこもり、食料や医療を手に入れることができず、経済的にも大きな打撃を受け、ここ数年で最も強い反体制感情を引き起こしたのである。

患者数が再び増加し、当局は閉鎖が近づいているという憶測を否定しているため、中国をポスト・パンデミック世界から孤立させた戦略であるゼロ・コロナの最も厳しい教義に戻る可能性は、2,500万人の都市全体で話題になっている。

「6月に入り、景気回復の兆しが見えるたびに、コロナ菌が再燃している。呪われているようだ」と上海のタクシー運転手、崔は言った。「毎日が赤字だ。毎日が赤字で、もう長くはもたないだろう」。

6月に入って上海の封鎖が緩和されても、その月の営業は通常の30%程度で、タクシーの賃貸料をまかなうには不十分だという。「もし、中国全土の市民が飢え死にしたら、政策担当者はどう思うだろう」と彼は言う。

40歳の建築家、マギー・シューは、組織化することで増加する症例数に対応している。

シューは8キロの米、30ロールのトイレットペーパー、食用油の大瓶、塩と砂糖の袋を注文した。前回の封鎖の際、シューは上海の浦東地区にある彼女の屋敷で住民のためにグループ購入を組織した。公式の配達がなくなったため、食料品を手に入れる重要な方法だった。

「合理的に考えれば、再び街全体が封鎖されることはないだろう。社会的混乱が起きるのは間違いないが、私を含め人々の間に恐怖が広がっている」と彼女は言う。「毎日が不安でたまらない。明日は家に閉じ込められるのか、それとも隔離されたホテルに送られるのか、わからない。何の予定も立てられない」

中国は、コロナの陽性患者とその近親者を政府が運営する隔離施設に送る。これは、武漢で発生した最初の集団感染で早くも磨かれた戦略の主要な考え方だ。しかし、世界の他の国々がパンデミックから立ち直る中、中国は、習近平国家主席が西洋の「横着」と呼ぶやり方を否定し、現在進行形で筋金入りのアンチウイルス方法をとる異常者となったのだ。

上海のいくつかの地域では、感染者、または陽性となった人の密接な接触者が検出されると、当局が建物を封鎖するロックダウンの現実がすでに起こっている。

上海東部のある団地では、7月10日夜、市外への出張中に陽性反応が出た居住者がいたため、封鎖すると当局から通達があった。住民の一人によると、この命令は高校入試を控えた受験生を混乱させるという反発を呼んだ。

また、陽性者は7月8日からこの集合住宅を出ており、この集合住宅の居住者は2日前から全員陰性であることを指摘し、集合住宅全体を封鎖する論理に疑問を投げかける人もいた。

上海中心部にある4,000人以上が住む集合住宅は、1人の患者が発見された後、7月7日から封鎖されている。感染者と同じ建物に住む住民は1週間アパートに閉じこもり、それ以外の人は敷地内から出ることを禁じられている。4回にわたるPCR検査でさらなる患者が発見されれば、ロックダウンは延長される予定だ。

住民のためのWeChatルームで監禁が発表されると、一部の人々は怒りと不信感で反応した。

「もういい、もういい」と、ある投稿があった。「我々は、この4ヶ月間で十分に馬鹿げた動きをした」

「コロナ制圧政策は、現場で過剰に実施されている。誰が我々の人権を気にするんだ」とその投稿は問いかけた。

Bloomberg News. Anger in Shanghai as Covid Return Spurs Fear of New Lockdown.

© 2022 Bloomberg L.P.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)