ジャクソンホール会議でのパウエル氏の「次の一手」に注目が集まる
2022年7月27日(水)、米ワシントンD.C.で開催された連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で発言する米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長。Ting Shen/Bloomberg

ジャクソンホール会議でのパウエル氏の「次の一手」に注目が集まる

ジェローム・パウエル氏が金曜日の米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策に関する講演で何を話すか、確実なことは誰も知らない。しかし、1つだけはっきりしているのは、市場全体に衝撃が走る可能性が非常に高いということだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ジェローム・パウエル氏が金曜日の米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策に関する講演で何を話すか、確実なことは誰も知らない。しかし、1つだけはっきりしているのは、市場全体に衝撃が走る可能性が非常に高いということだ。

株式、債券、コモディティ...すべてが足並みをそろえて動き、その統一的な変動は、中央銀行が景気後退を引き起こすかどうかという見方だけにほぼ依存している。経済データとFRB高官の発言への執着は、バークレイズPLCが追跡するクロスアセット相関の指標をほぼ2倍にし、過去17年間で最も高いレベルにまで引き上げている。

パウエル議長がインフレ対策として金融引き締めを継続する決意を改めて表明するとみられるジャクソンホールのシンポジウムに向けて、投資家のセンチメントは変化している。株式と債券は、過去2ヶ月の大半をラリーモードで過ごした後、6月以来最悪の協調売りを演じたばかりである。

賭け金が上昇している。例えば、ヘッジファンドは先物市場で両資産に対して大量の弱気ポジションを構築しており、これは弱者がタカ派的なメッセージに対して準備している可能性を示している。厳しい口調は、すでに株価と通貨が低迷しているアジアなどの海外市場からの資本逃避をさらにあおる可能性もある。

「パウエルは、そのコミュニケーションにおいてワイルドカードのような存在であり、彼が何を発表するかは誰にも分からない」とフェデレイテッド・ヘルメスのファンドマネジャー、スティーブ・キアバローネ氏は、「だから、機敏に、どちらに転んでも対応できるように準備しておく必要がある。これはマクロ主導の市場なのです」。

金融市場が今ほど同調したことはない。

資産全体において、最大の焦点はインフレの軌跡とそれに対処するFRBの計画である。中央銀行が過去数十年で最も積極的な利上げサイクルに着手しているため、国債は安全な避難場所としての地位を揺るがされている。利回りの急激な上昇と下落(2022年は過去10年で最も激しい年になりそうだ)は、市場のストレス源となり、時には投資家にリスク志向を抑制することを余儀なくされた。

ボラティリティの上昇と同時に、市場の動きがこれほど一致したことはない。バークレイズは、地域や資産クラスを問わず12本の上場投資信託(ETF)を追跡調査した結果、6カ月間の相関関係が今年初めの0.19から0.34に上昇したことを確認した(この数値が1であれば、両者の動きが一致していることを意味する)。

また、ジャクソンホールで開催された過去の中央銀行の会合と比較したところ、異常があることも判明した。株式やクレジットなど、歴史的にこのイベントへの感応度が低い市場は、オプション市場でより大きなインプライド・ボラティリティを織り込んでおり、警戒感を示している。一方、政策変更に敏感な国債は、あまり問題視されていない。

ステファノ・パスカル氏らバークレイズのストラテジストは今週のメモで、「不一致はジャクソンホールの脚本をひっくり返す」と書いている。「リスク資産は現実を直視する必要がある」

ワイオミング州で2日間にわたって開催される同会議でのパウエル議長の講演は、FRBの金融引き締めがどこまで進むかを見極める手がかりとして注目される。インフレとの戦いはまだ終わっていないと政策当局が最近繰り返し警告しているにもかかわらず、投資家は利上げの一時停止または反転が近いという確信をほとんど持ち続けている。

6月中旬のFRBによる75bp(ベーシスポイント)の利上げ決定直後から、株式と債券がシンクロして上昇し、中央銀行が目指すものとは相反する金融環境の緩和に寄与している。金利の上昇と資産価格の下落によって、過熱した需要を抑制するという、中央銀行の目的とは相反する金融環境の緩和をもたらした。

ある意味、市場はFRBが正しく経済を予測する能力を疑っているのかもしれない。1年前のジャクソンホールでは、パウエルはインフレは一過性のものであるという中央銀行のメッセージに固執したが、この判断は間違っていたことが判明した。

大きな利上げにもかかわらず、金融情勢は6月中旬以降緩和している

パウエル議長は市場の期待をリセットしようとするだろうが、JPモルガン・チェースのチーフグローバルマーケットストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏は、FRBがタカ派路線を長く続けることができるのか懐疑的である。コモディティ・スーパーサイクルとコロナからの回復に牽引された猛烈なインフレは、時間が経つにつれて自然に収束していくだろうとの見方である。

コラノビッチ氏は今週のノートで、「インフレは歪みが薄れるにつれて自ずと解決し、FRBが軸足を移す可能性が高いとの見方を変えていない」と書いている。「今週のジャクソンホール会議でのパウエル議長の発言では、次の一手の大きさについて手の内を明かすことはないだろう。それは今後のリリース次第だが、ハト派的な政策転換が近いという考えには反発してくると思われる」。

もっとも、コロナ以降の予測は不可能に近い。深刻な景気後退か、ソフトランディングか。誰も高い信頼性を持って予測することはできない。そのため、多くのマネーマネジャーは、マーケットへのエクスポージャーを減らし、資金をキャッシュで保有するようになった。

「ジャクソンホールは、深く考え、大きなアイデアを出す場であり、市場を動かすべきではない」と、State Street Global Marketsのストラテジスト、フレッド・グッドウィン氏は言う。「しかし、我々はパンデミック後の世界にいる。インフレは異常で、政策は狂ったように引き締まり、投資家を神経質にさせている」。

(第4段落で海外市場のリスクを更新)

Lu Wang. Lockstep Markets Primed for All-or-Nothing Powell Sweepstake.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ