中国のジャンク債が過去最低水準に、不動産危機の拡大で
2022年8月17日(水)、中国・重慶のビル群。 Source: Bloomberg

中国のジャンク債が過去最低水準に、不動産危機の拡大で

中国のドル建てジャンク債は、過剰な借り入れの取り締まりと住宅販売の落ち込みに端を発した不動産債務危機が好転する兆しが見えないことから、過去最低水準に落ち込んでいる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- 中国のドル建てジャンク債は、過剰な借り入れの取り締まりと住宅販売の落ち込みに端を発した不動産債務危機が好転する兆しが見えないことから、過去最低水準に落ち込んでいる。

不動産会社が発行するこの債券の平均価格は、クレジット・トレーダーによると、火曜日に1ドルの価値に対して1〜2セント下落した。このため、月曜日につけた過去最低の55.7セントを下回ることになった。

この下落は、かつて世界で最も収益性の高い債券取引の一つであったものが、崩壊してしまったことを強調している。2020年に始まったレバレッジと不動産投機の全国的な締め付けが、昨年、巨大不動産会社である中国恒大集団を含む開発業者による記録的な債務不履行に雪崩れ込んだ後、すべてが解明され始めたのである。中国のハイイールド債は現在、2021年のピークから55%以上という記録的な下落率に見舞われている。

中国ハイイールド指数の下落率が過去最高の55%に到達

中国は、世界の他の国々と同様、多くの都市住民にとって法外な価格となっている住宅価格を引き下げようとしている。中国当局は、不動産市場の冷え込みが経済全体にさらなる打撃を与えないようにしながらも、借り手が救済されるという前提から市場を引き離そうとしている。一部のデベロッパーはプロジェクトを未完成のまま放置し、一部の住宅購入者は前例のない住宅ローンのボイコットまで始めている。

中国のドル建てジャンク債、8月に記録した史上最低値を更新

習近平国家主席は第20回共産党大会の開幕を告げる日曜日の演説で、住宅市場政策と、この分野の妨げにもなっているコロナ規則について、大きな変化の兆候はほとんど示さなかった。金融規制当局は最近、国内最大の国有銀行に対し、今年最後の4ヶ月間に、低迷する不動産部門に少なくとも6,000億元(約124兆円)の純融資を行うよう指示した。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の大中華圏エコノミストであるRaymond Yeungは、火曜日にBloomberg TVで、「唯一の解決策は、政府の大きな関与だ。例えば、地方政府が民間開発業者から資産を購入することだ」と述べた。

同時に、地方政府はプロジェクトの実施を確実にするため、より多くの債券を発行して資金を確保する必要があると、Yeungは付け加えた。「これは、今後数年間に予想される政策の方向性です。政府の関与や救済がなければ、出口は見えない」。

弱体化する底値|今月は中国ジャンクドル債が20セント以下に下落するケースが増加

住宅販売の低迷が続く中、投資家はそのような更なる政策的措置に警戒している。8月には政府の一連の支援策により、過去10年間で最大の月間上昇率を記録したが、この上昇も今年に入ってからは他のものと同様に色あせている。そして、最近の動向は、市場が当初歓迎していた取り組みでさえ、それだけでは痛みを食い止めるのに十分でないことを示している。

上海に本社を置くCIFIホールディングスは、今月初めに香港ドル建ての転換社債の利払いを怠り、債務不履行に陥った。CIFIは、国家保証を利用して一部のデベロッパーの国内資金調達を支援するという、8月に登場した北京による新たな救済策の成功を示すバロメーターと考えられていたため、特に心配されたのである。

中国のデベロッパーの株価もまた、低迷している。ブルームバーグ・インテリジェンスの同セクターに関する指標は先週、2012年1月以来の最低値を記録した。

--取材協力:John Cheng, Dorothy Ma, Haidi Lun, Shery Ahn.

Lorretta Chen. Chinese Junk Bonds Set Record Low as Property Crisis Spreads.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:株式会社アクシオンテクノロジーズ