投資家は1.5度の気候目標に7.1兆ドルの資産投入を決定
カリフォルニア州メンドシーノ郡の干ばつ時にイーストフォーク・ロシアンリバーを越えるハイウェイ20号の交通。デビッド・ポール・モリス/ブルームバーグ

投資家は1.5度の気候目標に7.1兆ドルの資産投入を決定

アリアンツ、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)、チューリッヒ保険グループを含む年金基金と保険会社の連合は、温暖化を1.5度に抑えるというパリ協定の目標に沿って7兆1,000億ドルの資産を運用することを約束した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- アリアンツ、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)、チューリッヒ保険グループを含む年金基金と保険会社の連合は、温暖化を1.5度に抑えるというパリ協定の目標に沿って7兆1,000億ドルの資産を運用することを約束した。

国連が設立したネット・ゼロ・アセットオーナー・アライアンスは、74の加盟企業のうち44社が2025年の目標を設定し、昨年の29社から増加したと火曜日に声明で発表している。アライアンスには、アビバ、アクサ、スイス再保険も含まれ、合計で10.6兆ドルの資産を管理している。これらの企業は、加盟後12ヶ月以内に5年間の目標を採択しなければならず、2050年までにポートフォリオ全体でネットゼロエミッションを達成することが期待されている。

投資家と保険会社は、資本と損失補償の提供者として、その資金力を利用して、より環境に優しい世界経済への移行を促進することができる。高炭素企業株の売却、クリーンエネルギー事業への出資、既存のポートフォリオ企業の炭素排出量の大幅な削減を推進することで、それを実現することができる。このような意思決定のスピードと規模は極めて重要である。科学者によれば、気候変動による壊滅的な影響を避けるためには、2030年までに世界の温室効果ガス排出量を半減させる必要があるとのことだ。

今年の進歩は、ウクライナ戦争と世界的なエネルギー危機のために注目される、とアライアンスの議長であるグンター・タリンガーはインタビューで述べた。

「今日の世界では、エネルギー市場に関して多くの緊張があり、何かをする可能性が全くないわけではありませんが、ここに、目標を設定し、その目標に対して業績を上げた投資家のグループがあります」とタリンガーは述べた。「彼らは、投資先企業を変えることで、単純に排出量を減らしているのです」。

もう一つの進展の兆候として、クリーンテクノロジーやグリーンインフラといったいわゆる気候ソリューションへのメンバーの投資は、2021年の870億ドルから今年は2530億ドルとほぼ3倍に増加したと同盟は発表している。

同グループは、目標設定のアプローチをより強固なものにしようとしている。1月には、スコープ3(資金調達による排出)を含め、10年後までに二酸化炭素排出量を49%から65%削減することを加盟企業に求めると発表した。 スコープ3の排出量は、企業の幅広いバリューチェーンから発生するものだ。通常、投資家の排出量の95%から97%を占め、特に抑制が困難とされている。

1.5℃の目標達成を支援することは、気候変動対策として必須であると同時に、賢明なビジネスであると、資産家たちは報告書で述べている。「金融システムの将来は、投資、引き受け、融資を通じて促進される排出量に責任を持つことにこそかかっている」と、同グループは述べている。

Alastair Marsh. Investors Commit $7.1 Trillion of Assets in Pursuit of 1.5°C Climate Goal

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ