インド、中国から工場を奪う180兆円インフラ計画に着手
2021年10月、ニューデリーで行われた「PM Gati Shakti」の発表会で演説するモディ首相。Source: Arvind Yadav/Hindustan Times/Getty Images

インド、中国から工場を奪う180兆円インフラ計画に着手

インドでは、インフラプロジェクトの半分が遅れ、4つに1つは見積もり予算をオーバーしている。ナレンドラ・モディ首相は、こうした長年の悪名高いボトルネックを解決するのはテクノロジーだと考えている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- インドでは、インフラプロジェクトの半分が遅れ、4つに1つは見積もり予算をオーバーしている。ナレンドラ・モディ首相は、こうした長年の悪名高いボトルネックを解決するのはテクノロジーだと考えている。

モディ政権は、100兆ルピー(約177兆円)のメガプロジェクト「PM Gati Shakti」(ヒンディー語でスピードの強さを意味する)で、16の省庁を統合したデジタルプラットフォームを構築している。このポータルサイトは、投資家や企業に対して、プロジェクトの設計、シームレスな承認、コストの容易な見積もりなどのワンストップソリューションを提供する予定だ。

商工省の物流担当特別補佐官であるアムリット・ラル・ミーナは、ニューデリーでのインタビューで、「時間超過やコスト超過なしにプロジェクトを実施することが使命だ」と述べている。「グローバル企業がインドを製造拠点として選択することが目的です」。

特に、中国がまだほとんど対外的に閉鎖的で、企業が事業やサプライチェーンを多様化するために、他の国に進出したり、他の国から調達したりするチャイナ・プラス・ワン政策を採用する傾向が強まっているため、プロジェクトを迅速に進めることがインドにとって有利になる。アジア第3の経済大国であるインドは、安価な労働力を提供するだけでなく、主に英語を話す労働者の人材プールも提供している。しかし、インフラが脆弱なため、多くの投資家が敬遠している。

予算オーバー|インドのプロジェクトは、当初の計画より5兆ルピー多くかかる可能性がある。

「中国と競争する唯一の方法は、各国の政治的な要求があることは別として、できる限りコスト面で競争力をつけることです」と、A.T.カーニー・インドのパートナーで、輸送とインフラの実務をリードするアンシュマン・シンハは述べている。「Gati Shaktiは、国土を縦断する商品や製造部品の流れをより簡単にするためのものです」。

このプロジェクトの重要な柱は、今はまだ存在しない新しい生産拠点を特定し、それらの拠点を国内の鉄道網、港湾、空港とシームレスに結びつけることだとシンハは言う。「Gati Shaktiは、ノード(節)を特定し、そのノードを結ぶ物流網を強化することで成り立っているのです」。

インドが停滞しているインフラプロジェクトを解消するためには、テクノロジーによってお役所仕事を減らすことが重要だ。ミーナによると、Gati Shaktiのコントラクターが現在管理している1,300のプロジェクトのうち、約40%が土地取得、森林、環境に関するクリアランスの問題で遅れ、コスト超過に陥っている。少なくとも422のプロジェクトに何らかの問題があり、そのうち約200のプロジェクトで問題が解決された。

インドへの投資を促進する政府機関によると、Gati Shaktiの下では、例えば、新しく建設された道路が電話ケーブルやガスパイプラインを敷設するために再び掘り返されることがないように、政府がテクノロジーを利用することになる。政府機関であるインベスト・インディアによると、この計画は、第二次世界大戦後のヨーロッパ、あるいは1980年から2010年の間に中国が行ったようなインフラプロジェクトのモデルを想定しており、国の「競争指数」を高めることを目的としている。

「今日のインドは、近代的なインフラ整備のためにますます多くの投資を行うことを約束し、プロジェクトが障害に直面して遅れることがないようにあらゆる手段を講じています」と、モディは昨年のプログラム発足時のスピーチで述べている。「質の高いインフラは、さまざまな経済活動を活性化させ、大規模な雇用を創出するための鍵です。近代的なインフラがなければ、インドでは全面的な発展は望めません」。

スケジュールの遅れ|インドで毎年完成するプロジェクトの金額は減少している。

実際、統計・計画実施省のウェブサイトに掲載されているデータを見ると、遅れているプロジェクトや予算オーバーのプロジェクトが、大流行後の世界における国の経済回復に支障をきたしていることがわかる。5月の時点で、インドには合計1,568のプロジェクトがあり、そのうち721が遅延し、423が当初の実施費用を超過していた。

2014年に政権に就いて以来、モディ氏は新たな雇用を創出し、コビド19感染の攻撃的な波に襲われた経済を強化するために、インフラへの支出を増やしてきた。モディ氏は早くも成功を収めている。

Appleは現在、iPhone 14を中国から最初に発売してから約2カ月後にインドで製造を開始する予定であり、Samsung Electronicsは2018年に世界最大の携帯電話工場を同国に開設した。国産のOla Electric Mobilityは、世界最大の電動スクーター工場を現地で建設すると公約している。

また、政府はGati Shaktiポータルを利用して、ラストマイルとファーストマイルの接続性におけるインフラのギャップを発見していると、ミーナは述べている。

石炭、鉄鋼、食品の輸送に必要な港湾の接続性を高め、ギャップを埋めるために196のプロジェクトに優先順位をつけている、と同氏は述べた。道路交通省は、2022年までに83,677キロメートル(52,005マイル)の道路を建設するという政府の1060億ドル規模のバラットマラ計画の下、11のグリーンフィールドプロジェクトの設計にこのポータルを使用している。

「さらに、近代的な倉庫、プロセスのデジタル化、熟練した人材、物流コストの削減に重点を置いています」と、ミーナは言う。「製造業にとって、インドを製造拠点として選ぶことは、待望の決断となるでしょう」。

-- Vrishti Beniwalの協力によるものです。

Ragini Saxena, Debjit Chakraborty. India Has a $1.2 Trillion Plan to Snatch Factories From China.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ