減速するグローバリゼーションは新たな攻撃にさらされている
Licensed under the Unsplash+ License

減速するグローバリゼーションは新たな攻撃にさらされている

エコノミスト(英国)
“The

通商担当の大臣が大げさなことを言うのはあまり知られていない。しかし、韓国産業通商資源部の安徳根(アン・ドクグン)通商交渉本部長は警鐘を鳴らしている。世界はパンドラの箱を開ける寸前だと、先月、彼は警告した。もしEUが米国の保護主義的な産業政策を真似れば、「日本、韓国、中国、すべての国が、グローバルな貿易ルールを無視するという、非常に難しい競争に参加することになるでしょう」。何十年もかけて丹念に交渉された貿易と投資の国際システムは、根底から覆されることになるだろう。

かつて商務次官として米国の輸出規制を監督していたウィリアム・レインシュも、同じようにぶっきらぼうに言う。米国は常に他の経済大国に対して技術的な優位性を保ちたいと考えてきたと彼は言う。しかし、最近は新しい方法でその目標を追求している。『より速く走る』政策から、『より速く走り、相手を翻弄する』政策に移行したのです」。大国は、少なくとも彼らが戦略的と定義する広範な産業における経済の進歩を、ゼロサムの観点から見るようになりつつある。世界の繁栄への影響は計り知れない。

米国のジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、9月の講演で、この「隣人を乞食にする」アプローチの基本的な考え方を明言した。サリバンは、中国や他のライバルに対して技術的に優位に立つだけでは、もはや十分ではないと主張した。その代わりに、チップ製造、量子コンピュータ、人工知能、バイオテクノロジー、クリーンエネルギーなどの分野で、「可能な限り大きなリード」を追求する必要があるという。そのためには、米国は賢い人々を迎え入れ、イノベーションを促進するだけでなく、中国やロシアといった国々の技術的進歩を阻害することも必要だ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン