ウォーホルの「マリリン」が1億9,500万ドルで米アーティストの記録を更新
1964年のアンディ・ウォーホルのシルクスクリーン「ショットセージブルーマリリン」が2022年5月9日(月)にニューヨークのクリスティーズでオークションにかけられた。この作品はニューヨークのクリスティーズで約1億9500万ドルで落札され、アメリカの美術品としてオークションで達成された最高額となりました。(Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc./Artists Rights Society (ARS), NY; Jeenah Moon/The New York Times) EDS.: CREDIT IS MANDATORY

ウォーホルの「マリリン」が1億9,500万ドルで米アーティストの記録を更新

アンディ・ウォーホルが1964年に制作したこの女優の顔のシルクスクリーン「Shot Sage Blue Marilyn」は、クリスティーズにおいて4分足らずの入札で約1億9,500万ドルで無名の買い手に売却され、アメリカの美術品としてはオークション最高額となった。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Robin Pogrebin]ニューヨーク- 映画『セブン・イヤー・イッチ』でマリリン・モンローのドレスが舞い上がったような、きわどい画像ではないかもしれないが、それは月曜日の夜、最も高価な画像となった。

アンディ・ウォーホルが1964年に制作したこの女優の顔のシルクスクリーン「Shot Sage Blue Marilyn」は、クリスティーズにおいて4分足らずの入札で約1億9,500万ドルで無名の買い手に売却され、アメリカの美術品としてはオークション最高額となった。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン