インドにチップ生産のための200億ドルの投資提案が届く
2022年1月31日(月)、インド・ニューデリーの国会議事堂で行われた予算委員会の初日に、記者会見を行うインドのナレンドラ・モディ首相。モディ政権は、これまで経済を支えるために多くのことを行ってきた中央銀行が、パンデミック時代の刺激策の一部を縮小し始めたことで、成長を支える必要性に迫られている。Photographer: T. Narayan/Bloomberg.

インドにチップ生産のための200億ドルの投資提案が届く

【ブルームバーグ】政府の発表によると、インドは半導体ファブやディスプレイファブを現地で製造するために、5社から205億ドル相当の提案を受けたという。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】政府の発表によると、インドは半導体ファブやディスプレイファブを現地で製造するために、5社から205億ドル相当の提案を受けたという。

フォックスコンと合弁のヴェダンタ、シンガポールを拠点とするIGSS Ventures、ISMCなどの企業は、5G機器から電気自動車まで幅広い製品に使用されるチップの製造に136億ドルの投資を提案した。この3社は、政府のインセンティブプランに基づき、56億ドルの支援を求めている。

インド電子情報技術省は声明の中で、「半導体およびディスプレイ製造のこのグリーンフィールド分野では、申請書の提出に積極的なタイムラインが設定されているにもかかわらず、このスキームは良い反応を引き出している」と述べている。

さらに、VedantaとElestの2社は、ディスプレイ工場の製造に67億ドル相当の提案書を提出し、政府に27億ドルの助成金を要求しているとのことだ。

南アジア諸国の半導体市場は、2020年の150億ドルに対し、2026年には630億ドルに達すると予測されている。この奨励金制度は、経済における製造業のシェアを高め、パンデミックに起因する減速を回復させるためのNarendra Modi首相による取り組みだ。今回の奨励策は、世界的なチップ不足が2023年初頭まで続く可能性が高く、2022年には需要が長期予想を上回る可能性があるという予測の中で発表された。

Shruti Srivastava. India Gets $20 Billion in Investment Proposals for Chip Production. © 2022 Bloomberg L.P.