アマゾン、基本給の上限を2倍へ 16万ドルから35万ドル
ワシントン州シアトルにあるアマゾン本社キャンパスの一部である「Amazon Spheres」/ photo: Chona Kasinger/Bloomberg

アマゾン、基本給の上限を2倍へ 16万ドルから35万ドル

アマゾンは、ブルームバーグが確認したメモの中で、7日に従業員に対し「今年は特に労働市場の競争が激しかったため、通常の年よりも大幅に報酬水準を引き上げることを決定した」と伝えた。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】アマゾンは、ブルームバーグが確認したメモの中で、7日に従業員に対し、「今年は特に労働市場の競争が激しかったため、様々な選択肢を徹底的に分析し、当社の事業の経済性と優秀な人材の獲得・維持のために競争力を維持する必要性を考慮した結果、通常の年よりも大幅に報酬水準を引き上げることを決定した」と述べている。

また、アマゾンは、世界各地のほとんどの職種の報酬範囲を拡大し、昇進に合わせて株式付与のタイミングを変更するとしている。

多くの大企業がそうであるように、アマゾンも近年、従業員の雇用と維持に苦労している。同社は、基本給が低くても労働者を惹きつけることができると考え、長年にわたって株式報酬に頼ってきた。しかし、2021年の株価はS&P500が27%上昇したのに対し、自社株はわずか2.4%の上昇にとどまり、この戦略は魅力を失っていった。メディアの報道によると、アマゾン内部の離職率は危機的レベルに達しており、昨年は過去最高の50人のバイスプレジデント(課長レベル)が離職したという。

アマゾンの給与引き上げについては、先にBusiness Insiderが報じている。電子商取引の大手であるアマゾンは、時給制の倉庫作業員や年俸制のオフィススタッフを含め、12月31日時点で全世界で160万人の従業員を雇用している。アマゾンは、月曜日に発表された給与の引き上げを受ける従業員の数については言及していない。

アマゾンは倉庫作業員に最低でも時給15ドルを支払っており、9月にはこれらの従業員の平均賃金を時給18ドルに引き上げたと発表した。パンデミックの間、同社は物流業務に多額の費用を投じ、数十万人を雇用し、新入社員にボーナスを支払ってきた。

投資家は、アマゾンのコスト上昇を警戒していたが、先週、同社が好調な第4四半期を報告し、プライム会員の年間契約額が20ドル増の139ドルになると発表したことで、安堵したようだ。アマゾンの株価は金曜日に約14%上昇し、月曜日の午後1時35分にはさらに1%上昇して3,174.47ドルになった。

By Spencer Soper

Feb 8, 2022, 2:32 AM - Updated on Feb 8, 2022, 3:41 AM

© 2022 Bloomberg L.P.