テスラ、過去最高益を達成、2022年の生産量も大幅増を見込む
2022年1月26日(水)、米カリフォルニア州コルマにあるテスラの販売店。半導体不足による車両在庫の制約が続くため、今年の米国自動車販売台数はわずか3.4%増の1540万台となると自動車ディーラーは予測している。

テスラ、過去最高益を達成、2022年の生産量も大幅増を見込む

テスラは、電気自動車への強い需要に支えられ、予想を上回る第1四半期決算を発表した。イーロン・マスクは、サプライチェーンの課題にもかかわらず、残りの期間も生産量は速いペースで増加すると予測している。

ブルームバーグ

テスラは、電気自動車への強い需要に支えられ、予想を上回る第1四半期決算を発表した。イーロン・マスク氏は、サプライチェーンの課題にもかかわらず、残りの期間も生産量は速いペースで増加すると予測している。

米国の主要自動車メーカーで初めて1~3月期の決算を発表したテスラは、予想を軽々と上回り、過去最高益を記録した。しかし、半導体などの部品供給が世界的に滞っているため、主要部品の供給不足と価格上昇によって生産が制約されていることは、自動車メーカーにとってよくあることだと警告している。

しかし、マスク最高経営責任者(CEO)は、テスラは上海の工場でのコロナウイルス関連の操業停止による上半期の生産不足を補うことができるはずで、今年の生産台数は150万台以上に拡大する予定であると述べた。2021年には約93万6千台を納車した。

「我々は帽子からウサギを引き出すかもしれない」とマスクは水曜日に電話会議で述べた。「第3四半期と第4四半期は大幅に増えるだろう」

0:00
/

テキサス州オースチンを拠点とする同社は、前四半期の2倍以上となる総額6億7900万ドルの規制クレジットの販売など、最初の3カ月間で利益と収益の大幅な増加を記録した。テスラは、他の自動車メーカーがより厳しい排ガス規制を遵守できるようにするゼロカーボン・クレジットの販売を通じて、数十億ドルを生み出している。しかし、最高財務責任者(CFO)のザック・カークホーンによると、このクレジット収入のほとんどは、米国の排ガス規制強化に関連した2億8800万ドルの一時的な利益によるものだ。

その特別な後押しがなければ、「クレジット収入は前年同期に比べて減少していただろう」と、CFOはアナリストに語った。

テスラは、バッテリー駆動車の需要増に対応するために多くの自動車メーカーがEVを発売するため、クレジット収入は時間の経過とともに縮小する見込みであると繰り返し述べてきた。しかし、ライバルの自動車メーカーは、バイデン政権が厳しい燃費基準によってこのシフトを早めようとしているにもかかわらず、テスラに大きく遅れをとっているのが現状だ。

ループ・ベンチャーズのマネージング・パートナーであるジーン・マンスター氏は、「EVの大量販売に関して、他の自動車産業がどこにいるのかを物語っている」と述べている。「彼らはまだテスラの後ろにいる」

テスラの株価は、市場取引後に7.1%上昇し1,046.99ドルとなった。ニューヨーク市場の終値では5%下落し、977.20ドルとなった。

テスラは時価総額1兆100億ドルと、依然として世界で最も価値のある自動車会社だが、主要部品の世界的な不足が懸念される中、株価は今年に入って7.5%下落した。しかし、同社は、ゼネラルモーターズやフォード・モーターなど、販売台数の多いライバル企業よりも健闘しており、その株価はそれぞれ29%、23%下落している。

四半期利益

マスク氏の電気自動車とクリーンエネルギーの会社の利益は、いくつかの項目を除いて、1株当たり3.22ドルだったと水曜日に発表した。これはアナリストの予想平均2.27ドルを上回った。売上高は、予想の179億ドルに対し、188億ドルに増加した。

利益率の高い車両の販売増とコスト削減により、テスラの自動車部門の売上総利益率は32.9%に改善された。クレディ・スイスのアナリストで、株価を「アウトパフォーム」と評価するダン・レヴィ氏は、テスラの利益率向上は「ポジティブ・サプライズ」であり、コストを抑えて販売を促進する能力に良い兆しをもたらすと述べた。

「テスラは最終的にコスト改善を低価格車の資金源にすると思われるので、コスト改善は非常に重要だ」と彼はリサーチノートに書いている。

その結果、四半期末時点で現金および現金同等物の合計が180億ドルに達する軍資金が積み上げられた。また、テスラは負債を減らし続けており、車両やエネルギー製品への融資を除いた四半期末の負債残高は1億ドル未満となっている。

EV市場の世界的リーダーであるテスラは、3大陸で事業を拡大しており、カリフォルニアと上海の既存工場に加え、オースティンとベルリンに新しい工場を建設している。これにより、年間50%の成長という目標を達成する、あるいはそれを上回ることが期待されている。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

爆弾発言はなし

マスク氏は電話会議で爆弾発言は控え、ソーシャルメディア企業であるTwitter社に未承諾のオファーを出して以来、多くの憶測を呼んでいる430億ドルの買収資金の調達計画についても質問されなかった。

テスラは以前から、顧客が自分の車を運転手のいない車の群れに変えることができると話してきたが、同社は現在、ハンドルもペダルもない、専用のロボットタクシーとなる新型車を開発中である。マスク氏は、今後2年以内にこの車を発表し、2024年に「量産」を実現すると宣言している。

Dana Hull, Sean O'Kane, Gabrielle Coppola. Tesla Notches Record Profit, Sees Big 2022 Production Gain. © 2022 Bloomberg L.P.