2023年に注目すべき気候科学の数字
2020年4月18日(土)、米オハイオ州コーンズビルのコーンズビル発電所の変電所の後方で、煙突から排出ガスが立ち上がる。

2023年に注目すべき気候科学の数字

2022年は、米国が前例のない気候変動法案を制定し、各国が災害に見舞われた発展途上国を支援し、残された自然界を保護するために2つの国連会議で大胆な措置を講じた年だった。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 2022年は、米国が前例のない気候変動法案を制定し、各国が災害に見舞われた発展途上国を支援し、残された自然界を保護するために2つの国連会議で大胆な措置を講じた年だった。自然エネルギーへの投資は拡大し、電気自動車やヒートポンプの普及も進んだ。しかし、地球の生命統計に関しては、依然として見通しは明るくない。

2023年初頭、私たちはどのような状況にあるのでしょうか。

熱気あふれるスタート

今後数週間のうちに、主要な気候科学研究グループが2022年の世界平均気温に関する結論を発表する予定であり、それは高温になる可能性が高い。世界気象機関が11月に発表した第一次予測では、2022年は記録的な暑さの5位か6位となり、1850年から1900年の平均を1.15℃上回ると予測されている。WMOのカウントによれば、この8年間は世界的な測定が始まって以来最も暑い年となる。

2023年の最初の数日間を見る限り、温暖化のトレンドは続きそうだ。気象学者によれば、今年はヨーロッパの記録上最も厳しい冬の温暖化で始まった。2022年にヨーロッパ大陸が2年連続で夏の暑さの記録を塗り替えた後、元旦にはヨーロッパのいくつかの国で季節の最高気温が記録された。

科学者によると、気温は10年以内にパリ協定の下限である1.5℃を突破する可能性があるという。

1990年以降の世界の暖房|19世紀末の平均気温に対する年平均気温の変化

増加する排出量

気温を上昇させているのは、地球を温暖化させる温室効果ガスの排出量が記録的に増加していることです。化石燃料の燃焼とセメント生産による排出量は、昨年は2021年比で推定1%増加し、36.6ギガトンの二酸化炭素を排出した。これは、パンデミックによって前例のない(しかし一時的な)排出量の減少が起こる前の年である2019年よりさらに高い値であると、毎年推計を行っている国際科学協力団体「グローバル・カーボン・プロジェクト」は述べている。

石油の使用は2022年の増加をリードし、特に航空は、国際旅行がパンデミック前の割合に回復したためである。石油と石炭はともに2021年よりも高い需要で1年を終えた。また、ロシアのウクライナ侵攻により、ヨーロッパではエネルギー危機が発生し、各国はより汚い化石燃料である石炭に頼らざるを得なくなった。このエネルギーショックは世界中に波及し、中国でさえも市場を満足させるために石炭を増産した。

気候科学者は毎年、地球温暖化を国際的に合意された目標値以下に抑えるために、人類が排出できるCO₂の量を「カーボン・バジェット」と呼び、その大きさを更新している。2022年の排出量では、1.5℃の目標達成の可能性が半分になるまでに約9年、2℃の上限を達成する可能性が低くなるまでに30年の猶予が残されている。Global Carbon Projectによると、世界が2050年までに排出量をゼロにするためには、「COVID-19が流行した2020年に観測された減少率に匹敵する」割合で、各国が毎年排出量を削減しなければならないという。

1990年以降の世界の排出量|化石燃料の燃焼と産業からの排出量は1990年から2021年にかけて63%増加した。

自然エネルギーにブームが来ている

自然エネルギーへの投資は今後も拡大すると予想されるが、その拡大がいつ世界の温室効果ガス排出量の減少につながるかは明らかではない。BloombergNEFは、2023年には二酸化炭素を排出しないエネルギーが18%増加すると予測している。2023年には風力、太陽光、電力貯蔵、原子力、地熱が500ギガワット以上増加するはずですが、ネットゼロの軌道に乗るには、2030年までにクリーン電力が年間1.4テラワットに達することが必要だ。

国連の気候変動に関する政府間パネルによる最新のレビューによると、少なくとも18カ国では、10年以上にわたって排出量が減少している。しかし、世界的な数字が地域や国の集計に紛れ込むと、その様相はより複雑になっている。

気候外交の進展

11月、各国の排出率を自国と世界の目標の両方と比較する調査チームClimate Action Trackerは、2021年にグラスゴーで開かれた国連気候会議以降、ほとんど進展がない一方で、2009年以降の国際気候外交システムには驚異的かつ過小評価されている進展があることを明らかにした。

ドイツのNew Climate InstituteでClimate Action Trackerに寄稿している気候政策科学者のNiklas Höhne氏は当時、「2009年以降から現在までの会議というシステムを全体として見た場合、それらは確実に何かを達成した」と述べている。「今、私たちは別の世界にいるのです」。

問題は、その外交が、いつになったら地球の生命統計にとってよりポジティブな読みになるのか、ということだ。

気候の"船のカタログ"

Climate Action Trackerの要約には、39カ国の現在の気候政策のカタログが4ページにわたって掲載されており、それぞれの国が国旗のアイコンで示されている。アルゼンチンは、新しいガスパイプラインの建設と海底石油の探査を進めている。カナダは新しい気候変動対策計画を立てているが、それにもかかわらず、「気候の危機ではなく、心地よい日曜日の午後のような」動きをしている。イランはパリ協定を批准していない。世界のグリーンリーダーである英国は、関連する排出量の40%しかカバーしない政策と、「極めて不十分な」気候変動資金を理由に非難された。

このリストは、退屈な低業績のオンパレードで、非常に古い書物の有名な一節を思い起こさせる。 ヨーロッパの戦時叙事詩『イーリアス』は、冒頭でギリシア軍の指揮官と戦利品を数ページにわたって徹底的にリストアップし、その海軍力を読者に印象づけようとする。いわゆる「船のカタログ」は、叙事詩のリストが物語を語る上で有能な力であることを立証した。

新しい年を迎えて、気候の「カタログ」が、国家の野心を集約した感動的な記述なのか、それとも努力の甲斐なく失敗した風刺なのか、見極めるのが難しくなっている。

Eric Roston. These Are the Climate Numbers to Watch in 2023.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ