2040年までに乗用車の走行距離の約8%を自律走行車が占める
2020年1月、ドライバーレスシャトル「Origin」のプロトタイプを発表するクルーズ共同創業者のカイル・ヴォクト。Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

2040年までに乗用車の走行距離の約8%を自律走行車が占める

ブルームバーグNEF(BNEF)の最新道路交通展望レポートでは、2040年までに乗用車の走行距離の約8%を自律走行車が占めると見ている。将来、自動運転車の走行距離の割合を図にすると、右肩上がりの線が描かれることになる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ブルームバーグNEF(BNEF)の最新道路交通展望レポートでは、2040年までに乗用車の走行距離の約8%を自律走行車が占めると見ている。

この業界の技術開発のペースには大きな不確実性があるため、この数字がはるかに高くなる、あるいは低くなるという予測は容易に見出せる。しかし、これだけは確かだ。将来、自動運転車の走行距離の割合を図にすると、右肩上がりの線が描かれることになる。

より大きなシェアを占める|BNEFは乗用車の移動の大部分をシェアードカー、ロボタクシーが占めると見ている。

このトレンドに対する一般的な信念、そしておそらく健全なFOMOは、2014年以来、民間の自律走行車テクノロジー企業への530億ドル以上の投資に拍車をかけるのに役立っている。自動車メーカーは、その資本の配分を決定する上で重要な役割を担ってきた。自動車メーカーは、自社のベンチャーファンドやM&A部門を通じて直接投資し、技術開発に車両を必要とする自動運転車スタートアップの信用を高めてきた。

私たちは、自動運転車開発の追跡調査の一環として、世界最大の自動車メーカーによる外部投資、ジョイントベンチャー、パートナーシップ、その他の動きに関するデータベースを整備している。これらの活動から得られる最も明白なことは、大多数の大手メーカーが、自動運転に関わるすべての卵を一つの籠に入れることに消極的であるということだ。

Place Your Bets|自動車メーカーと自動運転企業の連携数を追跡する

複数の企業に投資や提携を分散させることは、成功を保証するものではないが、多くの投資家はその方が確率が上がると言う。多様なポートフォリオ理論に加え、自動車メーカーがヘッジしたい理由は他にもある。

自動運転企業の多くは、自動車で技術をテスト・開発しながらも、他の賞も視野に入れている。先週Uberとの提携を発表した自動運転配送会社Nuroは、カスタム配送車が公道を走れるようになるための連邦政府の承認を待ちながら、ソフトウェアの初期イテレーションを自動車でテストしている。

ロボタクシー、自律走行トラック、配送ロボット、あるいは道路清掃車やゴミ収集車といったニッチな車両など、自動運転の用途やビジネスモデルに多様性があれば、投資家として最高の技術を持つ企業を選んだとしても、少なくとも特定の収益を生む活動で早期にスタートを切ることができるようになるかもしれない。

自律走行への投資を分散させるもう一つの理由は、地理的なものだ。ある面では、地域差は障害にならなくなりつつある。例えば、ゼネラルモーターズが支援する新興企業クルーズは、今週、新しい地域に迅速に進出する計画を発表し、フェニックスとテキサス州オースティンに車両を配備した。同社は、新しい都市に到着して3Dマップを記録し、乗客に運転手のいない乗り物を提供し始めることが、すべて90日以内に可能になると予想している。クルーズがこの目標を達成できれば、業界にとって大きな進展となり、自動運転技術がどのように拡張できるかを示す強力な証拠となるでしょう。

地理的な問題は、別の意味でも障害となっている。ある地域で取得したデータを他の地域の開発者と共有することを、自動運転会社に認めたがらない地域も出てきている。この傾向は、当社の自動車メーカー企業戦略データベースでも顕著で、多くの自動車メーカーが欧米の自動運転企業に多額の投資を行い、中国に拠点を置く企業には別途投資を行っている。

他の発展途上産業と同様に、すべての企業が成功するわけではなく、自動運転産業では多くの統合が行われる可能性がある。しかし、特定の用途、地域、ビジネスモデルにおいては、多くの勝者が生まれるだろうし、世界の自動車大手はそのすべてを手に入れたいと考えている。

Andrew Grant. Carmakers Play Numbers Game in $53 Billion Self-Driving Splurge.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ