アルファベットは大金を投じてヘルスケア分野で力をつけている
2022年1月27日(木)、米カリフォルニア州マウンテンビューのグーグル本社にあるアンドロイドのマスコット。Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アルファベットは大金を投じてヘルスケア分野で力をつけている

エコノミスト(英国)
“The

豊かな国々は、心臓が止まるほどの金額を医療に注ぎ込んでいる。先進国は通常、国民の健康維持のためにGDPの約10%を費やし、その割合は人口の高齢化とともに増加している。アメリカの迷宮のような医療産業複合体は、GDPの17%、年間3.6兆ドルを消費している。アメリカの医療制度は、製薬会社、薬局、保険会社、病院、その他、この制度から利益を得ている人々によって維持されており、その重厚さと惰性によって、長い間、崩壊から守られてきた。また、その規模と硬直性から、ハイテク企業がこぞって目をつけているのも事実だ。1兆ドル規模のテクノロジー企業にとって、針を動かすほど大きな潜在的市場を持つ産業は他にほとんどない。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン