マッキンゼーとその仲間たちはかつてなく強力になっている
2021年11月17日(水)、シンガポールで開催されたブルームバーグ新経済フォーラムで講演するマッキンゼー・アンド・カンパニーのグローバル・マネージング・パートナー、ボブ・スターンフェルス。Photographer: Bryan van der Beek/Bloomberg

マッキンゼーとその仲間たちはかつてなく強力になっている

エコノミスト(英国)
“The

ベイン、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、マッキンゼーという経営コンサルティングの頂点に立つ3社のCEOは、日陰で活動することに慣れきっている。しかし、最近、彼らはスキャンダルによって何度も白日の下にさらされている。ベインは南アフリカの税務署を潰したことで非難を浴び、BCGはサウジアラビアの独裁的な事実上の支配者、モハメド・ビン・サルマンとの密接な関係やアンゴラの汚職から利益を得ていた疑いで批判された。そして、10月5日に出版された新しい暴露本『When McKinsey Comes to Town』では、New York TimesのWalt BogdanichとMichael Forsytheが、最大手マッキンゼーの数十年にわたる不名誉な功績を痛烈に告発している。この本で取り上げられている疑惑には、オピオイド製造会社が中毒者に自社製品を売りつけるのを手助けしたこと、保険会社が自動車の保険金支払いを減らすよう働きかけたこと、南アフリカの国有企業と不正な契約を結んで利益を得たこと、などがあり、同国の検察は9月30日に刑事手続きを発表した。

マッキンゼーは、この本が「当社と当社の仕事を根本的に誤って伝えている」、「当社の南アフリカ事務所に対して起こされた告発は無意味であり、当社はそれに対して弁護する」と述べている。それでも同社はこれまで、南アフリカの国営企業との業務やオピオイド産業への支援について謝罪し、リスクと法務の機能を強化し、プロジェクト開始前のサインオフのプロセスをより厳格にするなどの措置を取っていた。昨年は、スキャンダルが山積する中、トップを解任した。トップは、ほとんどが自分の監視下に置かれる前に起こった出来事の代償を支払ったように見える。BCGは、サウジアラビアでの仕事は「経済と社会の変革に積極的に貢献する」分野に集中しており、その原則に反する仕事は断ってきたと述べている。

このような自省の念は歓迎すべきことである。スキャンダルがあっても、コンサルタントの影響力は衰えてはいないのだから。それどころか、その影響力は増しているかもしれない。この一流の3人組は、世界の大企業や多くの政府に対して、最も重要な意思決定に関する助言を行っている。このような助言に、顧客は喜んで高額な報酬を支払っている。ボグダニッチとフォーサイスによると、マッキンゼーは2019年にアメリカの石油大手シェブロンから5,000万ドル、2018年と2019年にタバコ会社のアルトリアから3,000万ドル、2018年から2020年にかけてUSスチールから1300万ドルの報酬を得ている。また、2009年から2021年の間に、米連邦政府から10億ドルの報酬を得ている。

2015年から2020年の間に、3社の合計収入はおよそ2倍の240億ドルになると、業界ウォッチャーであるKennedy Research Reportsは推定している(図表参照)。このビジネスを追跡しているConsultancy.orgによれば、コロナの大流行によって生じたサプライチェーンやその他の問題にクライアントが対処したため、2021年には300億ドル近い売上高になる可能性があるという。また、コンサルタントは、コンサルタントの助言の実行支援など、これまで以上に幅広いサービスを提供している。「顧客は今、単なるアドバイス以上のものを求めている。結果に対する支援を欲しがっている」とマッキンゼーのボスであるボブ・スターンフェルスは語っている。BCGのボス、クリストフ・シュヴァイツァーも同意見である。「私たちの仕事は、アドバイスから、アドバイスと構築へと変化してきた。つまり、より大きく、より長いプロジェクトと、より高額な報酬を意味する」。

コンサルティング会社の成長の一部は、3強に追いつくのに苦労してきたライバルの犠牲の上に成り立っている。過去10年間、ブーズ・アンド・カンパニー、モニター、パルテノンなどの中小企業は、大手会計事務所(PWC、デロイト、アイ)に買収され、エリート3社として知られるMBBに真っ向から対抗できるプレミアムコンサルティング部門の設立を目指してきた。その結果はさまざまで、買収後に優秀な人材を確保するのに苦労している会計事務所もある。その結果、コンサルティング業界は、「安定した競争市場には3社以上の競合は存在しない」という自らの信条を確認することになった。

この3社は、より大きな構造的変化からも利益を得ている。一つは、環境・社会・ガバナンス(ESG)に対する配慮が爆発的に増加し、財務的な配慮に加え、より多くの企業がESGを考慮するようになったことである。ESGは比較的新しい分野であるため、どこから手をつけていいかわからないという経営者も少なくない。そのような場合、外部の専門家に依頼することが有効である。コンサルティング会社では、脱炭素化、ダイバーシティの向上など、より良い社会を実現するためのサービスを提供している。BCGは、すでに売上の約10%を気候変動関連のコンサルティングから得ている。

さらに大きな成長分野は、デジタル化である。デジタル革命の初期の犠牲者であるボーダーズやブロックバスターのようになることを恐れている経営者は、商品のオンライン販売、日常業務の自動化、ビザンチン様式のシステムの改善などの支援に喜んで高額な料金を支払っているのだ。デジタル化の支援に対する需要は、デジタル・ディスラプションのペースに比例して加速していると、スターンフェルスは指摘した。

ESGと同様、多くの企業では、デジタル化をうまく進めるためのノウハウが社内にない、あるいはまったくないのが現状だ。これに対し、コンサルタントは何年も前からこの問題を考えており、幅広い顧客層を持つことから、分野別や経済全体のベストプラクティスを把握していることが多い。また、ビッグデータやオンラインマーケティングなどの分野で専門知識を持つ企業を買収し、デジタル化の実践を強化している。この3人は、自分たちが成功したデジタル変革の例を挙げることができるのが救いだ。ベインのプレジデントであるマニー・マシーダは、1980年代に入社した当時、彼が自由に使える最先端のツールは電卓であったと回想している。今日のコンサルティングチームは、専用のソフトウェアで武装しており、コストのベンチマークなどの煩雑な作業の多くを軽減し、顧客との会話やビジネス上の課題の理解といった重要なことに時間を割くことができるようになっている。

コンサルタントの栄光の日々は、いつまでも続くとは限らない。5月にEYがコンサルティング事業を分離し、堅苦しい監査事業からコンサルタントを解放することを決定したように、競争は激化するかもしれない。特にアメリカでは、右派がESGを「コンシャス・キャピタリズム」(覚醒した資本主義)」の現れと見ており、反発が起きている。いずれは、ほとんどの企業がデジタル化されるでしょう。もし、そのような成長エンジンが頓挫すれば、新たなビジネスを追求するために、コンサルタントは、よりリスクの高い、問題のあるクライアントの手に渡ることになるかもしれない。その結果、この業界で最も重要な原材料である「頭脳」が失われる可能性がある。マシーダは、「我々の製品は、我々の才能だ。特に、MBBに期待されるような過酷な労働を厭わない人材は、希少な存在である」と語っている。

これらは正真正銘の脅威であるが、差し迫った脅威ではない。ESGもデジタル化も、おそらくまだ数年分のビジネスが残っている。南アフリカやサウジアラビアのような国で指を火傷した経験があるため、同じようなことを繰り返したくないという欲求を抑えているのだろう。頭脳面では、MBA取得者の間では、投資銀行業務への意欲が減退しているのとは対照的に、コンサルティング業務への関心が相変わらず強い。医学や科学といった伝統的でないバックグラウンドの候補者をターゲットにし、これまで採用の大部分を占めてきたエリート大学以外の大学に目を向けたため、応募者全体の数は募集枠の数に追いついたようだ。

コンサルタント志望者は、良かれ悪しかれ、さまざまな不祥事は過去の悪い行いの孤立した例であり、新たな安全策が講じられれば再発を防げると考えているのかもしれない。あるいは、知的な挑戦、給料、そしてMBBに就職することで得られるキャリアアップを楽しんでいるのかもしれない。いずれにせよ、世界のチーフ・エグゼクティブは、耳元でささやく声がすぐに小さくなってしまうことを心配する必要はないだろう。■

From "Where next for management’s consiglieri?", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/business/2022/10/04/where-next-for-managements-consiglieri

©2022 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.