米国と中国のデジタル相互作用は終わらない
By Gabriel Gabriel Garble

米国と中国のデジタル相互作用は終わらない

中国のトレンドはアメリカ人のオンライン体験を形成し、アメリカのハイテク企業は中国のトレンドに刺激を与えている。中国の権威主義的なインターネット統制と米中間の反目は、両国のデジタル世界を完全に壁で囲い込むことはできない。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Shira Ovide]世界の2つの超大国がさらに距離を縮めるにつれ、米国と中国のインターネット環境はますます別々のデジタル世界になっている。米国のインターネット企業は中国でほとんど成功しておらず、中国発のアプリも例外を除いて、自国以外では大きな成功を収めていない。

それぞれの国のデジタルライフは大きく隔てられ ているが、2つのオンライン領域は完全に隔離されている わけではない。米国と中国の間には、相互依存の糸と同様に、デジタルのアイデアの相互肥沃化が存在し、インターネットが分断された世界を少しでも近づけるためには、硬い国境や政治的分断が絶対的な障害にならないことを示すものである。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン