かつてなく安いテスラ株、もっと安くなり得る
2022年10月28日(木)、横浜の港に到着したテスラ社の車両(駐車場にて)。Photographer: Toru Hanai/Bloomberg. 

かつてなく安いテスラ株、もっと安くなり得る

電気自動車(EV)大手のテスラは、中国での需要減退や億万長者のイーロン・マスク最高経営責任者の優先事項に対する投資家の懸念など、さまざまな課題に取り組んでおり、テスラの株価は少なくともある指標で過去最安値で取引されている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- 電気自動車(EV)大手のテスラは、中国での需要減退や億万長者のイーロン・マスク最高経営責任者の優先事項に対する投資家の懸念など、さまざまな課題に取り組んでおり、テスラの株価は少なくともある指標で過去最安値で取引されている。

ブルームバーグがまとめたデータによると、現在、株価は予想利益の29倍で取引されている。これはS&P500指数の予想利益の17倍をまだ大きく上回っているが、2010年に同社が上場して以来、最低の水準となった。同社の時価総額は2020年11月以来初めて5,000億ドルを割り込んだ。

市場関係者によると、自動車メーカーの株価は新年に向けて厳しい逆風にさらされているという。中国での需要が期待にそぐわないため、同社は生産の縮小と雇用の減速を余儀なくされている。さらに、マスク氏がツイッターを買収したことで、テスラへの関与が制限され、テスラの足枷になっていると、株主は警戒を強めている。

ミラー・タバック+カンパニーのチーフマーケットストラテジスト、マット・マリー氏は、「イーロン・マスクがツイッターに多くの時間を費やしている限り、株価には蓋をすることになるだろう」と付け加えた。

テスラの株価収益率が暴落|過去最も安い水準に

ブルームバーグは金曜日に、テスラが生産ラインのアップグレードと消費者需要の鈍化の中で、上海の電気自動車工場で今月末から長くて1月初旬まで段階的に生産を停止する計画だと報じた。

一方、ツイッターは単なる気晴らしにとどまらない。マスク氏のバンカーは、ツイッターで重ねた高金利債務の一部を、テスラを担保にした新たな信用貸しで置き換えることを検討していると、関係者はブルームバーグに語った。

テスラの株価は5.8%安の158.03ドルで、2年ぶりの安値となり、リビアン・オートモーティブやルーシッド・グループといった同じEV株にも重くのしかかることになった。

「Twitterの問題と需要の減速の間で、テスラはほとんどの投資家にとって魅力的になる前に150ドルまで下がるかもしれない」とマリー氏は言う。

—取材協力:ボリス・コルビー

Subrat Patnaik. Tesla Stock Has Never Been This Cheap — And It Could Still Drop Further

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ