ロシアのエリートがドバイに流入しビジネスを拡大している
ロシアからの移住者は、ドバイやアラブ首長国連邦のビジネス、金融、文化生活に着実に流れ込んでいます。

ロシアのエリートがドバイに流入しビジネスを拡大している

ロシア人の中には、UAEに新しい会社を設立する者もいれば、不動産を購入したり、ベンチャー投資を行ったり、支店を設立したりする者もいる。ロシア人の投資は、UAEに、財政的な後押しを与えている、

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ニコライ・デニソフのドバイの投資コミュニティーは拡大の一途をたどっている。

彼が率いるエンジェルズ・デック・グループの現地支部の会員数は、ロシアのプーチン大統領が2月にウクライナに侵攻して以来、10倍増の300人に急増している。2021年にドバイに到着したデニソフによると、メンバーはドバイが属するアラブ首長国連邦(UAE)への投資の可能性を探していることが多いそうだ。

このグループへの関心の高まりは、ロシアからの来訪者が着実にUAEのビジネス、金融、文化生活に流れ込んでいる様子を示している。ロシア人の中には、UAEに新しい会社を設立する者もいれば、不動産を購入したり、ベンチャー投資を行ったり、支店を設立したりする者もいる。

移民コンサルタント会社Henley & Partnersは、ロシア人の投資は、今年、世界的に個人資産の最大のシェアを集めるであろうこの国に、財政的な後押しを与えている、と述べている。米国、英国、欧州連合とは異なり、UAEは開戦後、ロシアに制裁を加えていない。

10月にサンクトペテルブルクで行われたプーチンとの会談で、UAEの支配者シェイク・モハメド・ビン・ザイド・アール・ナヒヤンは、両国間の貿易が過去3年間で50億ドルに倍増し、湾岸諸国で操業するロシア系企業が約4,000社になったと述べた。

アレクサンドラ・ゲラシモヴァ(30)は、フィットネス企業向けにロシアの技術を提供するFitmostの創業者の一人である。彼女は、戦争が勃発した後も成長を続けているロシアでの会社と同じような会社をUAEに開くことを決意した。

「良いビジネスモデルを構築することができたので、ロシアでの迅速な事業拡大のために投資を集めることを計画した。しかし、国内の投資環境が悪くなったので、海外展開に最も適した市場で製品の規模を拡大することにした」と、ドバイへの進出について語った。

ウラジーミル・ミアソエドフ。 Photographer: handout/Bloomberg

人工知能や機械学習のアルゴリズムを開発するCSIRAビジョンの創業者である36歳のウラジミール・ミアソエドフは、2021年にモスクワで始めた会社を移転させるため、3月にドバイに移り住んだ。米国やEUではなくUAEを選んだのは、ロシアとのつながりが、現地での法的・財政的なハードルにつながることを懸念したからだ。

若い起業家だけではない。モスクワの石炭生産会社スエクJSCとスイスの肥料会社ユーロケムグループAGは、いずれも制裁を受けたロシアの大富豪アンドレイ・メルニチェンコが設立した会社で、UAEに現地取引部門を開設しようとしていると、関係者は今年初めに述べている。メルニチェンコは、EUの制裁を受け、両社の取締役を辞任している。

ヘンレイは、UAEが今年、どの国よりも多い4,000人の大富豪を呼び込む一方、ロシアは1万5,000人を失う可能性があると予想している。

アンドレイ・メルニチェンコ。Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

しかし、お金の流れには課題もある。一部の米政府関係者は、ロシア人が制裁逃れのために中東の国を利用するリスクについて警告している。UAE当局者は、同国は独立国であり、国際法に従っているが、米国や英国など個々の管轄区域が課す罰則を守る義務はないと主張している。UAEはまた、世界の金融システムの健全性を守る役割を極めて真剣に受け止めていると述べている。

世界最大のプライベートバンクの中には、ドバイでロシアの新規顧客を獲得する際に、より慎重になり、より多くのデューデリジェンスを行っているところもあると、このプロセスを直接知る関係者は、機密のやり取りについて匿名を要求している。米国、英国、欧州とつながりのある大手金融機関は特に敏感で、資金の出所を確認するために顧客の身元確認を強化し、見込み客を自宅訪問しているという。

しかし、太陽が降り注ぐUAEにロシア人富裕層が流入したことで、より高いリスク許容度を持つ少数のプライベートバンカーにとっては大当たりとなり、東欧の顧客に対応する新会社を設立する動きが出てきていると、複数の関係者が述べている。サービス内容は、ファイナンシャル・プランニングから企業構築、市民権取得の支援まで多岐にわたる。

戦前からUAEは、その低い税制、世界最速のコビドワクチン接種率、活況を呈する不動産市場などに後押しされ、富のハブとしての勢いを増しいた。しかし、今回のロシア人の入国は、その野望にさらなる追い風となった。ドバイ政府の広報担当者は、コメントを求めたが返答はなかった。

ロシアの顧客にサービスを提供する金融会社や商社は、同国での存在感を高めようとしている。モスクワに本拠を置くレオン・ファミリーオフィスの運用資産は約10億ドルで、ロシアの富裕層顧客を対象に3月にUAEで会社を設立している。M&A取引、債務、資本市場取引に関するアドバイザーを務めるAspring Capitalは、同月にドバイに事務所を開設した。

ロシアの影響力はビジネス以外にも及んでいる。モスクワのエリートの間で人気のあるプリマコフ・スクールの支部が8月にアブダビにオープンした。

また、ブルーウォーターズ島にある2階建てのレーシングカーを展示した人気カフェ「DRVN」では、モスクワの企業家たちが定期的に会合を開いている。隣のカフェ「エンジェルケークス」では、朝食をとりながらルネッサンス芸術についてロシア語で講義を受ける。ホームシックになった人は、ロシアの伝統的な蒸し風呂であるバーニャに入る場所を簡単に見つけることができる。

ドバイには昔からロシア人のコミュニティがあり、住居を求めるロシア人たちが集まってきているとブローカーは言った。

2021年春にドバイにオフィスを開設したモスクワの不動産会社ホワイトウィルの創業者オレグ・トルボソフは、「ドバイにオフィスを開設したとき、ヨーロッパとアジア向けのマーケティングを行った」と話す。「2022年3月、ロシアからの顧客の波に洗われたため、すべての国際広告を消した」

Bloomberg News. Russia's Elite Flocking to the Gulf Bring In New Business.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ