中国経済のピークは、いつ頃、どの程度の高さになるのだろうか[英エコノミスト]

中国経済のピークは、いつ頃、どの程度の高さになるのだろうか[英エコノミスト]
Created by Midjourney
“The

中国は今年、「ゼロ・コロナ」体制による締め付けや検疫などの厳しさから経済を解放した。しかし、成長見通しに関する長期的な懸念から解放されたわけではない。人口は減少している。壮大な住宅ブームは終わりを告げた。電子商取引企業に対する規制の取り締まりのおかげで、共産党はかつて求愛したハイテク億万長者を屈服させた。元教師で、中国で最も有名な起業家の一人となったジャック・マーは、日本で教壇に立つことになった。

共産党は現在、繁栄よりも安全、成長よりも偉大、中国の過去の経済的成功を際立たせていた濾過された相互依存よりも頑丈な自立を重要視している。外国人投資家は警戒心を強め、移転するか、少なくともサプライチェーンを多様化することを求めている。そして米国は、中国が一部の「基盤技術」にアクセスするのを制限しようと躍起になっている。相互利益の経済学は、相互疑念の地政学に屈したのである。

こうしたことから、多くのアナリストは、今年度の予測を引き上げながらも、中国の成長に関する長期予測を下方修正することになった。中国経済はいつまで米国より速く成長できるのか、という疑問もある。その答えは、工場の受注や個人の所得よりもはるかに多くのことに影響を与えるだろう。それは世界秩序を形成することになる。

これまで、中国の内外では、中国の経済はすぐに米国を追い越すというのがコンセンサスだった。そして、その結果、中国は世界有数の軍事大国となり、米国を世界最強の国として駆逐する。これが一般的な見方である。北京大学の著名な経済学者である姚洋(ヤオ・ヤン)は、中国のGDPは2029年までに米国を追い越すことができると考えている。

しかし、ライバル国に対する中国の経済力がピークに近づいていると考える人もいる。米国の政治学者であるハル・ブランズとマイケル・ベックリーは、中国の台頭はすでに止まりつつあると主張している。彼らが言うところの「ピーク・チャイナ」の時代が到来したのであり、それは多くの人が予想していたよりもはるかにオリンピック的な頂きではない。

2011年、ゴールドマン・サックスは、中国のGDPが2026年に米国を上回り、今世紀半ばには50%大きくなると予測した。ピークは想定されていなかった。昨年末、ゴールドマン・サックスはその計算を見直した。その結果、中国の経済規模は2035年まで米国を追い越せず、ピーク時には14%しか大きくならないと予想した(図表参照)。

豪州のシンクタンク、ローウィー研究所のローランド・ラジャとアリッサ・レンが昨年発表した影響力のある予測でも、中国のピークは同じようなものだった。さらに低い頂上と見る人もいる。調査会社のキャピタル・エコノミクスは、中国経済がナンバーワンになることはないと主張している。2035年には米国の90%の経済規模に達し、その後、衰退していくだろう。ピーク・チャイナ論は1つに集約されつつある。

中国経済への期待値が低下している理由は何だろうか。また、どの程度の減少が正当化されるのだろうか。その答えは、人口、生産性、物価という3つの変数に掛かっている。まず、人口である。公式統計によると、中国の労働人口はすでにピークを迎えている。15歳から64歳の人口は米国の4.5倍である。しかし、今世紀半ばには、米国の3.4倍にしかならないだろう。今世紀末には、この比率は1.7まで低下する。

しかし、中国の人口動態の見通しは、経済成長率の予測が縮小しているにもかかわらず、過去10年間あまり変化していない。実際、ゴールドマン・サックスの新しい予測では、中国の労働人口の減少が従来の予測よりも緩やかになると想定している。なぜなら、健康状態の改善により、高齢の労働者がより長く働き続けることができるからだ。2025年から2050年にかけて、中国の労働供給量は約7%減少すると考えている。

最も大きく変化したのは、人口ではなく、生産性である。2011年当時、ゴールドマン・サックスは、労働生産性が今後20年間で年平均約4.8%成長すると考えていた。しかし、現在は3%程度と見ている。キャピタル・エコノミクスのマーク・ウィリアムズも同様の見方をしている。中国は「アジアのアウトパフォーマーから脱却し、堅実で立派な新興経済国の道を歩む」ことになるだろうという。

中国の労働者の生産性に関して悲観的になるには十分な理由がある。中国が高齢化するにつれ、経済エネルギーの多くを高齢者へのサービスに割かなければならなくなり、新しい設備や生産能力への投資が少なくなる。さらに、数十年にわたる急速な資本蓄積の後、新しい投資に対するリターンは減少している。例えば、チベットの山岳地帯を横断する高速鉄道は、北京と上海を結ぶよりもはるかに小さな利益しか得られないが、コストははるかに高い。

中国の支配者は、中国の疑わしいインフラの多くを建設している地方政府に対して、より多くの規律を課そうとしている。しかし、残念なことに、中国の民間企業にも同じような意向があるようだ。キャピタル・エコノミクスは、「ある程度の規模になると、企業は消費者と同じように役人のニーズを満たすことを考えなければならなくなる」と指摘しています。

中国企業の足かせとなっているのは、自国の政府だけではない。10月、米国は中国への高度なコンピューターチップの販売規制を課した。これにより、携帯電話、医療機器、自動車などの製品を製造している中国企業は打撃を受けることになる。ゴールドマン・サックスは、この損害を長期予測に織り込んでいないが、この10年の終わりに向けての中国のGDPは、そうでなかった場合よりも2%ほど小さくなる可能性があると予測している。

技術戦争はさらに進む可能性がある。国際通貨基金(IMF)のディエゴ・セルデイロとその共著者は、米国が中国との技術貿易を縮小し、他のOECD加盟国を説得して追随させ、加盟国以外の国々にもこの戦いに参加させるというシナリオを検討した。この極端なシナリオでは、10年後の中国経済は、そうでない場合よりも約9%縮小する可能性があるという。つまり、中国の生産性の伸びは5%ではなく、3%に近いという考え方は、決して突飛なものではない。

もちろん、経済の将来予測は塩漬けにしておく必要がある。予測はしばしば外れる。生産性や人口の推移に小さな違いがあっても、それが長年にわたって積み重なれば、結果は大きく異なるものになる。

また、予測は物価、特に通貨の相対的な価格にも影響される。為替レートの予期せぬ変動は、相対的な経済規模の予測をあざ笑うことになる。現在、米国で100ドルする商品とサービスのバスケットは、中国では60ドル程度にしかならない。これは、中国の通貨である人民元が過小評価されていることを示唆している。キャピタル・エコノミクスは、この割安感は今後も続くと考えている。一方、ゴールドマン・サックスは、人民元が強まるか、中国の物価が米国より速く上昇するため、割安感は縮小すると考えている。その結果、今世紀半ばまでに中国のGDPは約20%増加するとゴールドマンは見ている。

もし、中国の物価や為替レートがゴールドマン・サックスの予想通りに上昇しなければ、中国のGDPは米国を追い越すことはできないかもしれない。中国の労働生産性の伸びがゴールドマン・サックスの想定より0.5ポイントだけ遅ければ、中国のGDPは他の条件をすべて満たした上で、米国を超えることはないだろう(図表参照)。キャピタル・エコノミクスが想定するように、米国の成長速度が半ポイント速くなった場合も同様である。中国の出生率がさらに低下すれば(今世紀半ばには女性一人当たり0.85人に)、2030年代には何とかリードを保つかもしれないが、2050年代には逆転されるかもしれない。仮に中国経済が世界一になったとしても、そのリードは小さいままであろう。ラジャとレンは、中国が現在米国に対して享受している40%のリードに匹敵する優位性を確立する可能性は低いと主張する。

また、中国と米国は何十年もの間、ほぼ互角のポジションを維持すると考えてもよさそうだ。ゴールドマン・サックスのシナリオでは、中国は40年以上にわたって、米国に対して小さいながらも持続的なリードを維持する。キャピタル・エコノミクスの予測でも、2050年の時点で、中国のGDPは米国の80%以上となる。中国は、地政学的に侮れないライバルであり続けるだろう。これは極めて重要なことだ。もし、中国のピークがK2よりもなだらかであるならば、中国の指導者たちは、衰退が始まる前に米国との対立を急ごうとはしなくなるだろう。■

From "How soon and at what height will China’s economy peak?", published under licence. The original content, in English, can be found on How soon and at what height will China’s economy peak?

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Xi Jinping climbing a mountain, Art Nouveau Expressionism --ar 4:3

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史