米独の戦車提供がウクライナ戦争の膠着を打破する
ポーランド軍のレオパルド戦車。Omar Marques/Getty Images

米独の戦車提供がウクライナ戦争の膠着を打破する

米国とドイツはウクライナに主力戦車を提供すると発表する構えで、キエフにロシアに対抗する強力な新兵器を提供するとともに、同盟国の結束を分断する恐れがあった不一致を克服することになる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) — 米国とドイツはウクライナに主力戦車を提供すると発表する構えで、キエフにロシアに対抗する強力な新兵器を提供するとともに、同盟国の結束を分断する恐れがあった不一致を克服することになる。

バイデン政権は早ければ水曜日に、ウクライナにM1エイブラムス戦車を提供すると発表する見込みで、この戦車はガスを大量に消費し、操作が難しいという主張を取り下げたと、この問題に詳しい2人の関係者が語った。ドイツは、そのような戦車を提供する唯一の国になりたくないと主張していたが、14台のレオパルド2A6戦車を送ることになると、この決定に詳しい人物が匿名を条件に語った。

2月24日の侵攻以来、ウクライナの戦闘は都市部からロシア軍が潜伏している東部へと移行しており、この動きはヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の軍隊に重要な新しい能力を提供することになる。この戦車によって、ウクライナはロシアの戦線を突破し、ロシアが計画しているかもしれないと懸念されている春の攻勢を鈍らせることができると期待されている。

戦車を送ることで、プーチン大統領を孤立させようとするNATO戦略の中心である、同盟国の結束を弱める恐れのある分裂から前進することもできるだろう。関係者は、ドイツが先週の連合国防相会議でレオパルド2A6の決定を発表することを期待していたが、オラフ・ショルツ首相はそれを約束することを避けた。

ショルツ首相の姿勢は、特殊な燃料に依存しメンテナンスが難しいM1エイブラムスは、操作が簡単で東欧諸国から豊富に供給されているレオパルド2A6よりもウクライナには適さないと主張する米政府関係者の不満の高まりに拍車をかけた。M1エイブラムスは重量が約70トンあり、ウクライナの橋や道路には重すぎるかもしれない。

ショルツ連立政権の自由民主党の議員で防衛専門家のマーカス・フェーバーは、「11ヶ月の後、ウクライナの乗員の訓練がやっと始まる」と述べた。「ウクライナは侵略軍を説得して帰国させるために、戦車を緊急に必要としている」。

米国とドイツの政権関係者はコメントを避けた。

国務省のネッド・プライス報道官は、火曜日のブリーフィングで、米国はいかなる発表も先には進まないと述べ、ウクライナが必要とする数量や能力を得るために我々が取ることのできる手段があれば、我々はその準備があることを以前から示している、と述べた。

両国の政府関係者は、まだ数や引き渡しの時期について議論していると述べた。ドイツは先週、ウクライナ軍がレオパルド2A6で訓練を始めると発言し、その立場を軟化させた。その後、ドイツはレオパルド2A6を保有する他の国にもウクライナへの供給を認めると、この問題に詳しい関係者は述べている。

ウクライナは繰り返し重戦車を要求しており、ロシア軍に対する形勢逆転を助けるのに重要であると述べている。しかし同盟国は、プーチンが核兵器を使用するかもしれないという懸念の中で、プーチンとの新たなエスカレーションを引き起こすことを警戒していた。

ウクライナのゼレンスキー大統領は12月の議会演説で、「ウクライナは米兵に我々の代わりに我々の土地で戦ってくれと頼んだことはない」と述べた。「ウクライナの兵士は、アメリカの戦車や飛行機を自分たちで完璧に操作できることを保証します」。

先週末の時点では、アメリカの高官たちは、M1エイブラムスは高価で訓練が難しいとして、派遣は意味がないと主張していた。また、M1エイブラムスは1マイル走るごとに3ガロンのジェット燃料を必要とする。

しかし、ヘリテージ財団の国防センター所長で元米国陸軍中将のトム・スポーアによれば、この主張は戦車の長所を見落とすものだという。

「これらは世界最高の戦車であり、最高の装甲を持ち、最高のデジタル火器管制を備えており、その軍事的意義を過小評価すべきではない」とスポーアは言う。よく言われる訓練や兵站の必要性についての懸念は、「アメリカ政府に余裕を持たせるために夢想されたようなものだ」と彼は言った。

議会からの圧力

バイデン政権は、M1エイブラムスを派遣すべきだと主張する議員からの圧力にもさらされた。これは、ウクライナは自衛のためだけでなく、侵攻開始後に占領した領土からロシア軍を追い出すために武器を手に入れるべきだという広範な信念と一致している。

「しかし、それはまだ非常に非常に重要である可能性がある強力な武器プラットフォームである」と民主党上院議員リチャード・ブルーメンソールは、火曜日に記者団に語った。共和党のミッチ・マコーネル上院議員は、「バイデン政権と同盟国は、ウクライナが仕事を終えて国を取り戻すのを助けることに真剣になるのは過去のこととなったようだ」と言って、この合唱に声を添えた。

ドイツは、ロシアの怒りを買い、ウクライナの国境を越えて戦争がエスカレートすることを警戒し、ショルツが先週ブルームバーグニュース編集長のジョン・ミクレスウェイトとのインタビューで述べたように、「我々は決して単独では行かない」と主張している。

「もしアメリカがウクライナに戦車を持ち込むと決めたら、ドイツは楽になる」とロバート・ハーベック副首相がブルームバーグTVで語った。「我々の歴史を知っているだろうし、理解できる理由から、我々はもう少し消極的だ」。

(米国の決定の詳細を随時更新しています)

--Courtney McBrideとErik Wassonの協力を得ています。

Jenny Leonard, Michael Nienaber, Tony Capaccio. US and Germany Set to Send Tanks to Ukraine, Breaking Deadlock.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ