中国がスターリンクを恐れる理由[英エコノミスト]

エコノミスト(英国)

スターリンクに気をつけろ、と中国人民解放軍(PLA)は言う。スターリンクは、アメリカの民間企業SpaceXが運営する、広帯域インターネットアクセスを提供するために設計された衛星のメガコンステレーションである。しかし、ワシントンの関係者は確実にこれを利用していると、中国共産党中央軍事委員会の機関紙『解放軍報』は警告する。昨年、ロシアがウクライナに侵攻した後、スターリンクがウクライナで利用できるようになったとき、軍の新聞はこれを「覇権主義にとらわれた人々」の「共犯者」だと言った。

スターリンクはウクライナの戦争努力に不可欠なものだった。スターリンクのおかげで、兵士たちは通信し、標的を特定し、世界中が見ることのできる動画をアップロードすることができた。このシステムは妨害されにくい。中国からすれば、これは友好国であるロシアを不利にするだけでなく、中国が領有権を主張する島、台湾に対する懸念にもなる。台湾がスターリンクにアクセスできるようになれば、中国による侵略がより一層困難になる。

しかし、中国の懸念はそれだけにとどまらない。スターリンクを通じて、アメリカが地球低軌道上の領土を貪り食うことを恐れているのだ。中国もまた、この領域で力を持ちたいと考えている。そして、スターリンクのようなシステムが提供する能力を欲している。そのため、自国版の開発に取り組んでいる。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン