年金基金の緩慢な死
Licensed under the Unsplash+ License

年金基金の緩慢な死

エコノミスト(英国)
“The

あなたはリタイアする金銭的な余裕があるか? この問いに対する答えは、1年前よりもずっと「ノー」である可能性が高い。特に、この問いを自分に投げかけることができる年齢の人々にとっては。インフレが再燃し、貯蓄の実質的価値が低下しているのだ。金利の上昇により、債券や株式の価値が見直されている。その結果、多くの年金生活者は、将来の生活資金として期待する資産の額が減少している。識者は以前から、人口が高齢化し、扶養家族の数に対して労働者の数が少なくなれば、退職後の貯蓄が圧迫されると予測してきた。しかし、その導火線はかなり短くなっているようだ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン