英国の次のリーダーは誰だ?
2022年10月20日木曜日、英国ロンドンのダウニング街10番地の外で辞任の声明を発表するリズ・トラス英国首相。トラス首相は、大規模な減税策を発表した後、市場の低迷に直面し、そのほとんどを撤回するという、短くて混沌とした在任期間の後、英国首相を辞めた。出典:ブルームバーグ

英国の次のリーダーは誰だ?

エコノミスト(英国)
“The

史上最短の首相であった。また、最も混乱した時期でもあった。在任45日目の10月20日、リズ・トラス女史は首相を辞任すると発表した(図表参照)。これにより、英国は今年3人目の首相を迎える道を開いたのである。

在任中、トラス女史は破格の予算で英国の財政の信頼性を損ない、その結果、ポンドは暴落し、債券利回りは急上昇、イングランド銀行は緊急介入を行った。ある市場ストラテジストは、英国債の投資家が突如として課したプレミアムを「白痴リスク」と命名した。その後、クワシー・クワルテン財務相が解任され、財源不足の減税策を大幅に見直すことになった。二代目のジェレミー・ハント財務相は現在、残りの財政穴を埋めるための痛みを伴う措置を準備している。トラス女史は厳密にはまだ任期中だが、彼女の記録は組織的に抹消されつつある。

小型予算は彼女の任期中の最も不利なエピソードとなったが、彼女の退任は、強硬派のスエラ・ブレイバーマン内務相が10月19日に辞任し、その夜、下院でシェールガスを抽出する手法である「フラッキング」に関する投票が混乱したことによっても促進された。彼女が党の主導権を失ったことが明らかになると、より多くの議員が彼女に反対することを決意した。辞任を求める声は小川となり、トラス女史はそれが洪水になる前に辞職した。

彼女の辞任声明は素っ気なく、彼女の首相時代の多くを凝縮していた。明るい口調で、反省の色もなく、この一ヶ月の混乱について、謝罪はおろか、英国人に説明しようともしなかった。「私たちは、ブレグジットの自由を活用した低税率、高成長経済のビジョンを打ち出しました」とトラス女史は、昼休みにダウニング街の外で声明を発表した。「しかし、このような状況では、保守党から選出された任務を果たすことはできないと認識しています」。そして、彼女は国王に辞表を手渡した。

今後、保守党は、来週中に完了する迅速な党首討論に乗り出す。勝者は、2010年の就任以来5人目の首相となり、今年3人目の首相となる。次の首相はそれほど長くは続かないかもしれない。世論調査では、保守党は労働党に30ポイントほど差をつけられている。労働党のリーダーであるサー・キア・スターマーは、総選挙(2025年1月までに行わなければならない)の時期が来たと述べた。「英国民の同意なしに、またもや単に指を鳴らして上層部の人々を入れ替えることによって、彼らの最新の惨状に対応することはできない」と彼は言った。

金融市場はどちらかというと肩すかしを食らった。英国債の利回りは午前中に少し低下したが、午後半ばには10年債利回りは3.9%と前日の終値と同じ水準で推移している。トラス首相の辞任声明が出るまでの間、そして声明が出た後も、為替相場は少し揺れたが、ここ数週間のドラマに比べれば、まるで池のように穏やかであった。

この静けさの背景には、トラス女史の離脱によって英国の投資見通しはほとんど変わらないとする見方があるようだ。ハント氏は、少なくとも現時点では、10月31日に中期財政計画を発表する予定だ。ハント財務相はトラス女史の後任には立候補しないと言っており、この動きによって首相の座を維持することができるかもしれない。しかし、たとえトラス首相が解任されたとしても、帳尻を合わせるという方向性は明確だと市場は見ている。

さて、次は誰が来るのだろうか。夏の党首討論で複数の議員の支持を得たものの、党員投票ではトラス女史に敗れた、同じく元財務相のリシ・スナック氏が有力視されている。夏の選挙戦の間、スナック氏は、トラス女史が計画している財政負担のない減税は、ポンドの暴落と住宅ローンの高騰を引き起こすと警告していた。また、ペニー・モーダント下院議長も立候補しているが、前回の党首討論では8票差でトラス女史に次ぐ3位であった。ブラバーマン女史が出馬する可能性もあり、党内の欧州懐疑派は喜んでいる。カリブ海で休暇中のボリス・ジョンソン氏も、支持者から復帰の噂がある。

保守党の党首討論を監督しているグラハム・ブレイディ卿は、党員が最後の2人について発言権を持つことを約束した。しかし、議員たちは、自分たちの意思に反して首相を押し付けることを許すという過ちを繰り返す前に、よく考えるだろう。しかし、このような事態を避けるために、議員たちは、自分たちの意思に反して首相を選ぶという過ちを繰り返さないようにするだろう。しかし、誰が当選しても、財政の制約と、ほとんど統治不可能な党という同じ問題に直面することになる。トラス女史が去ったのは正しい。彼女は英国史上最も成功しなかった首相であるという強い主張を持っている。しかし、この国は依然として保守党の内輪もめに翻弄され続けている。

From "Who will be Britain’s next leader?", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/britain/2022/10/20/who-will-be-britains-next-leader

©2022 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.