テスラはEV充電器のコストで競合他社を圧倒している
Photographer: Erin Kirkland/Bloomberg

テスラはEV充電器のコストで競合他社を圧倒している

テスラは昨年は約1万1,000基のスーパーチャージャーを設置し、1基あたり平均約10基、中には50基を超えるものもあり、ほとんどの競合他社を圧倒している。充電器には画面や決済端末がなく、コストと複雑さを削減しており、自動車メーカーは設置の簡素化でリードしている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 皆さんこんにちは、BloombergNEFのライアン・フィッシャーだ。

電気自動車用充電器の設置費用は、ハードウェアと設置費用の推移を調べた最新の商業用EV充電器価格調査によると、大きく異なる可能性がある。

ホテルなどに設置され、数時間かけて充電する7~22キロワットのAC充電器の価格は、安くて238ドル、高くて1万ドルで、より大型の急速充電150キロワットDC装置は1万6,335ドル~13万5,000ドルだ。

充電のハードルは、EV革命を推進するための最重要課題として残っており、世界各地で大きな違いがあり、価格に関する結果も大きく異なっている。

最も安価な充電器は、認証基準や品質、生産量が異なるアジアで生産されており、地理的な要因もある。信頼性も重要な要素であり、ソフトウェアやメンテナンス、現地での複雑な設置作業をサポートするサプライヤーの能力も重要な要素だ。多くの場合、マーケティングに成功した企業は、類似の製品に数千ドルも高い価格をつけており、トップエンドの価格はますます維持できなくなるように思われる。

AC(交流)充電器の平均価格は2年前の調査以来、比較的安定していますが、DC(直流)充電器の平均価格は28%も下落している。業界がインフレ、サプライチェーンの不足、設置の問題に苦しんでいるにもかかわらず、一部の企業は競合他社が支払っているコストのほんの一部でプロジェクトを完成させている。つまり、業界全体として長期的な効率化の大きな可能性があるのだ。

ヨーロッパでは家庭用充電器の需要が堅調なため、同地域のAC充電器メーカーはアジアのライバルと同程度の規模を築いている。しかし、DC充電器市場では、中国のサプライヤーは他のどの地域の同業者よりもはるかに多くの生産を行っている。BNEFは、世界最大の自動車市場が今年39万台以上の直流充電器を追加すると予想しており、これは世界の他の地域で予測される設置台数の6倍に相当する。中国企業は海外進出を考えており、その成長によって他の国のサプライヤーが圧迫される可能性がある。

EV急速充電器の設置は中国が独占|DC充電器の設置(50kW以上)

米国は「ビルト・イン・アメリカ」義務化の導入により、自国の利益を守ろうとしている。この新しい規則では、充電器を来年から米国内で組み立て、2024年までに55%の現地製部品を使用しなければ、連邦政府の援助を受けることができない。サプライヤーがこの義務に対応できない可能性があるため、インフラプロジェクトの停滞を避けるために、短期的には特定の要件を免除するという議論が続いている。しかし、この規則により、ウォールボックス、フロー、トリチウムなどのメーカーが米国に工場を設立する計画を発表している。先週は、スイスの大手エンジニアリング企業ABBが、サウスカロライナ州コロンビアに年間1万台の充電器を製造できる工場を建設すると発表した。

この規制の弊害として、米国内の充電器の価格が他の地域よりも上昇し、充電事業者が打撃を受け、EVの普及が遅くなる可能性がある。しかし、この規制を支持する政治家たちは、アメリカの規模が強化されれば、最終的には充電器やプロジェクトの価格を下げることにつながると主張している。

しかし、政府の資金援助が必ずしも効率化につながるとは限らない。BNEFが分析した米国とカナダの補助金プログラムへの申請の60~85%は、コネクターあたりの許容コストの上限を超えた。オークションのようなより良いプロセスは、より多くの競争を生むかもしれない。

テスラはすでに、テキサス州の助成金申請の1つに、コネクタ1個あたりのプロジェクト費用が4万2,000ドルと低く抑えられていることを明らかにしている。これは、EUや北米の競合他社が1つのコネクターにつき10万ドルから25万ドルかかるのと比べても遜色ない。

同社は、これまでの経験、製造の相乗効果、規模の大きさから恩恵を受けている。昨年は約1万1,000基のスーパーチャージャーを設置し、1基あたり平均約10基、中には50基を超えるものもあり、ほとんどの競合他社を圧倒している。充電器には画面や決済端末がなく、コストと複雑さを削減しており、自動車メーカーは設置の簡素化でリードしている。テスラは今年初め、フロリダ州で12基のスーパーチャージャーを8日間で設置し、充電器をあらかじめコンクリートで固めたビデオをツイッターに投稿している。

しかし、建設業界で起きている物流や設置の問題が、充電器のロールアウトにも影響を与えていないと考えるのはナイーブだろう。実際、設置にかかる時間は2年前より平均して増加しており、主な障害として許認可やユーティリティの接続の遅れが挙げられている。

充電器の年間設置台数は、国によって異なりますが、今後10年間で5倍から20倍に増加すると予想されており、当局がこの問題を解決する時間は長くはないだろう。つまり、EV充電のコストはしばらく流動的であり続けるということだ。

Ryan Fisher. Tesla Is Crushing The Competition on Electric-Car Charger Costs.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

EV