太陽電池業界、装置価格の乱高下で打撃を受ける
中国北西部の新疆ウイグル自治区にあるポリシリコン企業で、製品の包装が行われている。Photographer: Gao Han/Xinhua/Getty Images

太陽電池業界、装置価格の乱高下で打撃を受ける

太陽光発電が世界最大の新エネルギー源の1つに成長しても、それを支える業界は利益争奪戦の激化で前例のない変動に直面している。このジェットコースターのような状況は、ソーラーパネルの主要材料であるポリシリコンを通して見るのが最も分かりやすい。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 太陽光発電が世界最大の新エネルギー源の1つに成長しても、それを支える業界は利益争奪戦の激化で前例のない変動に直面している。

このジェットコースターのような状況は、ソーラーパネルの主要材料であるポリシリコンを通して見るのが最も分かりやすい。12月から数週間で40%以上価格が下落し、その後1カ月足らずで50%以上反発した。

この価格変動は太陽光発電のサプライチェーンに波及し、製造大手が気候変動の影響を食い止めるために必要なクリーンエネルギーを世界に供給するための拡張を計画しているときでさえ、プレッシャーとなっている。

ソーラー業界は不安定な価格に振り回されている|パネルの主要材料は劇的な落ち込みと回復を見せる

BOCI Research Ltd.のアナリスト、Tony Feiは、「ソーラーバリューチェーンは、主要製品の価格が大きく上下し、史上最も不安定な2ヶ月の一つを経験した」と述べている。同社は、この変動は「セグメント間の極端な利益競争の結果である」と述べている。

ポリシリコンの価格は、昨年末に新しい工場が稼働したことで下がり始めた。主要メーカーはここ数週間、販売量を減らし、在庫を増やすことで価格を支えようと反応した。旧正月休みで取引量が少なかったことも、価格変動に拍車をかけた。

昨年は記録的な伸びを示し、今年もそれを上回ると予想される太陽光発電の需要全体には、これまでのところ浮き沈みは影響していない。しかし、数十億ドル規模の太陽光発電の大手企業は、利益率と市場シェアを守るために価格戦略を急速に調整するようになっている。

この数週間で、ウエハーメーカーのトップであるLongi Green Energy Technology Co.とTCL Zhonghuan Renewable Energy Technology Co.が、ポリシリコン価格の上昇に対応して20%近い値上げを行った。このため、セルメーカートップのTongwei Co.は8.5%もの値上げを行った。

コンサルティング会社Wood Mackenzie Ltd.のリサーチディレクター、Alex Whitworthは、「ポリシリコンメーカーとその顧客であるウエハーメーカーが価格下落の環境下で優位に立とうと競争しているため、ボラティリティは今後数ヶ月間続くと思われる」と述べている。

ポリシリコンの価格はいずれ安定し、新しい生産設備が稼働するにつれて再び下落を始めると予想される。最近の変動により、中国シリコン産業協会などの団体が発表するポリシリコン価格報告書は、業界の指標として注視されている。同協会は水曜日に次回のレポートを発表する予定である。

Solar Industry Facing Whiplash From Volatile Equipment Prices.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Comments