習近平氏、米国のチップ規制を受け技術開発競争での勝利を誓う
10月16日に開催された中国共産党全国代表大会での習氏。

習近平氏、米国のチップ規制を受け技術開発競争での勝利を誓う

中国の習近平国家主席は、戦略的に重要な技術を開発するための戦いに勝つことを約束し、最先端のチップ能力から自国を引き離そうとする米国のキャンペーンに対する北京の懸念を明らかにした。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国の習近平国家主席は、戦略的に重要な技術を開発するための戦いに勝つことを約束し、最先端のチップ能力から自国を引き離そうとする米国のキャンペーンに対する北京の懸念を明らかにした。

習氏は、10年に2回開催される共産党大会の開幕式で、「国家戦略上の必要性に焦点を当て、力を結集して固有の科学技術研究を行い、重要な中核技術での戦いに断固として勝利する」と演説した。

習氏は、世界第2位の経済大国が「技術の自立」に不可欠な分野の技術革新を加速させると述べ、「中国は戦略的、大局的、長期的に重要な数々の主要国家プロジェクトの立ち上げを加速させるだろう」と付け加えた。これらの取り組みについての詳細は明らかにしなかった。

この発言は、米国が技術輸出に新たな制限を課し、半導体、スーパーコンピュータ、監視システム、高度な兵器など経済の幅広い分野を開発する能力を損なう恐れがあることに中国がどう対処するつもりかを物語っている。

科学に焦点を当てたのは、習氏が中国の経済問題の解決策や西洋技術への依存を解消するために、どれだけイノベーションに賭けているかを反映したものだ」と、政治リスク顧問会社ユーラシアグループの中国アナリスト、ニール・トーマス氏は言う。

「これは非常に重要なことです。これは超重要なことだ。これは、中国の将来にとって、基本的に大きな賭けであるという彼の優先順位の高まりを如実に示している」。

今月初め、米国商務省は、中国の顧客への半導体およびチップ製造装置の販売を制限する包括的な規制を発表、自国のチップ産業を構築しようとする中国の努力の根幹に打撃を与えている。米国はまた、長江メモリや大手チップ装置メーカーの北方華創科技集団の子会社を含む31組織をエンティティ・リストに追加し、中国が海外からハードウェアを購入する能力を厳しく制限している。

これらの動きは、中国が脅威とみなす能力を開発するのを阻止しようとするバイデン政権にとって、これまでで最も攻撃的なものであった。米国は、中国企業が人民解放軍に技術を移転しないように、また中国のチップメーカーが高度な半導体を製造する能力を自ら開発しないようにしようとしている。

米国がこの制限をどの程度拡大するかによって、影響は半導体にとどまらず、EV、航空宇宙、スマートフォンなど、ハイエンドコンピューティングに依存する産業にも及ぶ可能性がある。

北京は、米国が半導体技術へのアクセスを制限することを拡大し、サプライチェーンと世界経済に害を及ぼすと批判している。外務省の報道官は、今月から実施されるこの措置は不公平であり、「米国企業の利益も損ねるだろう」と述べた。

習氏は党大会での演説で、中国は今や世界の偉大な技術革新国の一つであると述べ、宇宙開発や生物医学などの分野におけるその能力を称賛した。

中国とアメリカは、北京が月に探査機を送り、独自の宇宙ステーションを建設し、火星に照準を合わせていることから、宇宙をめぐってますます激しい競争をしている。アメリカ航空宇宙局(NASA)のビル・ネルソン長官は、中国が宇宙技術を盗んでいると非難した。中国は地球に落ちてくるデブリの扱いについて批判されている。

先月、中国は今後10年間で3回の月への無人探査を計画していると発表した。この発表は、「嫦娥5号」のミッションで採取したサンプルによって、新しい月の鉱物を発見したと発表した翌日に行われた。

--協力:Ocean Hou.

Bloomberg News. China’s Xi Vows Victory in Tech Battle After US Chip Curbs.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ