習近平氏は欧米陣営との対立継続を織り込んでいる
2022年10月16日、北京の人民大会堂で行われた中国共産党第20回全国代表大会の開幕式に到着し、拍手を受ける習近平氏。ケビン・フレイヤー/Getty Images AsiaPac

習近平氏は欧米陣営との対立継続を織り込んでいる

習近平国家主席は2時間近い演説で、中国がより敵対的な世界で「危険な嵐」に直面しても、軌道修正しないことを世界に知らしめた。中国の台頭を阻止しようとする人たちに対して「あなたたちは失敗する」という明確なメッセージだった。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- 習近平国家主席は、中国の台頭を阻止しようとする人たちに対して「あなたたちは失敗する」という明確なメッセージを発した。

習氏は2時間近い演説で、中国がより敵対的な世界で「危険な嵐」に直面しても、軌道修正しないことを世界に知らしめた。それどころか、「中華民族の再興は、今や取り返しのつかない歴史的経過をたどっている」と宣言し、米国とその同盟国に代わる選択肢として中国をより強力に提示したのである。

「中国の国際的な影響力、魅力、世界を形作る力は著しく増大している」と習氏は5年に1度の共産党の党大会の冒頭で述べた。「中国の近代化は、人類に近代化を達成するための新たな選択肢を提供する」とも述べた。

バイデン大統領は、北京の先端技術へのアクセスを妨げ、世界最大の経済圏である台湾に対する軍事行動を抑止しようと動いている。中国の指導者は、国民の「闘志」を賞賛し、国は「発展を追求し、安全を確保するために十分な位置にある」と述べた。

政治リスク諮問・コンサルティング会社であるユーラシア・グループ社の中国アナリスト、ニール・トーマスは、「党へのメッセージは、中国は米国抜きでも技術的優位性を発展でき、バイデン氏らが進める、半導体など特定のハイテク商品からの中国切り捨て政策に耐えられそうだということだ」と述べた。「もちろん、それが成功するかどうかはまったく別の問題ですが、体制側に自信を示していることは確かです」。

習氏の演説は、中国が「東洋に堂々と、しっかりと立っている」と宣言した2017年から変化した世界を反映していた。それ以来、彼は中国がさらに強力に成長する能力を阻止することを目的とした米国の関税、金融制裁、貿易制限の嵐に直面しており、今月は人工知能やスーパーコンピューター、現代経済を牽引するその他の技術に使われるハイエンドチップへの北京のアクセス制限という大号令で頂点に達した。

習氏は日曜日、「重要なコア技術での戦いに断固として勝利する」と誓った。技術的自立」に不可欠な分野でのイノベーションを加速させることを約束し、中国は「戦略的、大局的、長期的に重要な数多くの主要国家プロジェクトの立ち上げを加速させる」と述べたのである。

習氏の反骨精神は、中国経済が直面している問題を多くの意味で裏切っていた。中国経済は、ここ数十年で最も困難な時期に直面している。ゼロ・コロナ政策と不動産取り締まりにより、5%の成長率という前評判には手が届かなくなっている。市場アナリストは、習氏の演説に、この短期的な見通しを変えるようなものはないと見ている。

数百億ドルを投じてもチップ技術で大きなブレークスルーが得られないことに加え、2020年のコロナの低迷を除けば、40年以上にわたって最も低い経済成長率に直面しているのだ。制限的なパンデミック政策によって観光客が減り、消費が落ち込み、若者の失業率は過去最高水準にある。不動産危機も住宅ローン不買運動の波紋を広げている。

習氏は、経済発展が党の「最優先課題」であることを繰り返し強調したが、「発展と安全保障のバランスをとる」必要性にも2度言及した。また、「国際情勢が大きく変化している」と指摘した上で、「中国の尊厳と核心的利益を守る」と述べた。

ナットウエスト・マーケッツのチーフ・チャイナ・エコノミスト、Peiqian Liuは、この発言は「成長率は今後数年間、もはや唯一かつ最優先事項ではなくなる。発展の安全性も重要だ」ということを示唆していると述べた。

香港と台湾は、習氏の5年間の任期中に中国の行動が国際的な評判を著しく低下させた場所である。習氏は日曜日、英国の旧植民地で「秩序が回復した」と宣言し、一方で台湾については「中国人が解決すべき問題」と呼んだ。

「歴史の歯車は、中国の統一と中華民族の再興に向かって転がっている」と習氏は台湾に言及し、こう述べた。「わが国の完全な統一は実現されなければならないし、間違いなく実現できる」と述べた。

7月28日、中国の侵攻を想定した軍事演習「漢江演習」に臨む台湾の兵士たち。

この言葉は、両大政党の政治家が台湾への支持を示す努力を強めている米国への明確な反論である。バイデンは、中国が攻撃してきた場合、米国は台湾を助けに行くと何度も繰り返している。この見通しは、特に8月にナンシー・ペロシ下院議長の訪問をきっかけに、北京が台湾周辺で前例のない軍事演習を行ってから、より懸念されるようになったものだ。

習氏は「最大の誠意と最大限の努力で平和的統一を目指し続ける」としながらも、武力行使の脅威は「外部勢力と台湾独立を目指す少数の分離主義者による妨害にのみ向けられたものだ」と言い添えた。

この演説は、来月インドネシアのバリ島で開催される20カ国・地域首脳会議でのバイデン氏との会談を前に、米中関係の打開策をほとんど期待させるものではなかった。チャタムハウスのYu Jie上級研究員によれば、習氏は米国との「新しいタイプの大国関係」を強調するよりも、むしろ「南半球」の発展途上国との関係を拡大する構想に重点を置いたという。

「また、習氏は、西側諸国との関係がすぐに改善される見込みはなく、今後もこの関係が続くと認識しているようだ」と述べた。

ワシントンの戦略国際問題研究所のシニアアドバイザー、スコット・ケネディは、習氏が「中国式のすべて」を強調したことは、米中が戦略的な競争相手であることを認めたに等しいと指摘する。

ケネディはブルームバーグ・テレビに対し、「習氏はこの言葉から全く後退していない」と述べた。「より大きな協力の糸口を探している人は、引き下がり、一歩下がり、共通の土台を見つけようとしている」

(8段落目にトレーダーの見解を更新)

--With assistance from Colum Murphy, Sarah Zheng, Jing Li, Lucille Liu, Tom Hancock and Qizi Sun.

Rebecca Choong Wilkins, Kari Lindberg. Defiant Xi Tells World China Is Ready to Stand Its Ground.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ