国家主席退陣で盛り上がるベトナムの後継者争い
日本の岸田文雄首相(右)は、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と握手している(2022年9月26日月曜日、東京・赤坂)。Photographer: David Mareuil/Anadolu Agency/Bloomberg

国家主席退陣で盛り上がるベトナムの後継者争い

過去数年間、ベトナム共産党のグエン・フー・チョン党書記長は腐敗した官僚を排除したことで投資家から称賛を得てきた。現在、一部の大物が落選する中、同氏の選挙運動が別の目的、つまり後継者選びの手腕を強化するものであることが明らかになりつつある。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 過去数年間、ベトナム共産党のグエン・フー・チョン党書記長は腐敗した官僚を排除したことで投資家から称賛を得てきた。現在、一部の大物が落選する中、同氏の選挙運動が別の目的、つまり後継者選びの手腕を強化するものであることが明らかになりつつある。

今週、グエン・スアン・フック氏は、コロナ検査キットと本国送還便の製造業者に関連する2つの接待事件の「違反と欠点」に関して「政治責任」を引き受け、国家主席を追放された。

フック氏は、首相として好景気を監督し、外国人投資家にはおなじみの顔だが、かつては2011年から首相の座にあるチョン党書記長の後任として有力視されていた。

しかし、2年前の党内再編でフック氏は落選し、主に儀礼的な役割である国家主席に就任することになった。78歳のチョン氏は前例のない3期目の職を維持したが、後継者として望ましい保守派候補を指名することができず、より改革的と見られる対立派閥の指導者がいつか政権を握ることをほぼ確実なものにした。

フック氏の失脚により、チョン氏は最近中国から撤退した企業からの投資を集め、米国との関係を改善したベトナムを運営するために後継者を立てる道を開くことになった。この争いは、4月の中間総会の前に行われ、新しい政治局員が発表され、その時に大統領が明らかになる可能性もある。通常、総統は国会の議決を経て5月に指名される。

コントロール・リスクのベトナム担当主席アナリスト、リン・グエン氏は、「チョン氏には間違いなく保守的な要素がある」と指摘する。「彼は党のイデオロギーを強化するために党を再編成する必要性を感じ、ビジネス政策で意思決定を行う者を党の重要ポストに就かせないようにしている」と述べた。

同じく共産党一党独裁国家である中国と同様、ベトナムで起きていることの多くは不透明である。正式な選挙がないため、汚職粛清が頻繁に行われ、ライバルを追い出し、味方に重要なポジションを与える道を開く。

ベトナムの汚職撲滅運動は、中国の習近平国家主席が後継者候補を含む約470万人の官僚を摘発したのと似ているような気がしてきた。習近平は取り締まりの一環として「虎」や「ハエ」を捕えると宣言したが、トロンは「燃え盛る炉」に例えた。2022年だけで530人以上の党員が処罰された。

リスクコンサルタント会社ユーラシア・グループの東南アジア担当、ピーター・マンフォード氏は「かなり不透明な状況だ」と指摘する。「しかし、彼は汚職を党の正統性に対する大きな脅威であり、多少選択的にでも取り組むべきものだと考えているのです」。

党書記長、首相、立法府の長とともにベトナムの4大最高権力者の一人である党首の候補者は数人しかいない。党の規則では、党首候補は少なくとも1期は政治局員を経験しなければならない。

候補者の一人は、チョン氏の弾圧を実行してきたトー・ラム公安大臣である。ラム氏は2021年の汚職取り締まりの際、ロンドンで金箔をちりばめたステーキを振る舞われるTikTok動画が登場し、ベトナムのソーシャルメディアの怒りを買ったこともあった。

この政治的混乱が内政・外交政策にどのような影響を及ぼすかは不明だ。ベトナムは近年、特に防衛問題で米国に接近しており、中国が南シナ海の領有権争いで主張を強めている。

ベトナム共産党の党首として唯一、ホワイトハウスで米大統領と会談したチョン氏は昨年、習氏が前例のない3期目の任期を確保した後、外国の指導者として初めて中国を公式訪問し、以来、関係を「新しい高み」に持っていきたいとの思いを伝えている。フック氏は米国との関係改善を推進し、スイスのダボスで開催される世界経済フォーラムで定期的に講演し、頻繁に経営トップと会い、自由貿易を提唱していた。

今週、フック氏の辞任について問われた米国の国防省高官は、ベトナムとの関係の見通しは依然としてポジティブであると述べた(匿名希望)。一方、ハノイの米国商工会議所は、政策の大幅な変更はないと見ている。

Amchamのアダム・シトコフ専務理事は、「経済界にとって最大の問題は、最近政府全体にパラノイアが蔓延しているため、ライセンスや許可など、物事が非常にゆっくりと動いていることだ」と述べた。

投資家は今のところ、このニュースを受け流している。フック氏が辞任した翌日、株価は強気相場に入ったが、これは金融緩和と中国の開放への期待によるところが大きい。昨年の外国人投資額は13.5%増の224億ドルだった。

ベトナム最大のファンドマネージャーであるドラゴン・キャピタルを含む一部の投資家は、この取り締まりによってベトナムの投資見通しが明るみに出たと見ている。「大統領の辞任に見られるように、政府のあらゆるレベルで責任が取られていることがわかる」と、同ファンドはオンラインに掲載した解説で述べている。「反腐敗キャンペーンの絶頂期は過ぎ去ったと考えている」。

また、この先、もっと大きな問題が起きると見ている人もいる。シンガポールのISEAS-Yusof Ishak Instituteのレ・ホン・ヒエップ氏は、2026年の次期党大会に向け、政治的駆け引きが続く中、より多くの官僚が倒れる可能性があると指摘する。

「汚職はまだ起こっており、より多くの当局者が関与し、解任される可能性があります。また、調査中の事件もあり、それに関する決定は今後数カ月以内に行われるでしょう。彼らはやめないだろう」

-- John Boudreau、Nguyen Dieu Tu Uyenの協力を得ています。

Philip J. Heijmans. Vietnam Succession Battle Heats Up After President’s Ouster.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ