英国の大規模水力発電プロジェクトが官僚主義で停滞
スコットランド・ダルマリーにあるクルアチャン水力発電所のクルアチャン・ダム。Emily Macinnes/Bloomberg

英国の大規模水力発電プロジェクトが官僚主義で停滞

英国は、スコットランドのハイランド地方から水を引くことで、100万世帯分の電力を供給できる再生可能エネルギーを追加できるが、それを目指す2つの大規模プロジェクトは、少なくとも2024年まで政府のお役所仕事に絡め取られることになりそうだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) --英国は、スコットランドのハイランド地方から水を引くことで、100万世帯分の電力を供給できる再生可能エネルギーを追加できるが、それを目指す2つの大規模プロジェクトは、少なくとも2024年まで政府のお役所仕事に絡め取られることになりそうだ。

Drax Group PlcとSSE Plcは、地元の湖を巨大な蓄電池に変え、電力消費が急増したときに電気系統に供給できる水力発電所を建設する前に、収益共有モデルの認可を必要としている。この水力発電所は2ギガワットものクリーンな電力を生み出し、イギリス経済の電化を進める一方で、需要を満たすのに役立つだろう。

両社は合わせて20億ポンド(約3,300億円)の支出を提案し、英ビジネス・エネルギー・産業戦略省に融資の申請書を提出している。政府は2024年までに決定するつもりであると広報担当者は述べた。建設に6年かかるとすると、少なくとも2030年まで発電量は増えないことになる。

業界団体である国際水力発電協会(IHA)の調査・政策部長であるアレックス・キャンベル氏は、「私たちは今、エネルギーの緊急事態に直面しており、これらのことに着手する必要があります」と語った。「これは、イギリスがこの長期的で困難な課題について真剣に考えることができることを示すチャンスです」

今回問題になったのは、キャップ&フロアと呼ばれるモデルである。これは、納税者の負担があっても最低限の年間収入を保証し、利益が国庫に分配される前に得られる最大値に上限を設けるものだ。

この仕組みにより、投資家は建設資金を調達しても見返りがあることを確認し、信頼を得ることができる。

ドラックスのスコットランドの資産担当ディレクターであるイアン・キネアード氏は、「消費者を保護し、柔軟性を持たせることができる」と語る。「投資家のためにリスク回避のためのサポートが必要なのです」。

グリーン・バッテリー・メカニック|山から家に電力が流れる仕組み

英国セルビーに本社を置く同社は、深さ300フィートの湖を見下ろす山、ベンクルアチャンにあるダイナマイトで爆破した洞窟にある既存の発電所の容量を2倍にしたいと考えています。Draxは5億ポンドを費やし、6年の歳月をかけてクルーチャン2を建設する。

Draxは5億ポンドを投じ、6年かけてクルーチャン2を建設する予定。

SSEは、クルーチャンから北に85マイル(137キロ)にある、より大規模なコア・グラス・プロジェクトに15億ポンドを費やす可能性がある。このプロジェクトは、発電事業者が地元のイヌワシにタグを付けて行動への影響を調査するなどの措置を講じた後、スコットランド政府によって承認された。

スコットランド政府スポークスマンによれば、スコットランドは一貫して、水力発電を奨励するような融資メカニズムを採用するよう英国に要求してきたという。

エネルギー市場の熱と需要の予測不可能性を考えると、政府が収入のパラメーターを設定するのは難しいだろう。この仕組みができれば、発電所が停止しているときでも、散発的にしか使われていないときでも、企業は利益を得ることができる。

オーロラ・エナジー・リサーチのプロジェクト・リーダー、エマ・ウッドワード氏は、「すべてのリスクを納税者に押し付けることになる」と言う。「投資家にとっては、かなり魅力的なビジネスケースだ」

英国経済は、ロシアが天然ガスの輸出を制限する決定を下したことで打撃を受けている。インフレ率は41年ぶりの高水準に達し、ジェレミー・ハント財務相は、英国はすでに不況に陥っていると述べた。政府は、エネルギー料金の高騰に対処するため、何十億ポンドも費やしている。

スコットランドの再生可能エネルギープロジェクトは、山の風を利用して、湖に水を汲み上げるのに役立つだろう。

これは、再生可能エネルギーによる発電を増やし、水力発電大国であるノルウェーやオーストリアのようなエネルギーの柔軟性を反映するのに十分な動機となるはずである。マッキンゼー・アンド・カンパニーによると、英国の電力需要は2035年までに50%急増するという。

現在、送電網が風力を貯蔵できないため、大量の風力発電が無駄になり、過負荷を防ぐために荒天の日にはタービンが停止することがある。スコットランドのプロジェクトでは、このような強風を利用して、水を貯水池に汲み上げ、放流する準備ができる。

Olivia Fletcher, Todd Gillespie Hydropower Boost From Scottish Highlands Mired in Red Tape.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ