イーサリアムのアップグレードは寡占を促進する?
2022年3月4日(金)、中国・香港のCoinUnited暗号通貨取引所の暗号通貨自動預け払い機(ATM)に描かれたビットコイン(左)、イーサリアム(中央)、テザーのロゴマーク。 ポール・ヨン/ブルームバーグ

イーサリアムのアップグレードは寡占を促進する?

世界で最も商業的に重要な暗号ネットワークの注目されたアップグレードは、集中的でなく、攻撃に対して脆弱なものになるはずだった。強化から1週間余り、業界関係者は正反対の効果があるのではないかと懸念している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- 世界で最も商業的に重要な暗号ネットワークの注目されたアップグレードは、集中的でなく、攻撃に対して脆弱なものになるはずだった。強化から1週間余り、業界関係者は正反対の効果があるのではないかと懸念している。

暗号の愛好家は、「Merge(マージ)」の結果を評価するために、ナカモト係数と呼ばれる暗号通貨の初期に生まれた無名の指標を注視している。このイベントは、イーサリアム(Ethereum)の採掘者と呼ばれる電力消費の激しいコンピュータを、Etherトークンをある種の株式とし、ネットワーク運営から利益を得ることができるいわゆる「バリデーター」に置き換えたものだ。

旧来のプルーフ・オブ・ワーク方式では、ブロックチェーンへの攻撃を成功させるためには、採掘者の51%が参加する必要があった。現在では、約3分の1の検証者が力を合わせれば制御できるようになったと、リーランド・リーは述べている。ナカモト係数は、ビットコインの生みの親とされるサトシ・ナカモトにちなんで命名された。

この指標は、コード開発者、取引発注者、ウォレットなど、ネットワークを支える様々な重要な役割を担う参加者のうち、ブロックチェーンを乗っ取るために結託するか妥協しなければならない最小人数を追跡するものだ。係数の値が高いほど、ブロックチェーンはより分散化されていることになる。ナカモト係数は、現在Galaxy Digitalのプラットフォーム責任者兼投資家であるリーと、ベンチャーキャピタリストで元Coinbase GlobalのCTOのバラジ・S・スリニバサンが2017年に提唱したものだ。

ライバルであるAvalancheブロックチェーンの生みの親であり、元コーネル大学教授のエミン・ガン・シラーは、「Ethereum 2で使われているプロトコルを含む古典的なコンセンサスプロトコルの安全基準値は、33%より高くはできない」と電子メールで述べている。「状態の34%を支配する攻撃者が、ダブルスペンディング攻撃を含む安全性障害を引き起こすことができることを、我々は確実に知っています。Ethereumのプロトコルの実際の閾値は、バリデーターの選出方法の偏りから、33%より低い可能性が高い」

ブロックチェーンをサポートするEthereum財団のリサーチャーであるアレックス・ストークスは、33%や34%の攻撃は「理論上の最悪のシナリオを指している」と述べている。Ethereumのコミュニティがいかに地理的に分散しているかを考えると、それは現実的ではないという。また、攻撃者はコインの賭け金をすべて失うことになりかねず、そのようなリスクを冒すことを望む人はほとんどいないでしょう。ブロックチェーンの制御を奪い、コードを変更する可能性のある攻撃を成功させるためのより現実的な閾値は、バリデータの66%だとストークスは言う。

それでも、Ethereumのナカモト係数を考慮すると、34%がしきい値になるはずだとリーは推測している。アップグレード前は、例えば同じコインを二重に使うには、3つから5つのマイニングプールが結託する必要があった。ブロックエクスプローラーのBeaconcha.inによると、現在、2つのバリデータアドレス--LidoとCoinbase--がEthereumのバリデータプールの約43%を支配しているという。

「Ethereumは、1週間前よりもずっと集中的になっています」とリーは言う。

規制当局がEtherを囲い込む中で、それは潜在的に厄介な展開だ。2018年当時、米国証券取引委員会の関係者は、ネットワークの「分散型構造」のおかげもあって、Etherは証券ではないと述べていた。今、その構造はひっくり返ったかもしれない。SECのゲイリー・ゲンスラー委員長は先週、Ethereumに特に言及することなく、プルーフ・オブ・ステークシステムは同委員会の証券規則に該当する可能性があると述べた。

これはEther投資家だけでなく、ネットワークの多くのアプリケーションを利用するためにトークンを購入しなければならないEthereumのユーザーにとっても、大きな影響を与える可能性がある。Ethereumは3,500近い分散型アプリと数百万人のユーザーを抱えている。

リーは、ナカモト係数は分散化を測る数ある方法のうちの1つに過ぎないと指摘する。上位2つのマイニングプールは、マージまでの2週間で43%のブロックでトランザクションを発注した。その後数日間で、2つの大きなバリデータアドレス(LidoとCoinbase)は、Chainalysisによると、ブロックの42%でトランザクションを発注している。これは、集中がわずかに減少したことを示唆している。Lidoはメンバーによって管理され、何千もの独立したノードで構成される分散型組織であるため、攻撃のベクトルになる可能性は低いと主張する人もいる。しかし、他の観測者は異なる見方をしている。

Ethereumと競合するソラナSolanaのネイティブコイン、SOLを所有するMulticoin Capitalの共同創業者、カイル・サマニは「マージ後のEthereumのナカモト係数は、恥ずかしいほど悪い」と言う。「主要なチェーンの中で最悪だ」。

Ethereumのプルーフ・オブ・ステーク・システムにはもう一つ弱点があると、デューク大学のファイナンス教授であるキャンベル・ハーヴェイは言う。ビルダーと呼ばれる新しく作られた主体が、取引をブロックにパッケージングしてバリデーターに中継しているのだ。トラッカーであるMevboost.orgによれば、現在、Flashbotsがビルダーが作ったトランザクション全体の80%以上を処理している。

「プルーフ・オブ・ステーク以降、世界はより複雑になっている」とリーは言う。「ナカモト係数が何であるかを定量化することは、より簡単だった」

Olga Kharif. Ethereum Centralization Debate Rages on After Much-Hyped Upgrade.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ